kuriharaです。ヨロシク。

2008/3/12

また、沖縄の学生時代の話・・・。  

ああそうそう、その、バンドの、
最初のヴォーカルになる学生は、
高校時代、生徒会長をやってたそうです。
それでまあ、その話を聞いた、
監督というあだ名の上の学年の部員は、
「ああ、それはわかる(笑)。俺も、
N.Y.に入れる(笑)」とか言っていて、
それは、「生徒会長なぞ、誰も、
やりたがらないわけだから、N.Y.にでも、
入れとけばいいだろう(笑)」というような、
ニュアンスでの、「ああ、それはわかる(笑)、
俺も、N.Y.に入れる(笑)」という、
発言だったわけですけれどもね(笑)。
あとまあ、どんな話題があったかというと・・・。
ああそうそう、自分より下の学年の、
内地から来ていた(静岡だったかな・・・?)、
部員とかもいたわけですが、他の部員とかが、
いかに芸術的な、難解な、なんだか、
よくわからないような、文芸作品や、
映画作品を、書いたり撮ったりするか、
というような事に、力を入れていたのに、
その、内地から来ていた下の学年の部員、
とかは、もう、エンターテイメント風な、
プロの職業作家が書くような、
そういう感じの、小説作品を、量産していて、
まあ、たまに部員とかで、「自分たちのサークルの中で、
一番成功する部員とかは、一体誰だろうかねえ・・・?」、
とか、話題になったりする事もあったりするわけですが、
新たなヴォーカル候補になる例の部員なんかは、
バンドとかの話が、出る前だったですけれども、
「もしかしたら、内地から来ている、例の、
下の学年の部員が、一番成功するかもしれないよな」、
なんて言ったりしていましたけれどもね・・・。
ああそうそう、なんというか、夜の、那覇の街とかは、
なんとなく、The Theのアルバムの、『インフェクテッド』、
とか、『ダスク』とかの、ジャケットのようなイメージが、
なんかあるんですよね。まあ、もちろん、あの、
アルバムジャケットのイラストのような、
ヘンなような人はいないわけですけれども(笑)、
(沖縄は、容姿端麗な人が多い)、なんというか、
夜の空気の中に、なんかビルが乱立しているような、
そういう感じが、『インフェクテッド』とか、
『ダスク』とかの、アルバムジャケットに、
似ているような感じがするんですけれどもね・・・。
まあ、これは、あくまで自分の個人的な感じ方、
というか、イメージであるだけ、というわけですけれども、
まあ、自分なんかは、夜の那覇の街とかについては、
そんなようなイメージを持っていた、という話、
なんですけれどもね(^^;)。とまあ、そんなような、
話もしてみました・・・(^^;)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ