kuriharaです。ヨロシク。

2007/10/7

続き・・・。  

あとまあ、どんな話題が、
ありましたっけねえ・・・。
ああそうそう、「みすず書房」系、
でも、ロラン・バルトの、『明るい部屋』、
とかは、けっこう、すんなり読めたのですが、
本当、「みすず書房」系は、わからないものは、
ほんとうに、さっぱりわからない本とか、
けっこう、多かったですね・・・。
あとまあ、どんな話題がありましたっけねえ・・・。
ああそうそう、沖縄とかは、まあ、いろいろ、
雑貨系統とか、けっこう充実してますね。
ああそうそう、沖縄で、こう、飾り用で、
実用性はなくて、切れたりは、しないのですが、
なんかの、どこかの民族が使ってるような、
なんか、ナイフというか、刃物というか、
そういうような、なんか置物みたいなものを買ったり、
アメリカ・インディアンというか、
ネイティブ・アメリカンの、絵というか、
イラストというか、描かれているような、
マッチを買ったりとか、そういうこととかも、
したりとか、したことあったですねえ・・・。
まあでも、あのへんの時期は、なんかそういう、
民族的というか、民俗的なようなものとかが、
なんかこう、世の中的に流行っていて、
自分なんかも、そういう潮流に、乗ってただけ、
とも、言えなくもなくて、まあ、今なんかは、
特に、そういう感じの好みとか、べつに、
そんなに無かったりとか、そういう感じとかも、
したりもするんですけれどもね。
あとまあ、どんな話題がありましたっけねえ、
ああそうそう、まあ、聞いた話によると、
今のようなマンガ喫茶ではなくて、
古典的なマンガ喫茶というのは、発祥の地は、
沖縄である、というような話も聞いたことがあって、
まあ、いわゆる、沖縄にある、古典的なマンガ喫茶、
なんかにもよく寄って、それで、柔道マンガの、
『YAWARA』なんかは、教習所で読んだのですが、
マンガ喫茶なんかでは、これも柔道マンガなのですけれども、
たしか、『帯をギュッとね』とかいうような柔道マンガ(笑)が、
あったような記憶があったりして、それを、マンガ喫茶なんかで、
読んだりしてたような、記憶もあったりします・・・(笑)。
とまあ、今回は、これくらいにしておきます・・・(^^;)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ