kuriharaです。ヨロシク。

2007/10/3

き  

ああそうそう、2007年9月7日の記事で、
『KARI』というCDがあって・・・、
とか、そういう話を書きましたが、
『KARI』ではなくて、『KALI』でした。
それでどうも、KALIというソロミュージシャン、
らしいですね。でもまあ、民族音楽的、
民俗音楽的、なような、伝統音楽みたいなような、
感じの音楽でしたけれどもね。あとまあ、
なんか、一応、いわゆる、黒人音楽とか、
勉強しようとしていた時期もあって、
サム・クックとか、オーティス・レディングとか、
そういうアーティストとかも聞いたことありますが、
まあ、一応、黒人音楽とかは、こう、聞いてて、
気持ちいい、みたいな感じはあるんですが、
黒人音楽とかは、聞いてて、「違う世界に連れてってくれる」、
とか、「なんか、なつかしいような感じがする」、とか、
そういう感じとかは、個人的にですけれども、
あんまり無いんですけれどもね。まあ、あくまで、
個人的な話なんですけれども、まあ、そんなような、
話もあったりして、まあ、今回は、
これくらいにしておきます・・・(^^;)。
0

2007/10/3

き  

あとまあ、その、自分が入っていた、
サークルの部室には、けっこういろんな、
なんというか、集団というか、グループ、
というか、そういうような人たちとかが、
けっこう、いろいろ出入りしてて、
それでまあ、なんかの、集団というか、
グループで、こう、舞台なんかの、
鉄骨というか、鉄筋というか、
なんかそんなような感じのものとか、
組み立てたりするような人とかも来たりして、
それでまあ、ジョークなんだと思うんですけれども、
「こう、ずっと、硬くて、冷たいものにさわってると、
やっぱり、こう、なんか、あったかくてやわらかいものに、
さわりたくなってきますよね・・・(笑)」、
なんてこと言ってたような人とかもいましたけれどもね(^^;)。
あとまあ、どんなことがありましたっけねえ・・・。
ああそうそう、自分がいた、アパートの近くに、
田○書房という本屋があって、まあ、それは、
一応、CDショップもついていて、そこはよく、
利用したのですが、まあ、だいたい、
宜野湾市の、田○書房と、那覇市の諸々の、
CDショップとか、あと、コザ市の、諸々の、
CDショップとかが、だいたい自分がCDを買う、
ところだったんですけれども、まあ、アレですよね、
自分とかも、もう、けっこう、ダウンロードだの、
iPodだの、そういう感じに、早く移行したいですよね。
あとまあ、どんな話題がありましたっけねえ・・・。
ああそうそう、沖縄時代は、ステージ関係でも、
演劇関係は、全く縁がなかった、というか、
まったく見る機会もなかったし、全く、
関係なかったんですが、なんか、ESSが、英語劇をやった、
とか、そんな話をちょっと小耳に挟んだとか、そんな感じ、
なんですけれどもね・・・。とまあ、ちょっと短めですが、
今回は、これくらいにしておきます・・・(^^;)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ