kuriharaです。ヨロシク。

2007/9/8

続  

あとまあ、どんなことがありましたっけねえ、
いや、もう、だんだん忘れかけてきて、
いるんですけれども、ああそうそう、
まあ、あの辺の時期は、いろいろ、
民俗音楽というか、民族音楽というか、
まあ、いわゆるエスノミュージック系統とか、
流行ってましたよね。
それで、一応、自分とかも、
古代ギリシャの音楽を再現したCDとか、
チベットの読経を録音したCDとか、
スコットランドのバグパイプの音楽を、
録音したCDとか買ったりとか、
あとまあ、いわゆる、メジャーな、
ミュージシャンが、
民俗音楽というか、民族音楽というか、
エスノミュージック系統に、
取り組んだようなもの、
みたいな感じのもので、まあ、
ローリングストーンズの、
故ブライアン・ジョーンズが、
どこだか忘れたけれども、
なんか、現地で録音したという、
『ジャズーカ』というCDとか、
あと、坂本龍一氏とダンスリーの、
『ジ・エンド・オブ・エイジア』とかも、
買ったりしていたのですけれども、
まあ、あれなんですけれども、
スコットランドのバグパイプの、
音楽とかは、割と昔から、
好きだったのですけれども、
古代ギリシャの音楽を再現したCD、
とかは、音楽だか、音楽じゃないんだか、
よくわからないような感じで、ずっと続いて、
それで、聞きながら、「ずっとこの調子を、
このCDの、終わりまでやってるなら、
たぶん、このCDの終わりまで聞き終わる前に、
多分自分は飽きちゃうんじゃないのかねえ?」、
とか、思ったりしたんですが、でもまあ、
なんか、飽きずに、ずっと聞き続けられていた、
みたいなような、感じとかありましたけれどもね。
まあ、そんなような話とかも、
あったりしましたけれどもね・・・(OTO)。
とまあ、今回はこれくらいにしておきます・・・(^^;)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ