2006/6/5

富士見パノラマ  2006 Jシリーズ

 JシリーズXCO#4富士見パノラマ参戦してきました。今回でエキスパートへの昇格圏内に入るのが目標だったんですが、なんとか目標達成することができました。応援してくださった皆さんありがとうございました。とりあえずレポート書いときます。

 6月3日、富士見ということで距離的には箱館山についで近い開催地だったのでのんびり到着。到着早々受付を済ませ着替えてコースの下見へ。今回は試走中に画像そこそこ撮ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
 わかりにくいけど今回のコースマップ。
 今回のコースは”登り”か”下り”というようにハッキリ分かれてるコース設定でフラット区間は300mほどの舗装路のみ。登りをとるか下りをとるかでバイクのセッティングも悩みどころでした。
クリックすると元のサイズで表示します
 スタート後ゲレンデを登りきった後にある最初のシングル下りのロックセクション。あなたなら何処のライン通ります?
クリックすると元のサイズで表示します
 ちなみに見学してたら女子エリート片山選手は真ん中を通った後、右の岩の上もトライ。エリート山本選手、鈴木雷太選手も右の岩の上、小笠原選手は真ん中でした(※ちなみに練習走行中の時です)。店長はチキンなので真ん中。右の岩越えもやってみたらアウターチェンリングを破損してしまった。ここは下りのテクニックが問われるところでした。ちなみに最速ラインが右の岩越え。越えた後に岩がありリスキーですが、下りのうまい人は岩越えだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 約600mほどシングルを下った後の直角コーナーを経て舗装路へ。フィードゾーンもあり大体ここで補給やドリンクを飲んだりします。300mほど走って右直角コーナー後、コース最長の700mのシングルつづら折りの登りへ。
クリックすると元のサイズで表示します
 シングル登りを終えた後の下り始め。100mくらいのシングル下りの後再びゲレンデへ出てまた登る。
クリックすると元のサイズで表示します
 シングルを登りコース頂上へ行った後アップダウンを繰り返すシングルへ。
クリックすると元のサイズで表示します
 下った後またまたゲレンデの登り距離は短いけど斜度がそこそこ。画像は天辺からスタート地点を撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ゲレンデの下り後シングルの下りへ。テクニカルなシングルで右側がガケっぽくキャンバー気味に左へ曲がる下り。ミスはしなかったけど怖かった。
 ここからは画像なしですがゲレンデ下り、シングル下り、300mの砂利+芝登り、シングル下り、シケイン状のジープロード下り、ゲレンデ登り、ゲレンデ下り、ジープロードからゴールへ。といった感じの行程距離5.5km。休みどころがほとんどない厳しいコースでした。

 コース試走を1周終えてバイクを仕様変更。といってもセッティングを変えただけですが、内容はバーエンドの取り外し、ステム位置5mmアップ、タイヤ(ミブロマラソン)エア圧2.2→2.0へ、SIDポジティブエア圧5psi加圧。変更理由は下り対策って感じです。変更後に再び試走へ行き難所と思ったセクションを復習。今回は2周で試走を終え温泉直行。バリバリに晩飯食って20:00就寝。
 
 6月4日。レース当日。5:00に起床し朝飯を食べる。前回の仙台では量の少なさからハンガーノックになってしまったのでガッツリ食べる。ウイダーx1、バナナx1、ご飯、鶏粥、梅粥、味噌汁、ゼリーx1、チーズx2、グレープフルーツジュース、シトリックてな感じで満腹に。ちなみにお食事中の方すいませんレース前までにウ○コを3回もしちゃいました。快食快便。締めでカロリーメイトを一切れ食べて消化のため30分横になる。
 7:30アップ開始。今回はロードとローラー台を持っていったので、ひたすらこいで一汗かいて心拍を上げます。30分アップし召集場所へ。召集前に掲示板見たら”スポーツ5.5kmx4周”って書いてあってマジ焦った。3周とずっと思い込んでたからです。今回はハンガーノック対策でCCDドリンクを持ってきてて良かった〜と思いました。
4戦中最長距離、しかもコース難度高めで「嫌だな〜」って感じでスタート前にネガティブになってしまった。が、今回は作戦を立ててたのですぐに気持ちを切り替えることができました。

 今回は16番で2列目中央スタート。スタート位置は好位置ですが、スタートが弱い僕は後ろ過ぎなければ何処でも良い感じ。いつものごとくスタート1分前にお祈りし号砲を待ちます。15秒前にポラールのスイッチを押し 
気合を入れてスタート。
 スタートは団子になる予想どうりみんなガッツリ漕ぎゲレンデを登ります。ちなみに1周目のテーマは「落ち着く」って決めてたので脚を使いすぎず登ります。仙台では調子コキ過ぎて即効脚パンになったのでかなり抑えて走行。舗装後のシングル登りまでに50位近くまで順位を落とします。予想どうり登りで垂れてくるライダーがポロポロ。そんなに脚を使わず焦らず一人ずつパスし順位をすこし上げます。苦手の下りもノーミスでクリアし淡々と走ります。
 3戦を終えて自分は10位以内に入れるレベルではないと分かったので「下りは無難にこなし登りで差す。」終始これを繰り返そうとこのレースでは考えていました。
 2周目、しんどいながらもだんだん余裕が出始め虎視眈々と前を見つめて走ります。2周目のテーマは「抑える」。周回が4周なのでスタミナ配分が絶対に重要と思ってたので抜かれても気にせずマイペースで走行。シングル700mの登りに差し掛かるとライダーが数珠つなぎでコースを走行するのが見える。「前のライダー絶対全員抜ける」と思いながらマイペースを保持。まだまだ脚を溜め登ります。この周回も無難にこなし3LAP目へ。
 3周目、徐々にペースアップ開始。今回のテーマは「補給」。4周目で絶対に垂れるライダーが増えると思ってたので、その周回までに徐々に血糖値をあげられるようにCCDをまめに補給。ポケットの補給食もほおばりながら走行。途中までの順位が45位くらいだったのでマズイと思ったけどまだ脚を溜めて走行。落ちてくるライダーが出始めたのと、前のライダーが下を向き始めたり呼吸がかなり荒れてたので、若干ペースアップし順位アップ。「あと10人くらい抜いたら昇格決められるか?」と思いながら4周目へ。
 ファイナルラップ。最後のテーマは「攻める」。各登りで前のライダーをとにかく抜こうとペダルにパワーを入れる。最初のゲレンデ登りで2人、シングル登りで3人、頂上で2人、アップダウンのあるシングルで1人、ゲレンデ短い登りで2人といった感じでバンバン抜きます。中盤の下りシングルではミスしないよう神様に祈りながら走行。ゲレンデ下りでミスしたライダー1人、芝の登りで垂れてきた2人パス。最後の芝の登りで1人パスしレース終了。抜いた人数よく覚えてるな〜って自分でも感心。最後の周回は満足行く走りができてうれしかったです。

 30位以内だったらトータルで通算200ポイント。前年度のランキングを参考にすると40位前後になるため昇格確定圏内(年間獲得ポイントランキング50位まで)。着替えをし荷物をかたずけてリザルトが出るのを待ちます。終了後は正直”#6白馬さのさか”のエントリーを考えてました。掲示板へ再び戻り結果を見ると ”29位/104名 完走42名 ”
マジでホッとしました。順位はたいしたことないですけど一応昇格圏内に入ることができたので超うれしかったです。

 テンションアゲアゲ状態で即効帰宅。仕事も無難にこなして20:00閉店。久々に砂糖入りの缶コーヒー、亀田のカレー煎餅、ビール、ラーメン、最も好きなお菓子森永ムーンライトとか控えてた食べ物いっぱい食べてしまった。

 てな訳で僕のJシリーズ行脚は今年はこれでおしまい。あくまでも昇格が目標でしたからね。これで皆さんともっと走りにいけます。仕事の納期面ではご迷惑をお掛けしました。今後ともよろしくお願いします。長文読んでいただきありがとうございました。
0

2006/5/29

仙台  泉が岳  2006 Jシリーズ

 仙台行ってきました。遠いね〜。

 豪雨の中のレースで超さみ〜し大変でした。
え〜今回は人生初のレース中にハンガーノックを起こしちゃいまして最低なレースでした。順位は30位くらいみたいなのですが、寒すぎて温泉直行したのでリザルト見ずに帰ってきたので正確には分かりません。スマソ。JMAのホームページに掲載されるまでわかりません。ちゃんとお土産買って来ましたよ。
 1周6kmのこのコースを3周回、ゲレンデ、シングル、ゲレンデ、シングルと交互に来る感じで意外とスピードの出やすいコース設定。シングル大目の八幡浜、ほとんどがダブルトラックの箱館山、その中間が仙台って感じでしょうか。シングルは試走の段階ではイージーな感じでしたが、豪雨で様相が変わり部分的に難しくなってしまう箇所もありました。

 スタートは参加者のポイントランキング順(現在16位)ってことで僕はなんと4番目に呼ばれ先頭のしかもど真ん中に陣取ることができました。
 スタートと同時に鬼コギしましたががんばり過ぎて足使いすぎちゃいました。重馬場の芝の登りでた〜くさんの人に抜かれ屈辱的なスタート。序盤のシングルで心拍も落ち着き始めて中盤のダブルトラックの登りで何とか挽回し始めいつもどうり走ります。今回はフルサスで出たのでシングルトラックはマッドコンディションながらも安定して走れました。
 2周目、ゲレンデで某問屋の営業にパスされたのをきっかけに、スイッチが入り、がんばって踏んで何とか抜き返し面目は保った(笑)その後のシングル以降はチョイ前に走者がいるものの中々前に出れずほぼ独走状態で終了し3周目へ。
 ファイナルラップ、ゲレンデでペダリングに力が入らず「オレ体力ね〜な〜」って思いながらクリアしシングルへ。明らかに集中できてなく狙ったラインを走れない。次に来るのぼりも全然ダメで気力がない。そう、ここでハンガーノックになっちゃいました。バカです。
 パワー切れのまま必死こいて走りましたが、終盤のダブルトラックの登りで後続に迫られ、シングルで追いつかれ、最後の登りで2人にパスされるヘナチョコっぷりでレース終了。

 今回の失敗は朝食。時間、食べる量を完全にミスったっちゅうことです。体温を低下させる寒さのことも今回は考えていませんでした。ハンガーノックになるってショボすぎですよね。スタート間際での登りの弱さも出てしまいホントダメダメ野朗でした。

 バイクに関してですが、今回は前後100mmストロークのCommencal meta4で走りましたが芝の登りではトラクションのせいでコギが重く感じましたが、シングルトラックではmetaの操作性の素直さからバッドコンディションでも楽しくライドできました。(その証拠に今回は落車しませんでしたから。) 雨でテクニカル、シングルトラックメインなコースだったらフルサスがいいな〜って感じました。

 
 睡魔が襲ってきたのでとりあえず今日は寝ます。

クリックすると元のサイズで表示します
コースマップ

クリックすると元のサイズで表示します
練習中
0

2006/5/7

箱館山  2006 Jシリーズ

 5月5日、6日JシリーズXCO第2戦”箱館山”行ってきました。
 
 5日は試走のためお休みをいただき、6日はレース後に即効帰ってお仕事と近場だからできるスケジュール。今日は疲れたのであんまし仕事にならんかったし、ラブリ−な甥っ子の6才のお誕生日っつうことで定時閉店しますた。久々に高カロリーなケーキを食べてしまった。

 5日、現地到着後DHに出るAさんの応援をしようと思い出発。しかし着いたらちょうどゴール直後で感想のみ聞かせていただきました。2度の転倒でタイムロスしたらしいですが、怪我がなくてよかったです。なんでも朝っぱらから救急車きまくってたようです。でも、DHみてるとやりたくなるんだよな〜下りチキン野郎なクセに。今年は秋に富士見ツアーを組もうと思います。
 とりあえずAさんと談笑したあと節約のためオカンに作ってもらった弁当で腹ごしらえし着替えてゴンドラに乗りコースへ試走しに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャ〜ンプ。

クリックすると元のサイズで表示します
コースの途中で止まって撮影。ゲレンデの頂上付近。相変わらず変な写真を僕は撮っている。まったくもってセンスがない。下に見えるコースと遠くに見えるのは琵琶湖。

クリックすると元のサイズで表示します
 これはエキスパートの出走前の画像ですが、試走のとき中央に写ってる不敵な笑みをしてるy君を見つけたので、ちょっとだけ一緒に走ってシングルトラックのラインの確認をさせてもらった。ちなみに今回は10位だったっけ?すげ〜。ずいぶん速くなりやがった。昇格したら焼肉をおごる予定。がんばれ。

 この日は3周試走。ほぼダブルトラックでシングルはなんとたった2箇所と前回の八幡浜とはまったく異なるレイアウトで高速レースを予感させました。同時にタイヤ選択はミブロマラソンで決まりやなと納得できる試走ができました。ちなみに所有するIRCタイヤ(シラク、ミブロ、スティンゴ)を全部持ってきました。
 結構疲れたので車に帰ってサラサの湯っていう温泉へ直行。ジャグジー風呂を独り占めして入ってリフレッシュ。平和堂で晩飯と朝飯を補充し再び現地へ行き晩飯食って就寝。ちなみにビックリするぐらい晩飯を食いました。
  
クリックすると元のサイズで表示します
 6日朝、5:50分起床。私、朝起きるとスイッチが入ります。お食事中の方すいません。ウ○コタイムです。早朝なのでウン○渋滞もなくスムーズに軽量化成功。戻って朝飯。これまたビックリするぐらい食べます。食べすぎたせいか、ローラーでアップしてると再びものすごくウ○コがしたくなり、上へ上がったあとおそらく人が居ないであろうと前日下見した(笑)トイレにて軽量化。すっきりした状態でMさんの写真撮影に向かいました。何枚か撮って再びアップ再開。
 そして召集。またまた緊張し始め番号を呼ばれスタートラインに並びます。今回の僕のビブナンバーは517、語呂合わせでは”濃いな〜”って感じです(なんじゃそれ)。前回の順位が繁栄してたらしく2列目という良い位置に並べました。ウレピ〜(古!)。
 いつもどうり神様にお祈りしスタートを待ちます。今回は6kmx3周と結構長めなのでペース配分に重点を置くため、いつもはレースのとき使わない心拍計を装備していきました。(何でレースのときつけへんの?ていうと心拍計見てると自分がいっぱいいっぱいになってるのがミエミエになっちゃうからです。なんせノミの心臓なんで・・・)今回は緊張しつつも意外と落ち着いてスタートを待ててたので良かった。
 号砲ともにスタート。またまた皆さん位置取りのためゴリゴリにロケットスタートです。一気に心拍90%越えます。良いスタートが切れ10番手くらいを走行。「行けてるよオレ」と思うのもつかの間ゲレンデ上まで向かうキャンバー上の芝のルートで何人かにパスされる。心拍を確認するが依然90%以上なのでいっぱいいっぱいながら抑えての走行。芝の上の走行はペダリングが重いがミブロマラソンの低くつながったノブがコギを軽く感じさせます。18位くらいで最初の登り終了で短めの下りへ。やはりそこで「チキン野朗ッぷり」を発揮。3人ほどに抜かれてしまいます。Yes I am Chicken!しかしながら今日は追います。なんせタイヤ選択がバッチリだったためそんなに離されずに第一シングルへ。シングルではライン取りバッチリでノーミスでクリア。次の下りでもそんなに離されず下ります。このときはCERVINOの回転に超満足。長めのシープロードの下りではクラウチングするとグングン加速。ブレーキもヘイズエルカミーノのコントローラブルな点が生き安心してコーナーへ突っ込みます。しか〜し!勢いあまってライン取り失敗し危うくコースアウトしかけたところで2人に抜かれてしまいました。そして短い登りのあとの第2シングルへ。前日の練習でラインをチェックしてたので自信を持って突入。しかし2度ミスって足つき2回。トライアルなら2点減点ですよ〜なんて思いながらクリア。芝の下り&登りを無難にこなし1周目終了。
 2周目も心拍はほとんど90%以上で走行。登りでダメにならないよう登りでは85%〜90%あたりでややペースを下げ走行。今回は「下りを攻めよう」といつになく下りを攻め走行しました。登りで1人に抜かれ順位を落としてしまい下りで着こうと思ってたら、下りも得意な方で追いつけませんでした。1周目ミスった第2シングルを2周目でもミス。「なにやっとんねん」って思いながらクリアしファイナルラップへ。
 結構ヘロヘロでの走行。「これで終われる」と思いながら無い足を使ってコギまくり。前のライダーとはだいぶ離されてしまい背中が見えなくなる。ショボイです。弱いです。情けないです。順位をキープしようという”負け組”な気持ちに切り替えこぎ続ける。このときはメチャメチャ悔しかったです。下りで何とか背中が見えるようになったけど、登りで離され追いつけず2度失敗した第2シングルへ。3度目はクリーンで抜けパーフェクトな走りができ気持ちが上向きになった。なんとシングルで1人パスし順位アップ。そこから「後続には絶対抜かれへん」と思い、後続車から逃げラストの登りもボトルを捨てて軽量化し全快でコギまくりゴールへ向かいフィニッシュ。 
 クリックすると元のサイズで表示します
 僕ごときを応援しに来てくださった今○さん撮影のフィニッシュシーン。Mさん今○さん写真ありがとうございました。

 レース終了直後、気持ち悪くなれたので正直うれしかった(訳わかんね〜と思いますが。)全快で走ったから気分が悪くなったと思うんですが、八幡浜では消化不良なラストで力が余ってのゴールだったから、今回は遅いながらも自分の力を出し切って走りきれた感がありました。ゲップしたら朝食べたみかんゼリーが異から出てきた(お食事中の方すいません)。結果95人出走中23位でのフィニッシュ。てな訳で今回もポイントゲット!ひとつ順位もあげることができました。エキスパート昇格へ向けて一歩前進しました。

 同行したH君。今回もDNF。オイオイなにやってんだよって感じです。なんと今回はスタートまもなく不運にも後続車にぶつけられリアエンド曲げ&リアメカ破損&チェーンが千切れると散々な状態で終わりました。レースはなにが起こるかわかりません。

 せっかくなんで今回のタイヤ”ミブロマラソンチューブレス”のインプレッション。2.1とやや太目ながら低めで揃えられたブロックが転がり抵抗を低くし、セミスリック張りのコギ軽さがありました。サイドノブのグリップも十分で安心してコーナリングできました。ジープロード、芝が多め、シングルトラックが少なめな箱館山には良い選択だったと感じさせてくれました。IRCはホントいつも良いタイヤを作ってくれます。

 ちなみに今回マシンもほんのわずかに仕様変更。ラピッドファイヤーリモートを取っ払い、フロントメカにマッドフラップを装着。前回装備しなかったパンク修理剤を取り付け。ノーチューブのシーラント液をタイヤ内部に入れておきました。

 次回はコメンサルのMETA4もレースに持って行こうと思います。王滝やエンデューロでは使いましたが、個人のクロスカントリーレースでどれだけ使えるか試そうと思います。フルサスは重量があるためトレーニングをしっかりしてレースに使おうと思います。次回はアンカーかコメンサルかどっちになるかな?

ps:トレーニングもがんばりますが、仕事ももちろんがんばります。今日もご来店&お問い合わせありがとうございました。また最後まで長文を読んでいただきありがとうございました。次回の目標は20位以内、クイズもやりますよ〜。
0

2006/4/26

八幡浜  2006 Jシリーズ

 遅くなりましたが、人生初のJシリーズ参戦レポート。

 いや〜遠かったよ愛媛県と思いきや行ってみたら意外と近く感じました。今回は一緒に初出場するH君と2人で行ったからかな。一人やと遠く感じたかもしれん。
 現地入りする前に到着前に某所によりたかったので松山駅へ行来ました。某所とはココですが、ポスターでわかった人は相当ペナルティのワッキーファンです。揚げたてのジャコテンはマイウ〜でした。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 金曜の深夜に出発し土曜の11:00ころ到着。とりあえず到着後イージーアップテントを立てて基地を作り、受付行ってゼッケンゲット。おいらの今年のビブナンバーは563でゴローサンでした。休憩した後着替えてコースの下見へ行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 下見する頃には雨が降り出し路面がどんどんマディーになっていきました。コースの4分の1程度を徒歩で下見したのちバイクで試走に行きました。4分の1までは「すげ〜楽しいコース!」って思ってウキウキで試走しました。
 しかしながら、さすがにJシリーズで使うコースです。コースの3分の1を終えた頃から難度が上げてあり、途中からのシングルトラックのDHセクションはマッドコンディションのせいもあるけど滑りやすいし難しいし怖いしで大変でした。なんせ僕下りはチキン野朗なんで・・・。加えて登りもバイクを降車し”押し”で登る部分や、斜度がきつくフロントが浮きそうな登りもも何箇所かあり結構辛いコース設定。雨だったのでそこのコースの画像撮ってなくてすいません。とりあえずビビリながらも2LAPで試走終了。H君はドライタイヤで走ったのでかなり辛かったみたい。
 ドロドロになったので着替えて銭湯へ行き、晩飯食べに行って就寝。ここでもジャコテンを食べた。緊張してたのですが疲れてたので意外とぐっすり眠れた。
 
 レース当日、6:00にH君のオナラの臭いでマジで目覚めた。実話です(笑)。人のことは言えんがくさかったぞ。とりあえずメシ食って着替え、H君もタイヤをマッド用にスイッチしました。アップに行き召集を待ちます。
 8:30に召集がありスタートラインへ。緊張はピークでした。スタートはゼッケン順なので結構後ろでした。周り見ちゃうとみんな速そうなので、あんまし見ずに完走できるように神様に祈り。「こんな気分は何時以来だろう?」とか思いながら号砲を待ちました。(今回は6.6kmx2周、77人の出走) そしてレーススタート。グランドを1周ループし舗装の登りへ向けてポジション取り開始。みんなスタートからゴリゴリにコギコギで一気に心拍が上がります。ココでいい位置取っとかないと登り終えたあとのシングルの下りで渋滞に巻き込まれるからです。そんな中、僕の斜め前で落車発生。マジで危なかった。登りで集団の中盤で入ることができたのでひどい渋滞には巻き込まれませんでしたが、つづら折りの下りでやはり詰まっちゃってペースダウン。シングルは細く抜き所も少なかったので次なるつづら折りの登りで順位を上げて20番手くらいを走行。(順位はアナウンスで聞こえた。)前日の試走で足の使いどころを決めてたので気持ち的には楽に1周目半分まで行けました。しかし後半の富士見Bコース的なマッドなDHセクションとゴジラの背中と呼ばれる木の根っこセクションで前に離され&後ろから追いつかれで苦手な下りが露呈し始めました。みんな下りが上手く、急斜面ではリアを滑らせながら上手くバイクコントロールし下っていくけど、僕は下りが下手なので転ぶリスクを考えて降車して下る。結局4〜5名のパックで順位が何度も入れ替わり2周目へ。
 2周目はすんなりとシングル突入。前とはずいぶん離されてしまった。後ろから迫るライダーのタイヤの音を聞くたびに「やベ〜抜かれそう」と思いながら下って、登りで離して下りで追いつかれで結構なバトルが楽しめました。後半のコンクリ舗装の登りでアタックしようと企んでたのですがペース配分ミスって順位は上げれず。そのままレース終了。結果24位で登録初レースは終りました。
 ゴール後は緊張から解き放たれた感じですごくすっきりしました。順位はともかくやっぱレースは面白いと感じさせてくれました。今回の目標はあくまでも完走だったので、次回の箱館山はもっと面白いレースになるようにがんばります。 

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
エリートクラスの選手のバイクセッティング。こういう細かな細工がプロっぽいです。参考にしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
エリートクラスの走り。やっぱ速いし綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
自分たちのマシン。洗車大変でした。

クリックすると元のサイズで表示します
プロトタイプ。リムが削られてました。スポークはプレーンになるようです。

 で、もう一人の同行者H君は、なんとトラブル発生でDNF。シューズのソールが剥がれて乗車不能に。残念賞ってことで僕の以前使ってたシューズあげました。レースは何が起こるかわかりません。次回の箱館山がんばれよ〜。

 で、クイズの当選者発表ですが、お客さんに頼むの忘れたので明日一番最初にご来店されたお客様に決めてもらおうと思います。常連さんか?ママチャリの修理のオバちゃまか?自転車点検に来るクソガキか?いったい誰が…。ちなみに商品はもうじき到着すると思います。在庫切れてたので取り寄せて発送してもらいました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ