2019/9/18

XTERRA JAPAN 丸沼  トライアスロン

 9月15日に出場したエクステラのレポートです。

 群馬&栃木の往復約1000kmの長旅でした。でも遠く感じなかった。帰りに富士見パノラマ寄ろうと思ってたくらいだし。

 前日の16時頃に受付をしゼッケンを受け取り、会場付近のペンション村の宿で宿泊。
クリックすると元のサイズで表示します
 ペンションの前でゼッケンの取り付けやバイクのチェックをし翌日のレース準備。晩飯は宿の夕食をお願いしました。地元の野菜がいっぱいで腹いっぱいになりました。

 レース当日

 11時スタートとかなり遅い時間でのスタートなので、当日もゆっくり出来ました。朝食はあんぱん1個と紅芋なんとかパン1個とコーヒー。
 会場へはシャトルバスを利用し移動。ブリーフィングで競技説明を聞いた後、バイクラックに行きいろいろ準備。
クリックすると元のサイズで表示します

 ローカルなトライアスロンみたく参加者はそんなに多くない。ワタシはエクステラ初出場ですが、昔から出てみたいと思っていた大会なので、復活開催が決まってすぐにエントリーしました。土が付くスポーツってやっぱり競技人口が少ない。エクステラでもマジマジ感じた。

〜 レーススタート 〜
 
 まずはスイム。

 スイムは1200mと通常のオリンピックディスタンスのトライアスロンよりも300m短い。スイムの苦手なワタシには助かる。
 クリックすると元のサイズで表示します

 25分31秒 69位/158人

 たぶん、スイム苦手な人が多かったんやね。下位3分の1男がこの順位なんやもん。バトルもなく泳ぎやすかったです。淡水はどんだけでも水飲める(笑)非常に平和なスイムでした。


〜 マウンテンバイク 25km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 トランジットで半袖ジャージ、ソックス、バイクシューズ、ヘルメット、ハイドレーション、LFグローブを装備しバイクコースへ出発。アームカバーはスイムのときからつけてます。

 トライジャージだと落車したときの素肌への怪我が防げないので、半袖ジャージ+アームカバー&LFグローブ。ハイドレーションの中にはポカリスウェット(笑)ボトルは水を入れてましたが飲みませんでした。ただの錘になってた。

 楽しみにしていたバイク。試走を全くしてないオフロードってかなり不安。

クリックすると元のサイズで表示します
 コースの湖沿いが危なくて、フルシングルトラックで湖側にすべるようにキャンバーというサービス満点な設定。湖に滑落した人も何人かいるみたいですが、それが丸沼名物らしい。
 崩落しかけの丸太橋、倒木、階段と、前を走る走者でオフロード苦手な選手がいて、なかなか進めない。必然的に詰まるのでダチョウ倶楽部的に どうぞどうぞ になる。オフロードでは上手い人優先なので、ワタシも上手い人来たらゆずる。トレイル渋滞になると、

クリックすると元のサイズで表示します
 しらずしらずの内にこうなるわけで…。

で、前に出ると、知らないシングルトラックって次のセクションがどうなってるかわからないので怖い。しかもコースが難しい。通常のトライアスロンのように脚を残してとか出来ない。
 
 左下の折り返しを過ぎると、ようやくダブルトラックの上り。ワタシの場合はここが唯一休憩できるポイントになりました。やっと長いことサドルに座れる(笑)5kmほど上りピークまで行くと7〜8mくらいのドロップオフ登場。
 普段のワタシならどうしよっかな〜ってなるけど、レースの時は走れてしまう。ここも前走者2人がダチョウ倶楽部風に譲り合いしてて一人目が失敗しドロップオフ後の右カーブで落車(笑)3番目のワタシは前走者2人のライン取りで行けてスムージーにクリア。二周目もここ通りましたが楽しかった。
 そこからずっと下りのシングルトラック。前半楽しかったけど、後半はズルズルの根っこセクションで全く乗れず、途中のカーブで落車するも笹の茂みがクッションになりセーフ。みんなこけても笑顔です(笑)乗れないセクションはバイクを杖代わりに押しまくって進んで1周目終了。

 二周目はコースをある程度覚えていたので、乗り降りのメリハリがはっきり出来て、長い上りでは1周目よりも踏んでいき数名をパス。キツイながらも左下の周回を終え、最後の右上のコースへ。
  
 観客の方があと2kmだよ〜って言われたけど信じなかった(笑)だいたいもっとある。このあと少しがめちゃくちゃきつかった。ウソや〜っていういやらしさ。コースを知らないとホント厳しい。ロードじゃまず上らない急勾配が何箇所かあり脚を削られまくり、右脚の内転筋群が悲鳴を上げ始めた。バイクを押し&担ぎしすぎたのもあるけど上りでその内転筋が攣ってしまった。だましだましペダリングしてバイクを終える。普段のトライアスロンとは全く違うなぁって思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
 キツクて顔歪んでます(笑)

公式記録 2時間42分33秒 51位 スプリット 3時間8分4秒 49位

 バイクでやっぱりジャンプアップ。いつもどおりのワタシ的トライアスロンな展開。最後のトレランへ


 〜 トレイルラン 10km 〜

 続きはまた書きます。 
4

2019/6/10

アイアンマン70.3セントレア  トライアスロン

 土日はアイアンマン70.3セントレアのメカニックのお仕事でした。
 
 土曜日は例年より仕事が多くて、たくさんのバイクを整備&チェックさせていただきました。厄介な作業が回ってこなくて良かった。外人には出川イングリッシュで対応w 中国人には説明が大変だった。

 日曜日は雨で落車とパンク祭り。幸いなことにワタシの担当箇所はトラブルが少なくて平和でした。ラッキーポイントやった。

 今回は1600名近くのエントリーだったようです。選手の皆さん雨の中お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日のレース前のトランジットエリア。この頃まだ雨は降ってない。レース中、特にバイクパートはほとんど雨でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 終了後、今回のメカニックの皆さんと集合写真。毎年恒例のメンツでございます。楽しく慌しい2日間。お疲れ様でした。

 そして、風邪ひきました(笑)寒かった。選手の皆さんも過酷だったんじゃないかな。

 今日は片付けと仕事で疲れた〜。がんばろ。


 今週もよろしくお願いいたします。
5

2019/4/29

第35回全日本トライアスロン宮古島 ラン編  トライアスロン

 GWいかがお過ごしでしょうか?
 ワタシは早朝から地区の運動会のテント設営w 

 本日 4月29日(月)は臨時休業です。ご迷惑おかけいたします。


 宮古島トライアスロンの続きです。

 〜 ラン 42.195km 〜
 
 ジェルを6個ジャージのポケットに入れ、ランの装備にし出発。トランジットエリア付近ではもう雨も降る気配もない天候になってました。
 走り出しは、心拍とペースを見ながら上げすぎないように走る。42kmは長いので、最初の元気なうちのペースで勘違いしないように。走りたくないという感覚はないので慎重に入る。

 8km付近で本日2回目のトイレ。一回目は海の中(笑)7時間近くオシッコしてないのでなかなか止まらない。おおよそ1km6分〜7分くらいで序盤は走りました。自分の狙いとしては35kmまでずっとこのペースで行く予定でした。

 が、16km付近でケツ筋から本日終了のお知らせ。痛い。前に出せない。そのあたりは折り返し手前の長い上りでしたが、後半のことも考え歩行。km12分ペースになってました。とにかく脚を前に振り出すときに左ケツが痛い。ケツといってもハムストリングスの付け根部分。2ヶ月近く治療に費やしてましたが、回復にはやはり間に合いませんでした。ここからはとにかく痛みと対話しつつ走ることに。走るといっても見るも無残な超超スローペース。ファストウォーク以下並みのペースです。

クリックすると元のサイズで表示します
 上りはケツが痛いので歩き、下りは惰性で走る。1分歩いて休んで8分走る。エイド付近は歩く。といった情けなさ。折り返し超えて数キロ行ったあとに「やばいあと20km近くある…」と久しぶりに悲壮感。
 
 エイドでケツにエアサロンパスをかけてもらったりしましたが無駄無駄ラッシュで全然効かない。仕舞いには遅すぎて足の裏が痛くなるはじめての経験。ちなみに今回のシューズは昨年と同じアシックスのNOOSA FF。クッション性のいい靴なんですが、今回の経験でロングのときには試し履きしたHOKAONEONEが欲しくなりました。

 途中で雨が少し降り、曇ったりして肌寒い。ペースが遅いので体温上がらない。暗くなったらやばいな〜と思いながら激遅ランで進む。

 サトウキビ畑の葉の風に揺られる音がカサカサ聞こえる。虚しい。今日はもう止めよう…。
 
 情けないしリタイアしようかものすごく葛藤しましたが、宮古島まで行って、身体は元気なのに完走しないのってどうよ?出たくても出られない人もいるのに。止めちゃっていいのか?とりあえずオシッコ行こう(笑)ガソリンスタンドのトイレで放尿。まぁ頑張りますか。今までリタイアゼロだし。アカンのケツだけだし。

 だんだん暗くなってきて、久しぶりの日没ランゴール決定。あかんやつや。ゴールは出来るペースには間違いないのですが、ケツが痛いので早く終わって欲しくてたまらない最終種目のラン。ゴールの競技場に近づくと少し元気が出てきて最後の数キロは走ってゴール。沿道の人がいっぱい応援してくれるので、なかなか歩けないってのもある(笑)

 で、なんとかゴールしました。今回のランは長かった〜。長く感じた。
 
 公式記録

 ラン 5時間59分25秒 1065位 

 総合 12時間48分21秒 795位   エイジ40〜44歳 119位



 昨年は11時間14分34秒。1時間半以上遅い結果に。ロングは準備も戦略もトレーニングもいろいろ考えないと攻略できないので難しい。でもそれが面白い。またいつかチャレンジしたい。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 

クリックすると元のサイズで表示します
 またいつか参加したいなぁ。宮古島楽しかった。やっぱり南国のトライアスロンは滞在期間も含め楽しい。とりあえず、脚を治さねば。現状ではロング無理。今年はロングディスタンス出ないので、来年に向け改善していくぜ〜。

 参加者の皆様、宮古島島民の皆様、そして運営の皆様。最高の大会に出場させていただきありがとうございました。またいつか参加させてください!
8

2019/4/24

第35回全日本トライアスロン宮古島 バイク編  トライアスロン

 全日本トライアスロン宮古島 〜バイク編〜

 宮古島のバイクパートは 157km 。アイアンマンは180kmなので少し短い。この23kmの差は大きい。佐渡トラは190kmで国内で一番バイクが長い。150km台だとほんとに短く感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のバイクはFELT IA。今回はポジション設定にめちゃくちゃ時間をかけたので、大会が楽しみでした。しかし、あいにくの雨と風で昨年とイコールコンディションとはならず、バイクパートは18分遅い結果に。
 
バイク仕様
 フレーム FELT IA2
 バー&パッド 51SPEEDSHOP
 ホイール GOKISO GD2 50mm コンチGP5000前後25c
 ギア ROTOR INPOWER & QXL 53-38t 11-28t
 サドル SELLE ITALIA IRON
 ペダル DIXNA FAST48 MG
 チェーンオイル CERAMICSPEED UFO DRIP → WAKOS EXTREME

ドリンク チャレンジャー エイドで水、アクエリアス

補給食 マグオンx5個、チョコレート羊羹x2個、塩エネモチx2個、2RUN 1包

 スタートはでは雨も上がってた気が?ビショビショなのでわかんない。
 チェーンオイルは雨のため、朝の準備の時にトランジットエリアでWAKOS EXTREMEチェーンオイルを塗布。折角塗ったUFO DRIPは無駄になってしまった。もったいない。

クリックすると元のサイズで表示します
  
クリックすると元のサイズで表示します
バイクコースにはこんな演出も。

 一番ビビッてたのはやっぱり伊良部大橋。片道3.5kmの超長い橋を渡り、伊良部島を半周し再び伊良部大橋を渡り本島へ戻る部分。
クリックすると元のサイズで表示します
 頼むから横風吹かないで〜と祈りながら走る。幸いなことに朝方だったせいか風はあまり無かった。なんせ数々の暴風&落車伝説を聞いていたので。今年は落車してるのでもうこけたくない。
 伊良部島周回中、直角コーナーのところで、リアが滑り危うくこけかけた。雨天も考えグランプリ5000 前後25c エア圧6BARのチョイスで走りましたがこの時はビビリました。
 岐路の伊良部大橋で救急車が走っていったので、誰か落車したんだと思う。伊良部島はとにかくセーフティに走りました。
 本島では直線も多いので路面も気にならず走行。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 昨年走ったコースなので、だいたいコースはうる覚えだが覚えている感じ。今年は池間島を間違いなく往復した。昨年はいつ戻りの橋渡ったっけ?って状態でしたw

 ランのために脚を残すべく、昨年と同様なペースメイキングで全コース走りました。補給もお腹が空かないように昨年より少し多く所持しエネルギー対策もしてました。
 しかし、今回の補給ではあまり採る事ができずジェルを2個、羊羹1個、エネモチ1個を残し、エネルギー的には失敗した感がありました。

 後半の周回部分でスコールのような豪雨があり、再び慎重に走るシチュエイションに。比較的イージーなセクションでの雨だったので助かりましたが、曇り、快晴、雨天と目まぐるしく変わる天候でなかなか味わえないトライアスロンになりました。
 
 脚は絶対に残してランへ これだけは守りバイクパートを終える。

 昨年との比較

 2018 平均心拍:140bpm 平均パワー:123/130(NP) 平均ケイデンス:72rpm
 2019 平均心拍:134bpm 平均パワー:122/131(NP) 平均ケイデンス:84rpm

 心拍、パワーはほぼ同じ。ケイデンスはウィンターシーズンにケイデンスアップのワークアウトを多く取り入れたので前年よりも上がりました。ケイデンスをキープしたわけではなく、結果こうなったという感じです。低トルク&低ケイデンス or 低トルク&高ケイデンス 今年は後者で走れるように走りました。狙いはエネルギーの節約。ロングディスタンスではバイクパートはまだまだレースの途中。最後には苦しいフルマラソンが待っている。

 公式記録 5時間39秒03 473位 スプリット6時間48分56秒 542位

 昨年のスプリットは6時間25分23秒 367位 タイムは遅くなっていますが、天候の都合で仕方が無い。そして最大限に脚を残してそんなに苦手意識はないランパート

 トランジットも失敗しないよう、忘れ物をしないようあせらずランの準備をし出発。
 
 昨年とほぼ同じようなペーシング走れてるし、気候的には涼しく日差しも強くない、コンディション的には悪くない。

 最終種目の ラン 42.195km は巧くいくはずだった…。

 続きはまた次回。 
4

2019/4/22

第35回全日本トライアスロン宮古島 スイム編  トライアスロン

 お休み中できなかった作業も一段落。トライアスロン宮古島のレポート

 今回で2回目の出場となる宮古島。今年度初戦であり、メインイベント。10月からの準備期間で入念に作戦は練っていたのですが、ワタシのブログをご覧の方はご存知のとおり、完走はしましたが残念な形でレースを終えました。

 〜 スイム 3km 〜 

クリックすると元のサイズで表示します

 大会当日は朝から土砂降りで、デュアスロンになると思ってたけど6時に3種目開催と発表があり、急いで準備。朝方だし雨の中で準備してると結構寒く、ウエットスーツが暖かく感じました。 
 会場のスタート地点へ向かい海を見るととても穏やか。こりゃ開催できるわけだ。試泳をして海水の温度に身体を慣らしアップ完了。

 7時のスタートを待っていると役員さんから、

 「大きな雨雲が接近してるので15分遅らせます」 

 とお知らせが。中央3列目辺りにいましたが、隣にいたおそらく韓国人の方に何言ってるか聞かれましたが
 何言ってるかわからない… とサンドウィッチマンみたいな返しをしようと思ったけど、真面目に得意の韓国語で説明、すいません、韓国語わかんね(笑)ボディランゲージで説明。たぶん理解したはずや。
 
 そしてスタート時刻になり、号砲と共に海へ 今年のエントリーは1609名。スタートは1502名。第35回全日本トライアスロン宮古島スタート〜。

 しばらくずっともみくちゃ。最近はクラゲになった気分でぶつかったらふにゃ〜って避けてます。もうホント、スイムバトル怖いし。600m先のブイまではずっとバトルでした。ブイを曲がるとちょっとばらけたのでそこから泳ぎやすくなりました。そう、置いていかれて遅いってことです(笑)

 雨が降ってるので、なんか水の塩辛さ?がマイルドに感じました。水の中に入るので雨は全く気にならない。海底はずっと見えてて宮古島の海の美しさに感動しながら泳いでました。やっぱりトライアスロンするなら南の島は最高で〜す。

公式記録 1時間9分52秒 916位 
 ガーミンのスイッチが他の選手の手が当たりストップ押されて上手く計測できてない部分もありましたが、途中で気づいてリスタート。500mごとのLAPのバイブで距離感はつかんでいました。

 昨年スイムの順位は1021位でしたが、1時間6分32秒で昨年の方がタイム的には速い。
 今年は1月のスイム練習はゼロ。スイムが嫌いなのでヤル気が無いときはやらない。1ヶ月休会し2月から週2〜3回の練習。その代わり筋肉は落とさないよう上半身の筋トレはしてたので、2月からでも間に合いました。でも技術的な進歩は無かったね。しかし、3kmはきつくない状態で泳ぎきれたので、私の場合準備は2ヶ月で十分って感じ。スイムで速さを求めるのは諦めた(笑)

 そして、次はバイク。続きはまた次回。 
7

2018/10/11

2018長良川国際トライアスロン 〜黄金の風〜  トライアスロン

 今日は定休日でお仕事お休み。事務仕事してゴミ捨て行って会計士さんとこ行ってからのLEOMOを使って固定ローラーでセルフバイクフィット。3時間ほど掛かったけど、やっぱり実走してフィードバックしないとまだ固められない感じ。そこそこ変えたので宮古島までにポジションを煮詰めよう。

 そして月曜日に出場した長良川国際トライアスロンのレポです。

 4時半に起床し朝食。今回はバターコーヒー&ご飯お茶碗一杯&レトルトの味噌汁。自分なりにハイブリッドな組み合わせの朝食。

 起床時体重は59.8kg。久々に60kgカット。やっぱり走ってる量が少ないとなかなか落ちない。

 7月の皆生トラ後から8月いっぱいまで自分の中でオフシーズンにしてたので、練習量は少ない。そもそも10月に延期になったので出ようと思ったたぐいなんで。もうちょっと早めに準備しとけばよかったと思ったが後の祭り。
 
 ラン
 8月 25km、9月 49km 8月は体重が激増したので、怪我しないようあまりランしませんでした。
 バイク
 8月 174km、9月 352km バイクは固定ローラーでZWIFTメイン。
 スイム
 8月 4回、9月 12回 9月はスイムのヤル気出してみたw

 摂取カロリーは変わってないので、これではやせるはずがない(笑)


 7時半頃着いたら駐車場がいっぱいだったので、遠いほうの駐車場になった。歩いて受付に行ってゼッケンなどもらう。
 川の水温の関係でスタート時間が早くなったので予定が狂った。急いで準備を済ませる。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回の使用バイク CEEPO KATANA ゴールドエクスペリエンス長良川スペシャル。TVアニメ ジョジョ5部も始まった記念であります。CEEPO KATANAはCERVELO P3同様、トライアスロンでは大人気車種なので、他人とかぶらないようにカスタムペイントしました。
 8月のシマノ鈴鹿以降に乗車開始したのですが、登りもかなりこなせるし振りが軽い感じ。ハンドリングは自分にはピーキーに感じましたが慣れの問題かな。

 トランジットエリアにてバイク&その他の用具を設置し、準備体操してたら大垣ケーブルテレビのスタッフの方にインタビューされました。慣れてないのでなにもボケられなかった・・・。



 遺伝子検査で
 
 パワータイプのRR型 オススメなスポーツ ゴールキーパー

 なワタシの今年度最後のトライアスロン 9時2分第二ウェーブでスタート。
 

 〜 スイム 〜 1000m(500m x 2周)

 オリンピックディスタンスの場合。スイムは1500mなのだが、水温が低いため1000mに短縮になった。しかし、あまり冷たさは感じなかった。
 スタートはフローティングスタートで、今回は船にガッチリつかまって脚を休ませながら号砲を待つ。

 「 スクリューに巻き込まれちゃうから、あまりこっちにいちゃダメだよ 」

 とジョセフ・ジョースターと思われるオッサンに注意される。

 少しずれて船体をガッチリつかみスタートを待つ。スタートと共に船体の下をくぐって発進。1000mなんで気持ちが楽にスタートが出来ました。

 だいたいスイムが短く感じるときは イケテル!という感覚があるので、遅いなりにもいつもより自信がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 殴られもせず、平和に終了。ウェーブスタートは平和です。今年出た他の3つの大会は全て一斉スタートで、水中プロレスばっかだったから今回は幸せでした。

 公式記録 1000m 23分35秒 263位/421人スタート(SKIP込み)

 いつもよりはマシなタイム。やっぱり週3回は行かないとヘタクソポンコツスイムは伸びない。しかし、泳いでいて自分なりに少しばかり兆しが見えたので次に生かす。今回は水かさも多かったし、水もそこそこ綺麗だったので、ちょとだけ清流を感じた。



 〜 バイク 〜 40km(10km x 4周)

 楽しい楽しいバイクパート。トランジットはスムーズに出来て、オッシャ〜完璧!イクゼ〜とトランジットを終え、乗車ラインを超えてからバイクに乗ってあることに気がつく

 ゼッケンベルトぶらぶらしとるやん…。

 今回、ゼッケンはランの時に着けていればいいので、ゼッケンベルトをランシューズのところに置いておくはずだったのですが、おもっくそバイクにぶら下げたままだった。
 きっと、ケーブルテレビのインタビューのせいで、準備があわただしくなったせいだろう。危ないので完全停車し降車してゼッケンベルトを腰に巻く。クソ〜!エアロが低下する。ローパワーなのでエアロ頼りなのに大失態。これだけで40kmだと数秒〜数十秒のロス。ゼッケンビラビラはアカン。しかも止まったし。ガッカリ。

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します
Mちゃん撮影。ありがとうございます。

 二周終えたところでマグオン投入。フロントハイドレーション内のドリンクはチャレンジャー。ほとんど飲まなかったからもったいなかった。ダウンチューブのボトルは水。暑かったらかけようと思ったけど涼しかったので、トランジッション2に戻る前にちょっとだけ脚にかけました。 
 
 5kmごとのLAP

 9:29 31.6km/h 184wt 160bpm
 7:26 40.4km/h 173wt 159bpm
 9:21 32.1km/h 181wt 160bpm
 7:35 39.6km/h 174wt 160bpm
 9:06 33.0km/h 181wt 161bpm
 7:49 38.4km/h 172wt 160bpm
 8:52 33.8km/h 185wt 162bpm
 7:51 38.2km/h 167wt 160bpm
 2:03 34.8km/h 148wt 160bpm

 トータル Ave 35.3km  NP 177wt 161bpm

 バイクのサイコンはブライトンRIDER410 

 北上するときが向かい風、南下するときは追い風。単調なコースなので、そろえて走りやすい。残り8kmくらいでドラフテイング集団に抜かれ腹がたったので、ブレイクしろよ〜と声をかけ抜き返す。セコイ走り止めましょうよ。見てる人は見てますよ。

 こんな感じでバイク終了。

 公式記録 1時間13分6秒 104位 

 トランジット 手元計測 T1:1分42秒 T2:1分12秒 
 
 スプリット 1時間36分41秒 150位

 いつもどおりの流れでバイク終了。トランジット2ではソックスも履きましたが上手くいった感じ。
 

 〜 ラン 〜 10km

クリックすると元のサイズで表示します
 練習も少なく、体重落とせてない分不安しかなく、前日からメンタルで負けてました。45分目標ではなく40分目標!と言えてなければ、タイムはやっぱり上がりませんね。
 
 スタート1kmは4分前半で走ってましたが、時計を見て自分でストッパーをかけてしまいました。ちょっとペース速いかな〜?ってきつくなることを想像してしまって、イケルイケルって感覚じゃなかったのでペースダウン。メンタル弱すぎです。

クリックすると元のサイズで表示します
 感覚で走って4分35ならイケルかもって2km目は走ってたのですが、LAP見たら4分42秒…。こりゃ走れない。ダメだ…。これを維持しようっていう作戦になっちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 ヘビや!気をつけろ!

 観客の看板ステーションさんが叫んだ!危ない、もう少しで噛まれるとこやった…。助かった。 

 すいません、ウソです。

 心拍ベルトのフックが外れたので、預かってもらおうと思って心拍計投げました(笑)汗で汚れてるのにスイマセン。預かってもらってありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のデータ。45分は完全に無理やった。

クリックすると元のサイズで表示します
 そしてゴール。

 公式記録 46分40秒 152位 

 総合記録 2時間23分21秒 142位/381人完走

 エイジ 40〜44M 19位


 こんな感じで終了しました。それなりの結果で、練習に比例した結果でした。スイムが1500だったらもっと遅かったと思います。タイムは向上できませんでしたが、今回は終始楽しくトライアスロンできたのでそれは良かったかな。来年もトライアスロン楽しむで〜。タイムは絶対上げる。

 ボランティアの皆様、運営の皆様、選手の皆様お疲れ様でした。Mちゃん、写真いっぱいありがとうございました。
3

2018/7/19

全日本トライアスロン皆生2018B  トライアスロン

 バイクトランジットエリアに戻るとOさんとバッティング。今年は知らんオッサンとしゃべてなかった(笑)

 〜 ラン 42.195km 〜

 ランの格好に早着替え。今回も日差し対策でお手製の半袖ボレロを纏いました。見た目は完全に長州小力なのですが、熱射病でコロリするのは勘弁なのでカッコ悪いとか言ってられない。
 Oさんが準備を終えて出発後、ワタシも準備を終え出発。トランジットエリアのエイドで早速水をドバッっとかぶりビチョビチョ。気が付いたらバイクグローブはめたままだった。体育館の端っこに置いて帰りに取りに行く作戦。

 このグローブは終了後取りに行くのをあっさり忘れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 緑マークがスタート途中でキレテマス。ガーミン32km(赤マーク地点)で電池切れ。享年44歳。
 右上の半島の先っちょに前日に参拝した美保神社があります。

 2016佐渡のランで普通に走って最初の10kmで潰れたので、今回は慎重に6分半あたりの超ユルユルランで入る。先に出たOさんもパスし、慎重に走り最初のエイドでも水をかぶる。とにかく冷却重視。
 信号ストップで何度かつかまるので、これもいい休憩になりkm7分台くらいになったりするが、脚の温存のため抜かれまくっても気にしない。勝負は後半だ!と思ってユルユルランを継続。
   
クリックすると元のサイズで表示します
 だがしかし、温存して走ってたのだが、15km過ぎたところで

 アカ〜ン

 陸橋というか大きな橋の上りで走れなくなって歩いてしまった。宮古島のランが上手くいってただけに凹みました。ボッキリ心が折れました。折れたついでにオシッコした気がする。

 そこからは抜かれまくりケツまくりで、先ほどまではスイマセンでしたランニング祭り。やべ〜やべ〜と思いながら苦しみのランになってしまい散々でした。

 ハーフの境港の折り返し付近でなんとOさんにパスされる。Oさんが復活してビックリ。初めてランでOさんに抜かれて凹む。
 完全に脚がないおまけに熱すぎで、これは終わったなと思いました。気持ち悪くてジェルも食べられないし、OS1でおなかはたぷんたぷん。吐いたら完全に脱水で終わる状態。

 どこかのエイドで
 「 ジェルいりますか! 」 と言われましたが

 「 ジェルはいら〜ん! 」 と宮川大輔風に言ったらウケタので嬉しかった。

 ケツ周りの筋肉も痛くなってきたので、デカイ氷袋をもらって冷やしながら走る。

 折り返しのエイドで再びOさんをパス。ここのエイドで禁断のコーラ投入。

クリックすると元のサイズで表示します
 コーラは回復も早いけど、身体が疲弊した状態だと内臓への負担が大きいため、吐く可能性が高く、ホントはもっと後で取りたかった。補給食を全く受け付けない状態だったので、ここで手を出してしまいました。

 しかし、今回はこれが功を奏し、意外と走れるようになった。糖質&カフェインさまさまです。スピードは遅いですが、走る気力が出てきてなんとか走れるようになって来ました。自己分析的にはどうやら低血糖状態だったようです。

 32kmでガーミンの電池が切れ、タイムとかは全くわかりませんでしたが、タレタレなんでもうタイムとかどうでもいい。早く終わらせたい…。

 残り3kmくらいの所で、蜘蛛のジャージの人とよくバッティングするので、話しかけたら山口県の人で、偶然にも前日に美保神社に参拝に行ってたことで話が盛り上がった。その方も昨年、皆生に出てたようで、もうすぐ終わりですね〜とか残りわずかのコース状況を語り合いながらランデブー。

 ゴールとなる競技場に入る前に、ワタシは脚がないので、先に行ってくださいとゴールを譲り、その方から遅れること数十秒しワタシもゴール。

 公式記録
 
 5時間37分07秒 401位

 総合 12時間16分08秒 331位/750人完走



 今回は、というか今回もきつかったけど、2016佐渡以来の厳しさでした。昨年の皆生は曇りで幾分涼しかった。灼熱の皆生を味わえて、これがホントの皆生トライアスロンか!と厳しさを思い知らされた大会でした。

 結果的には、昨年よりもランでの遅れが響きタイム、順位共に大幅ダウンで失敗トライアスロンでした。おそらくこれでしばらく皆生トライアスロンにはエントリーしないので、何年後かに再度チャレンジしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のOさんの根性はすごかった。今回は完全に負けたと思った。さすがに4回も皆生に出てるだけあるわ〜。Oさんお疲れ様でした。ワタシは来年は行きませんよ(笑)

 皆生トライアスロン運営の皆様、伝統の大会に出場させていただきありがとうございました。ボランティア、スタッフの皆様、暑い中のサポートありがとうございました。
 西日本豪雨災害で被災された皆様、このような時期にトライアスロンさせていただき申し訳ないです。
 
 いろいろ含めて、ありがとうございました。出場された選手の皆さんお疲れ様でした。
9

2018/7/18

全日本トライアスロン皆生2018A  トライアスロン

 〜 バイクパート 140km 〜

 トランジットでワンピースを着てボディはエアロ化。ヘルメットは今回はSCOTT CADECE+のセミエアロヘルメット。シールドバイザー付きのRUDYのBOOST01と迷ったけど、日差しが強いことを想定してヘルメット+アイウェアの組み合わせ。アイウェアはRUDYのトラリクス マルチレーザーオレンジレンズ。
クリックすると元のサイズで表示します
 SCOTT FOIL10

 GOKISO GD2 38mm ミシュランパワーコンペ23+25c 前後7BAR
 ROTOR QXL 52-36t アルテグラ 11-30t
 SANMARCO ショートフィットレーシング サドル
 PD-9000 SPD-SL
 チェーンオイル UFO DRIP

 昨年と変更した部分。GOKISO 38mmとコスミックプロカーボンSL USTとメチャクチャ悩んだのですが、営業さんにGOKISOで行きますわ〜と言っちゃったのでGOKISOで。コースがテクニカルなので、雨だったらブレーキ性能も含めMAVICのUSTにしてた。

 補給食
 ボンクブレーカー1個、エネモチ2個、マグオンジェル4個、スポーツ羊羹1個、2RUN 2包
 
 ドリンク
 OS-1と水。エイドで麦茶。

 宮古島で少し補給食が足らなかったのですが、今回は多かった。結局レース中はエネモチ1個、2RUN1包は取れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
 常時快適に走行できましたが、失敗したのは心拍ベルトを忘れてしまったこと。仕方がないので手首計測型を使い心拍は管理してました。パワーメーターと心拍で普段は管理してるのですが、手首計測は計測値が不安定なんであまり使いたくなかった。電池も減るし。
 
 ニノ瀬に毎週行くようにして多少上り対策はしていったので、昨年よりも速く走れる、上れるはず!と思ってましたが、体重が昨年と比べ56kg→59kgでは速いわけない(笑)
 
 昨年走ってるので、コースもうる覚えですが記憶に残ってたので昨年よりは安心感がありました。補給もそれなりに上手くいき、冷却も考え後半はエイドで水とお茶をかぶり走りました。暑いので水でもお茶でもなんでもかぶれます。コーラはかぶったらえらいことになるので、そこだけはミスしませんでした。

 
 ガーミンデータ

 経過時間 5時間21分13秒 Ave118wt/507wt NP134 142/162bpm

 皆生が140kmで約1900m、2週間前の宮島が55kmで1800m。宮島のバイクコースえぐい(笑)
 
 
 公式記録

 5時間27分33秒 234位  スイム+バイク順位 297位



 いつもどおりバイクでジャンプアップ。脚を残すべく、データどおりバイクではあまり踏んでないのですが、昨年と比較すると


 昨年 Ave123wt NP139 136/155bpm 
 5時間32分17秒 316位  スイム+バイク順位 351位

 昨年よりも順位、タイムは上でパワーは低く、心拍は高い。バイクタイムは若干のコース変更及び信号待ちにあまり引っかからなかったことがタイムアップにつながったのだと思います。心拍は暑かったこともあると思いますが、昨年は胸計測で今年は手首計測なので計測としてはダメデータ。

 バイクを終えるまでは今回もいまんとこ上手くいってるかも!と思ってました…。


 そして最終種目、灼熱のラン 編へ 

 
 また次回。ささ仕事しよう。
3

2018/7/17

全日本トライアスロン皆生2018@  トライアスロン

 今回の皆生、というかロングは厳しさを思い知らされた大会でした。きつかったな〜。

 とりあえずレポです。


 AM3:30起床、早速朝食。インスタント味噌汁、トマトジュース、ソイジョイ4本、バナナ2本。

 4時半ごろに米子を出発。スイムスタート地点及び、トランジットエリアとなる皆生温泉街に行く。

 バイクをラックにかけて、バイクとランのトランジッションバッグを所定のエリアにセットし、受付とトイレを済ませ、ごそごそと準備。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回は補給食はバイクに全部取り付け。

 6時30分にスイムアップへ向かう。今回のスイムは3km。2週間前に宮島で2.5km泳いでるので怖さはさほどない。水は先週の豪雨のせいもあるかもしれないけど濁ってる気がしました。流木に注意してくださいと言われるが、無かったのでよかった。

 フローティングスタートなので、ヘタクソなスカーリングとヘタクソな立ち泳ぎで耐え、7時ジャストスタート。

クリックすると元のサイズで表示します
 コースと軌跡はこんな感じ。

 2週間前のトラウマがあり、バトルを避けたくスタートはアウトから入りました。それでもしばらくは魚群状態でぶつかりまくりのスイム。行きしなは進みが悪かったので、なかなか500mいかね〜な〜と思いながら泳ぐ。今回は背中に乗られるが一回と肘打ちでゴーグルバイ〜ンが一回でまだましだったかな。ホントスイムのバトル怖いです。乗っかったり引っ張ったり殴ったりするのヤメテ。

 美保神社で前日お参りしたから大丈夫や〜とポジティブに泳ぎ、折り返しで浜に上がり、エイドの真水で口をすすぐ。あと半分半分。そして再スタート。

 幸いなことに今回はふくらはぎの脚攣りしなかった。ロングのときはやっぱり事前のケアは大事だな。宮島のときはふくらはぎの疲れがあったけど、ケアを怠ったのがあり両足が攣ってしまったからね。LEOさん行っといて良かった。

 帰路は追い潮?っていうの?スゴイ流れでスピードが速くなって楽しかった。こりゃ速く帰れるぜ〜とちょっと喜ぶ。ちなみに周りも当然速いってことだ(笑)

 ゴール手前200mあたりからはより集中する。トライアスロンでの水の事故ってだいたいゴール手前でなんかあるっぽいので、変調を感じたらやめようと思ってた。
 出発日の前日に軽い目眩が出たので、スイムは少々不安もあった。宮古島後、目眩で倒れてからスイムでのブレスは右だけしかできなくて(途中で変えると目が回るため)、両サイドでのブレスが厳しい。海で目眩でたら…怖い。美保神社でお参りが良かったことにしておこう。


 公式記録

 スイム 1時間11分28秒 715位/900(スタート)



 安定のダメッぷりで昨年よりも7分近く遅いという現実。それにしても遅すぎる。純粋にスイムの練習量を増やしたほうがいいのは間違いない。何年やってんだか(笑)スイムは嫌いなんで仕方が無いな。昨年よりも泳いでないのが成績にモロにでてる。猛省。


 とりあえず無事ゴールし上陸。小走りでトランジットバッグを取りに向かい、楽しみのバイクパートへ


 続く。
5

2018/7/4

みやじま国際パワートライアスロン2018  トライアスロン

 先日の みやじま国際パワートライアスロンのレポです。

 5時半に起床しバナナ2本&トマトジュースの朝食。バイクトランンジットのT1で最終受付があるので、6時半に宿を出て歩きながらソイジョイ4本を食べ朝食パート2。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 バイクは前日に設置。土曜日は風と雨でかなりバイクがぶらついていたので、サドルをラックにしばりつけ、ガムテープでフォークとホイールを固定しておきました。Lightweghitのホイールが壊れていないか(特にスポーク折れ)心配でしたが大丈夫でした。
 雨が予想されていたのでチェーンオイルは今回はGOKISOの試供品のチェーンオイルを使いました。オイルは落ちていなかったので良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
 ヘルメット、バイクシューズ、ジャージなどをバイクの足元に準備し、いざ対岸の宮島へ。画像の船でノルマンディ上陸作戦。

クリックすると元のサイズで表示します
 宮島側に上陸し、厳島神社で安全祈願の参拝。初めて行ったのですが、カッコイイ神社ですね〜。鹿もいっぱいいました。
 回廊を通り抜けスイムエリアへ。


 〜 スイム 2.5km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 今回は2.5kmのスイム。
 9時半スタートでこんな感じのコースでした。ちょうど3のところでオレンジのブイがあり、そこで右に曲がるコースになってます。潮の流れとかはよくわかりませんでした。
 今回のスイムでは初めて、後頭部を握られ沈ませてくる選手がいて死ぬかと思った。スイムのバトルを勘違いしすぎてる。身体とか足とかはしょっちゅうあるのですが、確実にガシっと持たれ押さえつけられたので危険すぎる。ゴーグルもずれて付け直す羽目になったし、マジで勘弁です。ブレスのときじゃなくて良かった。
 
 この2ヶ月、週1か2程度であまりスイムに行けてないので2.5kmは不安でしたが、左右各1回の脚攣りで済んだのでまだよかった。とりあえず苦手なスイムはいつもどおりおもくそ遅いタイムでクリア。

 公式記録

 57分59秒 332/463(出走)

 
 悔しいがスイムはホントにダメだ。次週の皆生の練習ってことにしておく。



 〜 バイク 55km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 T1に上陸し、バイクの装備にチェンジ。
 今回は完全に山。ミドルのトライアスロンでは珍しい55kmの短めの距離設定。55kmで1379mの獲得標高だったので、走ってみて距離に納得。最後の所山は斜度がきつく脚を削られました。

クリックすると元のサイズで表示します
 使用バイク
 SCOTT FOIL10
 ホイール:Lightweight マイレンシュタイン ハッチンソン カーボンコンプ23c 前後8BAR
 ギア:QXL52−36t 11−30t
 LOOK KEOAEROペダル

 ドリンク:水
 補給食:ボンクブレーカー、マグオン、メダリストジェル、2RUN

 厳しい登坂を考え、今回はLightweightを装備。何回やってもニノ瀬で確実に30秒縮まる(当社比w)のでチョイス。
 バイクをT2からトラック搬送して戻してくれるのですが、スポークが折れてないか冷や冷やしてました。修理が出来ないホイールなので、プロレスで言うところの獣神サンダーライガーの必殺技シューティングスタープレスくらい普段は使わないホイール。ヒルクライムでしか使わないようにしてます。

 クネクネコースでアップダウンも多かったので、ロード+DHバーで全然OKなコース。DHバー無しでもいいかもしれないが、中間の22kmはDHバーが役の立つのでワタシなら付けときます。
 全体的に道も広くなく難しいコースなので、雨が降らなくて良かった。ワタシが過去出てきたトライアスロンのコースの中での感想としては難度高め。バイク練習あまりしてないとかバイクが苦手という方は厳しいと予想されるかと。
 最後の所山はパイオニアのGPSが途切れるくらい茂ってる森林浴バッチリな登坂。押してる人もちらほらいます。

 公式記録

 バイクタイム 2時間40分11秒 147位
 スプリット 3時間38分10秒 186位


 いつもどおりの展開でバイクでジャンプアップ。


 〜 ラン 20km 〜
クリックすると元のサイズで表示します
 T2トランジットではランの準備に結構時間をとってしまって、4分ほどかかってしまった。原因は靴紐とイヤホン。ちなみにイヤホンは途中で怒られ外しました。音楽聴きながらはダメでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
 最初の4kmは平地と下りですが、あとは長い上りと下りの連続。ピーク手前の9kmあたりの上りの途中、右脚の内側広筋が攣りかけて危なかった。もう少し上りが続いたら完全に攣ってた。左右バランスをレース後チェックしたら、右足の接地時間が長いので右脚にダメージがいきやすいのは明らかでした。
 
 ちなみに GCT平均バランス 左48.2/51.8右 普段はこんなに差が出ないので、上りと下りになると酷いようだ。自転車でもワタシの場合は右の方がパワーが強いので右脚の負担が大きい。

 怪我が怖くてトレランやダウンヒルランニング自体ほとんどやらないので、下りは難しかったです。おかげさまで20km程度のランで脚はバキバキに疲労。


 公式記録  

 2時間7分28秒(トランジ込み) ラン順位:201位 

 総合記録

 5時間45分38秒 総合:180位/416人(完走)

 エイジ:40-44男子 38位



 いつか出てみたいと思っていた大会に出られてよかったです。成績はショッパイですが今回の旅も楽しかった〜。歳をとってきたせいか、全国のローカルトライアスロンに出たくなってきたので、行った事のない場所でのトライアスロンに参加したいです。
 
 佐〇大学のお二人、ティムさん、フレデリックさん、またどこかの大会でお会いしましょう!広島県の皆さん楽しい苦しい大会をありがとうございました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
 厳島神社の大鳥居はカッコよかったな〜。 
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ