2018/10/11

2018長良川国際トライアスロン 〜黄金の風〜  トライアスロン

 今日は定休日でお仕事お休み。事務仕事してゴミ捨て行って会計士さんとこ行ってからのLEOMOを使って固定ローラーでセルフバイクフィット。3時間ほど掛かったけど、やっぱり実走してフィードバックしないとまだ固められない感じ。そこそこ変えたので宮古島までにポジションを煮詰めよう。

 そして月曜日に出場した長良川国際トライアスロンのレポです。

 4時半に起床し朝食。今回はバターコーヒー&ご飯お茶碗一杯&レトルトの味噌汁。自分なりにハイブリッドな組み合わせの朝食。

 起床時体重は59.8kg。久々に60kgカット。やっぱり走ってる量が少ないとなかなか落ちない。

 7月の皆生トラ後から8月いっぱいまで自分の中でオフシーズンにしてたので、練習量は少ない。そもそも10月に延期になったので出ようと思ったたぐいなんで。もうちょっと早めに準備しとけばよかったと思ったが後の祭り。
 
 ラン
 8月 25km、9月 49km 8月は体重が激増したので、怪我しないようあまりランしませんでした。
 バイク
 8月 174km、9月 352km バイクは固定ローラーでZWIFTメイン。
 スイム
 8月 4回、9月 12回 9月はスイムのヤル気出してみたw

 摂取カロリーは変わってないので、これではやせるはずがない(笑)


 7時半頃着いたら駐車場がいっぱいだったので、遠いほうの駐車場になった。歩いて受付に行ってゼッケンなどもらう。
 川の水温の関係でスタート時間が早くなったので予定が狂った。急いで準備を済ませる。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回の使用バイク CEEPO KATANA ゴールドエクスペリエンス長良川スペシャル。TVアニメ ジョジョ5部も始まった記念であります。CEEPO KATANAはCERVELO P3同様、トライアスロンでは大人気車種なので、他人とかぶらないようにカスタムペイントしました。
 8月のシマノ鈴鹿以降に乗車開始したのですが、登りもかなりこなせるし振りが軽い感じ。ハンドリングは自分にはピーキーに感じましたが慣れの問題かな。

 トランジットエリアにてバイク&その他の用具を設置し、準備体操してたら大垣ケーブルテレビのスタッフの方にインタビューされました。慣れてないのでなにもボケられなかった・・・。



 遺伝子検査で
 
 パワータイプのRR型 オススメなスポーツ ゴールキーパー

 なワタシの今年度最後のトライアスロン 9時2分第二ウェーブでスタート。
 

 〜 スイム 〜 1000m(500m x 2周)

 オリンピックディスタンスの場合。スイムは1500mなのだが、水温が低いため1000mに短縮になった。しかし、あまり冷たさは感じなかった。
 スタートはフローティングスタートで、今回は船にガッチリつかまって脚を休ませながら号砲を待つ。

 「 スクリューに巻き込まれちゃうから、あまりこっちにいちゃダメだよ 」

 とジョセフ・ジョースターと思われるオッサンに注意される。

 少しずれて船体をガッチリつかみスタートを待つ。スタートと共に船体の下をくぐって発進。1000mなんで気持ちが楽にスタートが出来ました。

 だいたいスイムが短く感じるときは イケテル!という感覚があるので、遅いなりにもいつもより自信がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 殴られもせず、平和に終了。ウェーブスタートは平和です。今年出た他の3つの大会は全て一斉スタートで、水中プロレスばっかだったから今回は幸せでした。

 公式記録 1000m 23分35秒 263位/421人スタート(SKIP込み)

 いつもよりはマシなタイム。やっぱり週3回は行かないとヘタクソポンコツスイムは伸びない。しかし、泳いでいて自分なりに少しばかり兆しが見えたので次に生かす。今回は水かさも多かったし、水もそこそこ綺麗だったので、ちょとだけ清流を感じた。



 〜 バイク 〜 40km(10km x 4周)

 楽しい楽しいバイクパート。トランジットはスムーズに出来て、オッシャ〜完璧!イクゼ〜とトランジットを終え、乗車ラインを超えてからバイクに乗ってあることに気がつく

 ゼッケンベルトぶらぶらしとるやん…。

 今回、ゼッケンはランの時に着けていればいいので、ゼッケンベルトをランシューズのところに置いておくはずだったのですが、おもっくそバイクにぶら下げたままだった。
 きっと、ケーブルテレビのインタビューのせいで、準備があわただしくなったせいだろう。危ないので完全停車し降車してゼッケンベルトを腰に巻く。クソ〜!エアロが低下する。ローパワーなのでエアロ頼りなのに大失態。これだけで40kmだと数秒〜数十秒のロス。ゼッケンビラビラはアカン。しかも止まったし。ガッカリ。

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します
Mちゃん撮影。ありがとうございます。

 二周終えたところでマグオン投入。フロントハイドレーション内のドリンクはチャレンジャー。ほとんど飲まなかったからもったいなかった。ダウンチューブのボトルは水。暑かったらかけようと思ったけど涼しかったので、トランジッション2に戻る前にちょっとだけ脚にかけました。 
 
 5kmごとのLAP

 9:29 31.6km/h 184wt 160bpm
 7:26 40.4km/h 173wt 159bpm
 9:21 32.1km/h 181wt 160bpm
 7:35 39.6km/h 174wt 160bpm
 9:06 33.0km/h 181wt 161bpm
 7:49 38.4km/h 172wt 160bpm
 8:52 33.8km/h 185wt 162bpm
 7:51 38.2km/h 167wt 160bpm
 2:03 34.8km/h 148wt 160bpm

 トータル Ave 35.3km  NP 177wt 161bpm

 バイクのサイコンはブライトンRIDER410 

 北上するときが向かい風、南下するときは追い風。単調なコースなので、そろえて走りやすい。残り8kmくらいでドラフテイング集団に抜かれ腹がたったので、ブレイクしろよ〜と声をかけ抜き返す。セコイ走り止めましょうよ。見てる人は見てますよ。

 こんな感じでバイク終了。

 公式記録 1時間13分6秒 104位 

 トランジット 手元計測 T1:1分42秒 T2:1分12秒 
 
 スプリット 1時間36分41秒 150位

 いつもどおりの流れでバイク終了。トランジット2ではソックスも履きましたが上手くいった感じ。
 

 〜 ラン 〜 10km

クリックすると元のサイズで表示します
 練習も少なく、体重落とせてない分不安しかなく、前日からメンタルで負けてました。45分目標ではなく40分目標!と言えてなければ、タイムはやっぱり上がりませんね。
 
 スタート1kmは4分前半で走ってましたが、時計を見て自分でストッパーをかけてしまいました。ちょっとペース速いかな〜?ってきつくなることを想像してしまって、イケルイケルって感覚じゃなかったのでペースダウン。メンタル弱すぎです。

クリックすると元のサイズで表示します
 感覚で走って4分35ならイケルかもって2km目は走ってたのですが、LAP見たら4分42秒…。こりゃ走れない。ダメだ…。これを維持しようっていう作戦になっちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 ヘビや!気をつけろ!

 観客の看板ステーションさんが叫んだ!危ない、もう少しで噛まれるとこやった…。助かった。 

 すいません、ウソです。

 心拍ベルトのフックが外れたので、預かってもらおうと思って心拍計投げました(笑)汗で汚れてるのにスイマセン。預かってもらってありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のデータ。45分は完全に無理やった。

クリックすると元のサイズで表示します
 そしてゴール。

 公式記録 46分40秒 152位 

 総合記録 2時間23分21秒 142位/381人完走

 エイジ 40〜44M 19位


 こんな感じで終了しました。それなりの結果で、練習に比例した結果でした。スイムが1500だったらもっと遅かったと思います。タイムは向上できませんでしたが、今回は終始楽しくトライアスロンできたのでそれは良かったかな。来年もトライアスロン楽しむで〜。タイムは絶対上げる。

 ボランティアの皆様、運営の皆様、選手の皆様お疲れ様でした。Mちゃん、写真いっぱいありがとうございました。
3

2018/7/19

全日本トライアスロン皆生2018B  トライアスロン

 バイクトランジットエリアに戻るとOさんとバッティング。今年は知らんオッサンとしゃべてなかった(笑)

 〜 ラン 42.195km 〜

 ランの格好に早着替え。今回も日差し対策でお手製の半袖ボレロを纏いました。見た目は完全に長州小力なのですが、熱射病でコロリするのは勘弁なのでカッコ悪いとか言ってられない。
 Oさんが準備を終えて出発後、ワタシも準備を終え出発。トランジットエリアのエイドで早速水をドバッっとかぶりビチョビチョ。気が付いたらバイクグローブはめたままだった。体育館の端っこに置いて帰りに取りに行く作戦。

 このグローブは終了後取りに行くのをあっさり忘れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 緑マークがスタート途中でキレテマス。ガーミン32km(赤マーク地点)で電池切れ。享年44歳。
 右上の半島の先っちょに前日に参拝した美保神社があります。

 2016佐渡のランで普通に走って最初の10kmで潰れたので、今回は慎重に6分半あたりの超ユルユルランで入る。先に出たOさんもパスし、慎重に走り最初のエイドでも水をかぶる。とにかく冷却重視。
 信号ストップで何度かつかまるので、これもいい休憩になりkm7分台くらいになったりするが、脚の温存のため抜かれまくっても気にしない。勝負は後半だ!と思ってユルユルランを継続。
   
クリックすると元のサイズで表示します
 だがしかし、温存して走ってたのだが、15km過ぎたところで

 アカ〜ン

 陸橋というか大きな橋の上りで走れなくなって歩いてしまった。宮古島のランが上手くいってただけに凹みました。ボッキリ心が折れました。折れたついでにオシッコした気がする。

 そこからは抜かれまくりケツまくりで、先ほどまではスイマセンでしたランニング祭り。やべ〜やべ〜と思いながら苦しみのランになってしまい散々でした。

 ハーフの境港の折り返し付近でなんとOさんにパスされる。Oさんが復活してビックリ。初めてランでOさんに抜かれて凹む。
 完全に脚がないおまけに熱すぎで、これは終わったなと思いました。気持ち悪くてジェルも食べられないし、OS1でおなかはたぷんたぷん。吐いたら完全に脱水で終わる状態。

 どこかのエイドで
 「 ジェルいりますか! 」 と言われましたが

 「 ジェルはいら〜ん! 」 と宮川大輔風に言ったらウケタので嬉しかった。

 ケツ周りの筋肉も痛くなってきたので、デカイ氷袋をもらって冷やしながら走る。

 折り返しのエイドで再びOさんをパス。ここのエイドで禁断のコーラ投入。

クリックすると元のサイズで表示します
 コーラは回復も早いけど、身体が疲弊した状態だと内臓への負担が大きいため、吐く可能性が高く、ホントはもっと後で取りたかった。補給食を全く受け付けない状態だったので、ここで手を出してしまいました。

 しかし、今回はこれが功を奏し、意外と走れるようになった。糖質&カフェインさまさまです。スピードは遅いですが、走る気力が出てきてなんとか走れるようになって来ました。自己分析的にはどうやら低血糖状態だったようです。

 32kmでガーミンの電池が切れ、タイムとかは全くわかりませんでしたが、タレタレなんでもうタイムとかどうでもいい。早く終わらせたい…。

 残り3kmくらいの所で、蜘蛛のジャージの人とよくバッティングするので、話しかけたら山口県の人で、偶然にも前日に美保神社に参拝に行ってたことで話が盛り上がった。その方も昨年、皆生に出てたようで、もうすぐ終わりですね〜とか残りわずかのコース状況を語り合いながらランデブー。

 ゴールとなる競技場に入る前に、ワタシは脚がないので、先に行ってくださいとゴールを譲り、その方から遅れること数十秒しワタシもゴール。

 公式記録
 
 5時間37分07秒 401位

 総合 12時間16分08秒 331位/750人完走



 今回は、というか今回もきつかったけど、2016佐渡以来の厳しさでした。昨年の皆生は曇りで幾分涼しかった。灼熱の皆生を味わえて、これがホントの皆生トライアスロンか!と厳しさを思い知らされた大会でした。

 結果的には、昨年よりもランでの遅れが響きタイム、順位共に大幅ダウンで失敗トライアスロンでした。おそらくこれでしばらく皆生トライアスロンにはエントリーしないので、何年後かに再度チャレンジしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のOさんの根性はすごかった。今回は完全に負けたと思った。さすがに4回も皆生に出てるだけあるわ〜。Oさんお疲れ様でした。ワタシは来年は行きませんよ(笑)

 皆生トライアスロン運営の皆様、伝統の大会に出場させていただきありがとうございました。ボランティア、スタッフの皆様、暑い中のサポートありがとうございました。
 西日本豪雨災害で被災された皆様、このような時期にトライアスロンさせていただき申し訳ないです。
 
 いろいろ含めて、ありがとうございました。出場された選手の皆さんお疲れ様でした。
9

2018/7/18

全日本トライアスロン皆生2018A  トライアスロン

 〜 バイクパート 140km 〜

 トランジットでワンピースを着てボディはエアロ化。ヘルメットは今回はSCOTT CADECE+のセミエアロヘルメット。シールドバイザー付きのRUDYのBOOST01と迷ったけど、日差しが強いことを想定してヘルメット+アイウェアの組み合わせ。アイウェアはRUDYのトラリクス マルチレーザーオレンジレンズ。
クリックすると元のサイズで表示します
 SCOTT FOIL10

 GOKISO GD2 38mm ミシュランパワーコンペ23+25c 前後7BAR
 ROTOR QXL 52-36t アルテグラ 11-30t
 SANMARCO ショートフィットレーシング サドル
 PD-9000 SPD-SL
 チェーンオイル UFO DRIP

 昨年と変更した部分。GOKISO 38mmとコスミックプロカーボンSL USTとメチャクチャ悩んだのですが、営業さんにGOKISOで行きますわ〜と言っちゃったのでGOKISOで。コースがテクニカルなので、雨だったらブレーキ性能も含めMAVICのUSTにしてた。

 補給食
 ボンクブレーカー1個、エネモチ2個、マグオンジェル4個、スポーツ羊羹1個、2RUN 2包
 
 ドリンク
 OS-1と水。エイドで麦茶。

 宮古島で少し補給食が足らなかったのですが、今回は多かった。結局レース中はエネモチ1個、2RUN1包は取れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
 常時快適に走行できましたが、失敗したのは心拍ベルトを忘れてしまったこと。仕方がないので手首計測型を使い心拍は管理してました。パワーメーターと心拍で普段は管理してるのですが、手首計測は計測値が不安定なんであまり使いたくなかった。電池も減るし。
 
 ニノ瀬に毎週行くようにして多少上り対策はしていったので、昨年よりも速く走れる、上れるはず!と思ってましたが、体重が昨年と比べ56kg→59kgでは速いわけない(笑)
 
 昨年走ってるので、コースもうる覚えですが記憶に残ってたので昨年よりは安心感がありました。補給もそれなりに上手くいき、冷却も考え後半はエイドで水とお茶をかぶり走りました。暑いので水でもお茶でもなんでもかぶれます。コーラはかぶったらえらいことになるので、そこだけはミスしませんでした。

 
 ガーミンデータ

 経過時間 5時間21分13秒 Ave118wt/507wt NP134 142/162bpm

 皆生が140kmで約1900m、2週間前の宮島が55kmで1800m。宮島のバイクコースえぐい(笑)
 
 
 公式記録

 5時間27分33秒 234位  スイム+バイク順位 297位



 いつもどおりバイクでジャンプアップ。脚を残すべく、データどおりバイクではあまり踏んでないのですが、昨年と比較すると


 昨年 Ave123wt NP139 136/155bpm 
 5時間32分17秒 316位  スイム+バイク順位 351位

 昨年よりも順位、タイムは上でパワーは低く、心拍は高い。バイクタイムは若干のコース変更及び信号待ちにあまり引っかからなかったことがタイムアップにつながったのだと思います。心拍は暑かったこともあると思いますが、昨年は胸計測で今年は手首計測なので計測としてはダメデータ。

 バイクを終えるまでは今回もいまんとこ上手くいってるかも!と思ってました…。


 そして最終種目、灼熱のラン 編へ 

 
 また次回。ささ仕事しよう。
3

2018/7/17

全日本トライアスロン皆生2018@  トライアスロン

 今回の皆生、というかロングは厳しさを思い知らされた大会でした。きつかったな〜。

 とりあえずレポです。


 AM3:30起床、早速朝食。インスタント味噌汁、トマトジュース、ソイジョイ4本、バナナ2本。

 4時半ごろに米子を出発。スイムスタート地点及び、トランジットエリアとなる皆生温泉街に行く。

 バイクをラックにかけて、バイクとランのトランジッションバッグを所定のエリアにセットし、受付とトイレを済ませ、ごそごそと準備。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回は補給食はバイクに全部取り付け。

 6時30分にスイムアップへ向かう。今回のスイムは3km。2週間前に宮島で2.5km泳いでるので怖さはさほどない。水は先週の豪雨のせいもあるかもしれないけど濁ってる気がしました。流木に注意してくださいと言われるが、無かったのでよかった。

 フローティングスタートなので、ヘタクソなスカーリングとヘタクソな立ち泳ぎで耐え、7時ジャストスタート。

クリックすると元のサイズで表示します
 コースと軌跡はこんな感じ。

 2週間前のトラウマがあり、バトルを避けたくスタートはアウトから入りました。それでもしばらくは魚群状態でぶつかりまくりのスイム。行きしなは進みが悪かったので、なかなか500mいかね〜な〜と思いながら泳ぐ。今回は背中に乗られるが一回と肘打ちでゴーグルバイ〜ンが一回でまだましだったかな。ホントスイムのバトル怖いです。乗っかったり引っ張ったり殴ったりするのヤメテ。

 美保神社で前日お参りしたから大丈夫や〜とポジティブに泳ぎ、折り返しで浜に上がり、エイドの真水で口をすすぐ。あと半分半分。そして再スタート。

 幸いなことに今回はふくらはぎの脚攣りしなかった。ロングのときはやっぱり事前のケアは大事だな。宮島のときはふくらはぎの疲れがあったけど、ケアを怠ったのがあり両足が攣ってしまったからね。LEOさん行っといて良かった。

 帰路は追い潮?っていうの?スゴイ流れでスピードが速くなって楽しかった。こりゃ速く帰れるぜ〜とちょっと喜ぶ。ちなみに周りも当然速いってことだ(笑)

 ゴール手前200mあたりからはより集中する。トライアスロンでの水の事故ってだいたいゴール手前でなんかあるっぽいので、変調を感じたらやめようと思ってた。
 出発日の前日に軽い目眩が出たので、スイムは少々不安もあった。宮古島後、目眩で倒れてからスイムでのブレスは右だけしかできなくて(途中で変えると目が回るため)、両サイドでのブレスが厳しい。海で目眩でたら…怖い。美保神社でお参りが良かったことにしておこう。


 公式記録

 スイム 1時間11分28秒 715位/900(スタート)



 安定のダメッぷりで昨年よりも7分近く遅いという現実。それにしても遅すぎる。純粋にスイムの練習量を増やしたほうがいいのは間違いない。何年やってんだか(笑)スイムは嫌いなんで仕方が無いな。昨年よりも泳いでないのが成績にモロにでてる。猛省。


 とりあえず無事ゴールし上陸。小走りでトランジットバッグを取りに向かい、楽しみのバイクパートへ


 続く。
5

2018/7/4

みやじま国際パワートライアスロン2018  トライアスロン

 先日の みやじま国際パワートライアスロンのレポです。

 5時半に起床しバナナ2本&トマトジュースの朝食。バイクトランンジットのT1で最終受付があるので、6時半に宿を出て歩きながらソイジョイ4本を食べ朝食パート2。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 バイクは前日に設置。土曜日は風と雨でかなりバイクがぶらついていたので、サドルをラックにしばりつけ、ガムテープでフォークとホイールを固定しておきました。Lightweghitのホイールが壊れていないか(特にスポーク折れ)心配でしたが大丈夫でした。
 雨が予想されていたのでチェーンオイルは今回はGOKISOの試供品のチェーンオイルを使いました。オイルは落ちていなかったので良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
 ヘルメット、バイクシューズ、ジャージなどをバイクの足元に準備し、いざ対岸の宮島へ。画像の船でノルマンディ上陸作戦。

クリックすると元のサイズで表示します
 宮島側に上陸し、厳島神社で安全祈願の参拝。初めて行ったのですが、カッコイイ神社ですね〜。鹿もいっぱいいました。
 回廊を通り抜けスイムエリアへ。


 〜 スイム 2.5km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 今回は2.5kmのスイム。
 9時半スタートでこんな感じのコースでした。ちょうど3のところでオレンジのブイがあり、そこで右に曲がるコースになってます。潮の流れとかはよくわかりませんでした。
 今回のスイムでは初めて、後頭部を握られ沈ませてくる選手がいて死ぬかと思った。スイムのバトルを勘違いしすぎてる。身体とか足とかはしょっちゅうあるのですが、確実にガシっと持たれ押さえつけられたので危険すぎる。ゴーグルもずれて付け直す羽目になったし、マジで勘弁です。ブレスのときじゃなくて良かった。
 
 この2ヶ月、週1か2程度であまりスイムに行けてないので2.5kmは不安でしたが、左右各1回の脚攣りで済んだのでまだよかった。とりあえず苦手なスイムはいつもどおりおもくそ遅いタイムでクリア。

 公式記録

 57分59秒 332/463(出走)

 
 悔しいがスイムはホントにダメだ。次週の皆生の練習ってことにしておく。



 〜 バイク 55km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 T1に上陸し、バイクの装備にチェンジ。
 今回は完全に山。ミドルのトライアスロンでは珍しい55kmの短めの距離設定。55kmで1379mの獲得標高だったので、走ってみて距離に納得。最後の所山は斜度がきつく脚を削られました。

クリックすると元のサイズで表示します
 使用バイク
 SCOTT FOIL10
 ホイール:Lightweight マイレンシュタイン ハッチンソン カーボンコンプ23c 前後8BAR
 ギア:QXL52−36t 11−30t
 LOOK KEOAEROペダル

 ドリンク:水
 補給食:ボンクブレーカー、マグオン、メダリストジェル、2RUN

 厳しい登坂を考え、今回はLightweightを装備。何回やってもニノ瀬で確実に30秒縮まる(当社比w)のでチョイス。
 バイクをT2からトラック搬送して戻してくれるのですが、スポークが折れてないか冷や冷やしてました。修理が出来ないホイールなので、プロレスで言うところの獣神サンダーライガーの必殺技シューティングスタープレスくらい普段は使わないホイール。ヒルクライムでしか使わないようにしてます。

 クネクネコースでアップダウンも多かったので、ロード+DHバーで全然OKなコース。DHバー無しでもいいかもしれないが、中間の22kmはDHバーが役の立つのでワタシなら付けときます。
 全体的に道も広くなく難しいコースなので、雨が降らなくて良かった。ワタシが過去出てきたトライアスロンのコースの中での感想としては難度高め。バイク練習あまりしてないとかバイクが苦手という方は厳しいと予想されるかと。
 最後の所山はパイオニアのGPSが途切れるくらい茂ってる森林浴バッチリな登坂。押してる人もちらほらいます。

 公式記録

 バイクタイム 2時間40分11秒 147位
 スプリット 3時間38分10秒 186位


 いつもどおりの展開でバイクでジャンプアップ。


 〜 ラン 20km 〜
クリックすると元のサイズで表示します
 T2トランジットではランの準備に結構時間をとってしまって、4分ほどかかってしまった。原因は靴紐とイヤホン。ちなみにイヤホンは途中で怒られ外しました。音楽聴きながらはダメでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
 最初の4kmは平地と下りですが、あとは長い上りと下りの連続。ピーク手前の9kmあたりの上りの途中、右脚の内側広筋が攣りかけて危なかった。もう少し上りが続いたら完全に攣ってた。左右バランスをレース後チェックしたら、右足の接地時間が長いので右脚にダメージがいきやすいのは明らかでした。
 
 ちなみに GCT平均バランス 左48.2/51.8右 普段はこんなに差が出ないので、上りと下りになると酷いようだ。自転車でもワタシの場合は右の方がパワーが強いので右脚の負担が大きい。

 怪我が怖くてトレランやダウンヒルランニング自体ほとんどやらないので、下りは難しかったです。おかげさまで20km程度のランで脚はバキバキに疲労。


 公式記録  

 2時間7分28秒(トランジ込み) ラン順位:201位 

 総合記録

 5時間45分38秒 総合:180位/416人(完走)

 エイジ:40-44男子 38位



 いつか出てみたいと思っていた大会に出られてよかったです。成績はショッパイですが今回の旅も楽しかった〜。歳をとってきたせいか、全国のローカルトライアスロンに出たくなってきたので、行った事のない場所でのトライアスロンに参加したいです。
 
 佐〇大学のお二人、ティムさん、フレデリックさん、またどこかの大会でお会いしましょう!広島県の皆さん楽しい苦しい大会をありがとうございました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
 厳島神社の大鳥居はカッコよかったな〜。 
4

2018/5/9

宮古島トライアスロン完走記CFINAL  トライアスロン

 宮古島レポはこれでおしまい。

 宮古島市陸上競技場がバイクのゴール。そしてランのスタートでありゴール地点。片道21kmの往復コース。
 トランジットでバイクを降り、ランの服装に着替え。ヘルメット取ってワンピースを脱いでグローブ外してシューズ履き替えて、今回はランのお供にiPodシャフル&イヤホン。使用不可と書いてなかったので音楽でしんどさを紛らわす作戦。

 シューズは最大限にクッション性を活かしたかったので1回だけ5kmのジョギングで使って、今大会で2回目の使用となるアシックスのNOOSA FF。ソックスはお気に入りのSWIFTWICK。インソールはもちろんカスタムバランス(ブルー)です。靴擦れ、まめ、水ぶくれ全くなし。
 
 補給食としてジェルは背中のポケットへマグオンx5、メイタンx1。日焼け対策でアームカバー&自作ボレロ(いらないTシャツで前日に作成)も装着しいざ出発。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 真ん中の青線右下に向かって走り先まで行ったら折り返し。写真無いですが、折り返し地点には宮古島まもるくん像が待っていた。


 宮古島に向けてのラントレーニング量
クリックすると元のサイズで表示します
 月間のランは45〜80km。4月は宮古島大会の42kmも含まれてます。3月に落車して捻挫をしてしまって、ラントレのメニュー変更せざるを得なかったのでちょっとプランが狂った。
 週1〜2のドリルかインターバル、メインは30分のジョギング。11月のいびがわマラソンハーフが最長。20km走、30km走はこの間ゼロ。経験、キャリアもあると思いますが、自転車もちゃんと乗ってたらフルマラソン完走程度なら、戦略とペーシングで月間このくらいの量で十分完走できます。速くは走れませんが。
 ランの距離は少ないですが、毎日のストレッチ、地味に一番取り組んでいた姿勢保持のためのコアトレとモビリティ&スタビリティ向上のエクササイズなどのサブトレーニングの影響は大きかったと思います。

 最初の1kmはイヤホンのコードが絡まっていたので歩いてスタート。42kmもあるのでここは慌てない。歩いてる選手やゆっくり走ってる選手もいますが、軽快な走りで抜き去っていく選手もいます。ワタシは無理。

 暑いのでしょっぱなのエイドから水かぶりまくり。6kmくらいのところで某自転車店の社長を発見し軽くお喋りしてからパス。バイクがメチャ速いのですが脱水でペースダウンしてた。
 
 10kmくらいのところで先頭のキャメロン・ブラウンとすれ違う。やっぱりプロは次元が違う。普通の顔してメチャクチャ速かった。プロの走りが見れて良かった。

 この辺で、今日は明るいうちにゴールできそうかも!と思ったけど、自分もいつ潰れるかわからない。ロングはじわじわ襲ってくる?体調不良がほんと怖い。慎重に走る。

 しばらく走るとまさかの師匠がスローダウンしてる。すげ〜抜き辛い。憧れの師匠58歳。50オーバーのトップエイジ。ベテランでも身体の変調は人間なので起こる。ロングディスタンスはこれが怖い。師匠に挨拶をして抜かせてもらう。

 15〜6kmくらいの地点でだんだん折り返して戻ってくる選手を多く見るようになる。ワタシの周りの選手も走ったり歩いたり。

 ずっと曇りだったので、折り返し地点のエイドで自作ボレロを捨てて、宮古島まもる君像の頭ポンポンして帰路へ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回のペースはこんな感じ。

 どこらへんか忘れたけど、右足首の痛みが始まった。これはもうお付き合い。ロングでは毎回なるので氷水をかけたりエイドでエアサロンパスをかけたりして耐える。ケツ筋も疲労で痛くなってきた。
 今回は初めて左膝に刺すような痛みが出始め、今回は痛いとこだらけになってきたが、脚の筋肉は問題ない。とりあえず耐えまくってゴールへ。
 ゴールの残り2つ手前のエイドステーションからコーラチャージ&メイタンサイクルチャージ金投入でペースアップを試みる。2017皆生と2016佐渡では出来なかったけど今回はなんとかペースアップ成功しゴール。明るいうちに帰ってきたぜ〜。

 エイドとオシッコ以外歩かずにゴールできたことが今回の大収穫。今まで出場したロング7大会で一番上手く走れたので、目標タイムには届きませんでしたが嬉しかったです。


 公式記録

 4時間49分11秒(トランジット5分53秒含) 353位/1271人 
 ラン棄権 221名
 

 総合記録
 
 11時間14分34秒 321位/1270(完走)
 40〜44歳 47位


クリックすると元のサイズで表示します


 というわけで、今回もゲームが終わった。走ってるときはしんどいですけど、終わったら楽しかった思い出しかない。
 出場してみて宮古島が人気がある理由がわかったし、来年も抽選が当たり出場できたら是非 免許証を忘れずに 参加したい。修正したい点もいっぱいあったしね。
 大会運営の皆さんありがとうございました。そしてウエサカカスタマーの皆さん、長い休み取っちゃってスイマセンでした。これが現在の私の生甲斐。家族のおかげ皆様のおかげで活動できると思っております。ありがとう。

 次は7月の広島の宮島パワートライアスロン、そして2回目の出場となる鳥取の皆生トライアスロンの中国遠征シリーズ。体調に気をつけて頑張ります。次の皆生こそは最後のランで4時間半切る。
12

2018/5/6

宮古島トライアスロン完走記B  トライアスロン

バイク編の続き

クリックすると元のサイズで表示します
島のいたるところにこういった看板が飾ってあります。

メカトラのIさんとお別れし再出発。

クリックすると元のサイズで表示します
CERVELO P5Six 主な仕様
GOKISO GD2 50mm ミシュランパワー コンプ23c&25c 前6.5 後6.0
DASH TT9サドル
SRAM RED etap
Q-RINGS 53t + Biocncept 38t カセット11-28t
PD-9000(SPD-SL)

補給食(食べた順)
ボンクブレーカーx1
スポーツ羊羹x1
エネモチx1
マグオンx4

ドリンク

エイドでアクエリアスのボトルを補給


2RUN 1包(2錠)

 補給に関しては人それぞれだと思いますが、いっぱい持っていっても気持ち悪くなって食べられないので少なめ。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
 @最初のポイントはなんと言っても伊良部大橋。少し雨が降っていたのでどうか強風になりませんようにと思いながら通過。4kmくらいあるので不安でしたが伊良部島を半周し戻ってくるころもシャワー程度の小雨で無事クリア。

クリックすると元のサイズで表示します
 A池間島へ向かうところは海岸沿いや市街地を抜けるルート。このあたりも脚が全然フレッシュなんで快適に走れる。池間島の橋は行きは通ったのを覚えていたのですが、帰りに通った記憶が無いので不思議だった。走行中に「いつ戻ってきたんや?」と記憶喪失になってました(笑)
 ここも横風がなかったので助かりました。突風&横風情報をいっぱい聞いてたので、常にセーフティファーストな走行を心がけました。

 B南西に向かうルートは自分の宿のまん前を通るので、この部分のコース状況は把握していたため、脚を残しながら走行しました。向かい風とアップダウンのあるルートなのでここでも脚をセーブ。

クリックすると元のサイズで表示します
 東平安名崎の灯台(マップ右下)で折り返す頃にはバイクマーシャルが多く見られました。ドラフティングを取られてゼッケンに赤マジックスラッシュされてる選手がちらほら。
 ワタシの近くでもオレンジのSHIVでグリーンジャージの選手がやたら引っ付いてるので、注意するといなくなりました。ワタシをマーシャルと間違えたんかな?
 宮古島はバイクマーシャルが多いので助かります。せこい走りするからドラフティング取られるんだよね。大きい大会でそんなん違反して欲しくない。いままで出た大会で一番マーシャル見た気がする。ほんとありがたい。
 中盤のこのあたりでもまだまだ選手が多かったので、順位的にはだいぶ後ろの方やな〜と思いながら走ってました。

 C付近で東商会社員さんたちのCERVELO特設応援があったので声援に答える。この辺になってくるとバイク数がまばらになってきた。アップダウンはあるもののメチャクチャ楽しいコースでこの辺でいっぱい抜きまくりました。


 脱水や補給の失敗はなかったものの、140km付近でお腹が空いてきてしまい、そのときは補給食がゼロだったことが危なかった。次回はもうちょっと補給食を持っていかねば。
 
 途中で「早くランに行きたい!」と思えてきたので、今回も自分なりにバイクパートは上手くいった感じ。自分の場合、失敗してると「ランに行きたくない…」となるので、昨年の皆生、一昨年の佐渡同様スムーズにランに入ることが出来ました。


 宮古へ向けてのバイクトレーニング量
クリックすると元のサイズで表示します
 だいたい月間350〜480km前後。時間が取れないのでロングライドほとんど出来ない。ローラーメインで1回で100km超の外練習はたしかゼロ。4月のグラフは宮古島大会のバイクパート込みです。 

 体重は大会前自宅で測定し、57.4kg、体脂肪8.4%。そこそこ体重軽い方なので平坦の多い宮古島では苦戦しそうと思いましたが、終わってみれば

 157km 5時間10分 30.4km/h 123wt 140bpm ガーミン手元計測

 でバイクパートクリア。毎回ショボパワーですいません。電動アシストついてるんすよ。すいませんウソです。
 ポジション、装備品やコース戦略、そして研究していったスマートライドが上手くいきました。ロングのトライアスロンでは初めてAve30km/h越えできて嬉しかったです。いかにして少ない練習で且つローパワーでそこそこ長距離を楽に速く走れるかを自分なりに研究してます。
 手前味噌ですが、CERVELO P5は確実に速いと思ったし宮古島のコースにはベストな選択だったかな。テクニカルなコースじゃなかったし。

 公式記録

 5時間18分51秒 275位/1492人 
 スプリット 6時間25分23秒 367位
 バイク棄権70名


 スイム1021位からいつもどおりバイクで大幅ジャンプアップ。やっぱりバイクパートが一番楽しい。今回も脚は残ってるぜ〜。

 そして楽しみにしていたランパート42.195kmへ


 続く。
5

2018/4/26

2018宮古島トライアスロン完走記A   トライアスロン



 スイムスタート
youtubeに上がってたので埋め込み。

 スイムは1500mの二周回で3km。一度陸に上がれるので泳ぎがヘタクソなワタシとしてはありがたい。
 スイムは3種目で一番苦手。あまり後ろから行くのもそれはそれで大変、今回はやや適当な場所からになった感じ。のしのし歩いて胸くらいになったところで泳ぎ始めました。

 1500人一斉スタートなので、スタート直後は完全にもみくちゃ。そんな状態でも

 平泳ぎニスタ登場。 

 ホントに勘弁してくれ。平泳ぎの人は後方スタートでお願いしたいです。抜きたくても周りに人がいるから抜けない。外れクジひいた気分です。しかも優雅に泳いでる(笑)
 何のためにスタート分けしてるのか。ロングの大会に出るのに、平泳ぎって完全に脚使いまくっててロスが大きすぎやん。ヘッドアップのときだけとか、数回だけとかならわかるけど

 ずっと て…。むしろ疲れるやん。スイム下手な自分が言うのも何なのですが。

クリックすると元のサイズで表示します
 でワタシの二周回。これがまたスイム10位のI君の軌跡を見せてもらったら、それはそれは直線。ちなみに流れがあったね〜とか言われてましたが、下手なので泳いでる最中はわかんなかったです。こうやって見ると二周目はビロ〜ンて広がってるので流されたたんやな〜とわかる。

 遅かったけど、酔うこともなく気分的には楽に泳げてた。ガーミンもボタン押されずに動いてたので今回はちゃんと計測できてた。

 こりゃ結構いい感じでいけてるんじゃね〜か!と上陸し腕時計を見ると58分台。今回はいい感じじゃね〜か?

 そしてスイムフィニッシュバッグのエリアに突入すると

 ポツ〜ン とブラブラしてる905番のバッグを瞬時に発見。

 「 あ、今回も遅かったわ 」

 ホントにショボイスイムスキル。まぁ仕方ない。次々。



 袋を持ってはだしで走ってバイクトランジットエリアに向かい、テントの前でバイクの格好に着替える。

 ショートのトライアスロンのときはソックスを履かないのですが、今回はロングなのと走行中の雨も想定して、擦れ防止のためソックスを履く。
 ジャージは昨年作成したロード用の半袖エアロスーツを着てエアロ武装、グローブもはめて快適に。半袖ジャージと最後まで迷ったけどバイクへの補給食の積載がうまくいったのでワンピースにしました。ちなみに日焼け対策でもあります。 
 トランジットがロングはショートほどせせこましくないので、シューズは今回はトライアスロン専用ではなく、シマノのロード用シューズ(R320)を使用。

 ウェットスーツ、スイムキャップ、耳栓、ゴーグルをバッグに押し込みトラックに預けて、バイクラックまで行き、ヘルメットかぶって乗車ラインまで小走りして、バイク出発。


  公式記録 1時間6分32秒 1021位/1572人 スイム棄権10名




 〜 バイク155km 〜

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のバイクはロングディスタンスで実は初使用となるCERVELO P5Six
 「 宮古島に当たったらCERVELOで走りますね〜。 」と輸入元にずっと言ってたので、ようやく実現。なんせ落選ばかりだったので。このバイクは自分なりにいろいろやりつくしてしまったので、そろそろ売却しようと思います。気になる方はお問い合わせください。

 東急リゾートを出てしばらくするとワタシを呼ぶ声が

 「 ウエサカさ〜ん、△※〇〜□△〇※〜… 」

 あんだって?

 スローダウンしてよく聞くと

 「 変速動かないです〜 」

クリックすると元のサイズで表示します

 ロング初出場のIさん、まさかのメカトラでヘルプ…。まぢか〜。

 脇に止まって、降車しバイクをチェック。Di2なんで、配線抜けてないか確認するも大丈夫、バッテリーを一度外しても無反応。ジャンクションのスイッチ押しても無反応…。朝は動いていたらしい。なんで?って焦る。全然わからん。めちゃめちゃ慌てる。

 まだスタートした間際なので、メカニックに行くことを促す。何も出来なくて申し訳なかった。電動シフトの怖いところ。
 
 ※レース後に連絡があったのだが結局バッテリー切れをしていたようだ。よりによって大会の日にとは。電動シフターをお使いの皆さん、バッテリー残量チェックはレース前必ず行いましょう。

 後ろめたさはあったものの再出発。空は曇り空。



 続きは次回。
8

2018/4/24

2018宮古島トライアスロン完走記@  トライアスロン

 無事帰宅。
 半袖短パンにて帰宅。中部地方はバンバンに雨が降ってて駅では完全に浮いたヤツでした。

 早速レポートおば。


  
 師匠のアドバイスで木曜から現地入りすることにし、初めて長期滞在するトライアスロンになった。

 落選落選落選落選でようやく出場できることになった宮古島。現在4箇所で国内ロングディスタンストライアスロンは開催されてるわけですが、宮古島はほんとにようやく出させてもらえたって感じです。
 ですが、自分的にはキャリアがやや熟成した状態で挑めるので、準備や戦略も入念にしていった分めちゃくちゃ楽しみでした。

 メイン会場から8kmほど離れたところに宿を取っていたのですが、まさかの免許証忘れで予約していたレンタカーが借りられず、2日間は自転車で移動。現地でレースまでの完全休足プランが丸つぶれでした。
 
 金曜入りする滋賀のHさんから電話があり、免許証をハンドキャリーしてもらえることになり本当に助かった。Hさんは12回も宮古に出場されてる超ベテラン。本当にありがとうございました。
 金曜の夜はウェルカムパーティーで遠方の知人に会えたりとかしてとっても楽しかったです。結構いっぱい食べたしホントにサービスの行き届いた大会だと思った。

 土曜の朝にレンタカー屋へ。外は雨。脚を使いたくないし、バイクも雨でチェーンのコンディションが落ちるので使いたくない。タクシーもコストが掛かるので、小雨の中、1時間半かけてゆっくり歩いてレンタカー屋へ行く事にしました。今回の自分の調整法、自分の忘れ物のせいでちょっと失敗。途中で雨も止み、次第に熱くなる。天気がコロコロ変わりやすい。
 車で宿に戻り、バイクをトランジットエリアに設置しに行き、いよいよレースの日がキタ〜って感じになってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 レースの日は雨予報だったので、みんなバイクにビニールやバイクカバーをかけて濡れないように準備しとく。ドンキホーテ入り口にも狙ったかのごとく自転車カバーが大量に置いてあった。ダイソーにもいっぱい売ってたようだ。ちなみにワタシは128円のビニール袋50枚入り。余った分は宿のオバチャンに寄贈(笑)

 ワタシのバイクにはチェーンオイルがセラミックスピードのUFO DRIPのワックス系チェーンルブのため、雨だとすぐ効果がなくなるのでチェーンの部分にはビニールを巻いて濡れないよう処置。出店ブースでKMCの携帯用ミニチェーンルブが売ってたので、念のため購入しバイクに取り付けておきました。オイル切れしたときのパワーロスはかなり大きいので、途中で止まって注すつもりでもいました。実際、SDA王滝では途中で止まって注してますので、155kmの走行で注油で1分止まってもたいしたこと無いし、脚を残せる分効果がメチャクチャでかい。

 曇天の中、バイクの設置が終わった後はコースの下見がてら伊良部島へ向かった。

クリックすると元のサイズで表示します
 まるでドラゴンのような長い橋…。

 こ、これが伊良部大橋かよ…。

 長い…。怖い…。

 現物にビビル。ここコースにするってすげ〜なオイ。

 本島から伊良部島に渡り、伊良部島の約半分ほど回ってまた本島に戻るルート。実際車で行って確認しておいて良かった。

・大きなゴムのグレーチングで滑る
・横風が強く、時折突風が吹く

 と怖いこと聞かされていたので、行っといてホントに良かった。車でも下見することは心構えが出来るしやっぱり重要だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 伊良部島側に車の露店のカキ氷屋?があったので 宮古黒蜜ぜんざいだったっけ?を食べて気分爽快。

クリックすると元のサイズで表示します
 前日の晩飯。コレふざけてないんですよ。まじめにチョイスしてこの組み合わせ。おにぎり、かぼちゃの煮物、大学芋(中華ポテトって書いてあったw)結局ヨーグルトは食べなかったけど。絶対翌日のレース完走したいからね。
 今回はコーヒーも4日間絶ってカフェインレス生活したし、食事での体調管理には実は普段から気遣うようになりました。絶望を味わった2015アイアンマン北海道以来、栄養学とか生理学とか腸の本読んで得たネタで自分なりにアレンジしてます。
 
 今回の宮古のレースが終わった直後も、宮古そば、パン数個、コーラ数杯、宿へ戻った後もいろいろ食べられるくらい胃が好調だったので、長期に渡る体質改善も間違ってなかったことが自分なりに実証できました。



 〜 レース当日 〜

 AM3時起床。5時間ぐっすり眠れて睡眠もバッチリ。 
クリックすると元のサイズで表示します
 早速朝食。これも悩みぬいてチョイスした朝食。長時間のレースするのにふざけんじゃね〜と思われるかもしれませんが、コレもクソ真面目に考えてます。普通の短時間のレースではやらんと思います。順番も考えてるくらいなので。理解してる人はわかってもらえると思いますが。この食事の予行練習もして練習にいったりして準備してたくらいですし。

 5時前に現場に到着し、バイクを最終確認。ゼッケンナンバーを腕に書いてもらい、ドリンクをセットしトイレに行って、準備完了。久しぶりにめちゃくちゃ緊張したね。

 スイムフィニッシュバッグは東急リゾート中庭へ自分でセッティング。
 バイクフィニッシュバッグとランフィニッシュバッグはそれぞれのトラックに預ける。預けたらもう返してもらえないので、何度も中身をチェックし預ける。

 スイムスタート地点の砂浜へ行き、アンクルバンドのチェックのラインを通ると、もう戻れない。ワタシだけかもしれんが、ここはいつも不安になる。なんか忘れて無いかな〜って気になるんですよ。

 砂浜でスイムコースを見てたら緊張でゲ〜しそうになった。久しぶりにビビッてました。とりあえず水温に慣らすためにスイムアップをしに海へイ〜ン。
 ちょうどいい感じな水温でキモチイイ。そしてメチャクチャ水が綺麗、どこかの県の清流とは大違いだ。でも塩辛い。当たり前か。

 10分くらい浸かってから海から出て、砂浜でいろんな人と談笑し気を紛らわす。天気は曇りだが、風も穏やかで波もほとんど無いデュアスロンになる可能性はない。
 この日が誕生日という3名のトライアスリートが壇上に呼ばれてみんなでハピバソングを歌って場が盛り上がった。微妙にカッコつけてたハーモニカオジサンが下手クソだったのがおもろかった。

 エリート

 1時間以内

 1時間以上

 ゆっくりスタート

 自分の好きなところに並んでOKだったんで、「 1時間以上 」のところに並ぶ。U松師匠夫妻と一緒に並んだ。久しぶりに一緒のレースに出られて嬉しかったな。
 ロングディスタンストライアスロンのスイムはほとんど一斉スタートばっかなので、ほんと毎回怖いんです。
 今回のスタートは1572人とめちゃ多い。
 宮古島トライアスロンのテキスト説明文にも「水中プロレス」と書かれるくらいもみくちゃなので、ただでさえ苦手なスイムが余計に怖くなる。

 とは言うものの、並んじゃったら行くしかない。7時の号砲と共に、2018年度の最初のトライスロン
 
 第34回 全日本トライアスロン宮古島大会 が幕を開けた。


 続く。
26

2017/9/10

第37回 皆生トライアスロン Cラン編    トライアスロン

 今日も何かとこ忙しかった。ご来店まことにありがとうございます。この週末で仕事が山盛りになってやや焦ってます。 

 先週末の佐渡国際トライアスロン参加の皆様お疲れ様でした。昨年相部屋だった群馬のIさんからメールを頂き嬉しかったです。また佐渡にも出たいな〜。



 皆生トライアスロン…約2ヶ月前の大会。忘れてしまいそうなのでそろそろ最終章おば。

 皆生もロングの大会なので最後のランはフルマラソン。バイクが140kmと普通のロングの大会(180km)と比べ距離も短かったので、トランジットに戻ってくる時間が普段より当然早く、1時間半ぐらい早い。
 夏の14時台からランスタートなので暑い時間帯からのラン。ですが昨年の佐渡から、最終のランニングのスタートが楽に入れるようになったので、不安は全くなくスタートできました。

クリックすると元のサイズで表示します
 今年度のランニングの月間距離。大会も含めた距離です。少ないって言うな(笑)
 5月 木曽三川トライアスロン 10km
 6月 徳之島トライアスロン 21km
 7月 皆生トライアスロン 42km
 
 大会も練習ってことで。時間があまり取れないので仕方がない。皆生の前に徳之島を入れておいてよかった。徳之島の前に木曽三川を入れておいてよかった。

クリックすると元のサイズで表示します
 スタートしてすぐの海岸沿い。

 昨年の失敗を生かし、ジェルを背中のポケットに6個用意し走る。昨年の佐渡では3個でハンガーノックになりかけたので失敗しないように補給食は十分持っていきました。

 しばらく街中を走るのですが、数キロ走ったところでOさんをキャッチ。ペースを上げすぎないように気をつけて走る。昨年の佐渡では最初から普通に走って10kmあたりで潰れてしまったので、今回は1km6分あたりで走ってペースを落として走りました。
 序盤は余裕を持って走れてたのですが、おそらく何度もある信号のおかげか?休憩になるといえば休憩になるし、信号で止められることは普段と変わらないわけだし。
 厄介だったのは歩道橋。その手前の信号も変わるまでがかなり長く、ちょっとイライラしました。

 街中から住宅地を抜け海岸沿いを走り、また街中を走りとにかく景色の変化は多かった。ほとんど平地だし、何より助かったのは風が強かったこと。気温は暑かったけど風のおかげで水をかぶると涼しかったので、日中ランも幾分マシだった。

 途中でライバルランナーになった兵庫県のHさんとデッドヒートしてるわけではないけどデッドヒート状態に何度もなり、信号待ちでいろいろ会話をしたりして楽しかった。奥さんが岐阜の人でめちゃくちゃびっくり。世の中の狭さを感じた。

 何度も何度も抜きつ抜かれつを繰り返しようやく折り返し。帰路もHさんとトークしながらのラン。だがしか〜し。

 オーバーペースやった。

 ペースに付いていけなかった。

 享年43歳。

 ガーミンで確認したらそこからkm7〜8分台に落ちてたので。さよならHさん。と見送る。


 だがしかしあきらめてないぜ〜。今回の目標は日中ゴール。明るいうちにゴールしたるで〜。

 まだまだ全然明るいので、ペースを維持すれば明るいうちにゴールできる!

 
 そう思ったのもつかの間。


 ガーミン電池切れ

 29.54kmで計測終了。 享年43歳。

 仕方ない。手首心拍のセンサーを解除し忘れていたのでバッテリーの消耗が早かった。

 
 後は感覚で走る。なんかの工場の大きな交差点で行きも会って信号待ちでヨタ話した警備のオッサンに「 帰ってきたで〜 」と再び挨拶。なんでも毎年その交差点にいる人らしい。
 「 来年もまた来ま〜す! 」とお別れし走る。
 
 ちなみに皆生トライアスロンのエイドは全てが充実していて満足度大。間隔もちょうどいい感じでとっても走りやすかったです。

 行きでも通った歩道橋でまた信号ストップ。信号を予想してペースアップとかしたいけど無理。30km超えてからはやっぱりしんどいので。
 エイドの場所も覚えているので、もう少しもう少しと気力で走る。残り〇kmってのを見るとやっとゴールできるぜ!って気になる。
 
 ナイトラン用の沿道に設置されたライトの準備が始まろうとしているのがわかった。残り距離も数kmだったので、日中ゴールができる事を確信。

 いや〜メチャクチャ嬉しかった。憧れの日中ゴール。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみに後ろに写っている短パンBOYはリレーの方でしたが、彼との途中のやり取りもオモロカッタ。ゴール後に兵庫県のHさんを発見しガッチリ握手。前回の佐渡は群馬のIさん、今回はHさんのおかげでいい走りができた。トライアスロン最高。
 
 公式記録

 ラン 5時間1分43秒 283位 / 983(出走者) 

 11時間38分20秒 総合順位 285位 / 804(完走者) エイジ67位

 

 今回のリザルト、これでも岐阜県1位だった(笑)岐阜県は参加人数少ないので…。来年はもっと上に行けるよう頑張ろう。来年はもう少し攻略したいな〜。

 今回はゴール後も吐き気ゼロ。胃腸のコンディショニングは完璧だった。昨年の佐渡ではフィニッシュ後ゲロッて点滴打ったくらいのダメージでしたが、これも今までの経験が生かせた感じ。Oさんのおかげでレース後に鉄人ラーメンにもありつけました。

 帰りはトランジットエリアでバイクを受け取り、荷物を担いでそのままバイクで米子へ。雨降らなくてよかった。


クリックすると元のサイズで表示します
 Oさん、帰りの車ありがとうございました。今度トイカでなんかおごります!

クリックすると元のサイズで表示します
 西濃地域は全員無事ゴールしました。ピョンキチも喜んでおりました。


 全日本トライアスロン皆生大会 関係者の皆様ありがとうございました!参加者の皆様お疲れ様でした!また来年!(当たればですけど)

 というわけで今年度のトライアスロンは終了。9月からラン再開。8月は11kmしかランしてませんが、今月はいまんとこ36.5km。11月のカーフマンでベストを目指す!
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ