2010/8/8

2010古城グリーンロードレース  

いきなし結果から。
クリックすると元のサイズで表示します
こいつらスゴクね?

つうわけで、20代の部B君優勝(総合2位)、MTBの部キンニクマンことTさん優勝、ころがり道場Y君3位。
この人たちがウエサカのお客さんであることを誇りに思います。共通点はみなさん練習熱心って事です。イイモン見させてもらいました。ありがとうございました。

 12.5kmで行われた今回のレース。レースと言っても個人タイムトライアル。復活の丸岡はタイムトライアルで行われました。ロードレースではないことと、告知が遅すぎたせいもあり、参加者はいつもより少なかったかんじ。

 4時に関ヶ原を出発。今回はAさんSさんラブラブレガシー、TさんとB君は僕のラブワゴンで同行し出発。B君は緊張してると言いながら移動中すぐ寝るし、若さゆえの朝立ち(笑)してるしで緊張感ZERO。Tさんはいつもどおりマイペース。車中で食事を済ます。僕は愛妻オニギリx3。Tさんサラダパン。お客さんの誰か優勝しないかな〜なんて会話してました。

 到着後即行で受付に行きゼッケンをもらいアップ開始。
クリックすると元のサイズで表示します
 駐車場でみんなローラーコギコギ。OTOMOでBGMをかけながらアップ。サラ・ブライトマンとオフスプリング。全然違うジャンルですんません。

クリックすると元のサイズで表示します
 7時半に競技開始。T君を発見したので激写。レースは人生初エントリー。

クリックすると元のサイズで表示します
 そしてB君も発射。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 出走時間が9時20分のキンニクマンもアップ開始。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして俺も発射。今回はいろいろ悩んでこの仕様。ちなみに52-39 12-27のヘナチョコギアつけてます。

 スタート後はすぐに心拍90%オーバー。緊張がゴリゴリに表れてます。どうにかならんですかね〜。94%あたりで走行してましたが、ヤバイヤバイと思いながらも走るしかない状況です。ペダルは今回もTIME I-CLICで走りましたが内灘と同じクリートにトラブル。しかし、今回は外さずにそのまま走る。下りに到達するまではそのままで走行。
 さすがに序盤で94%をキープはまずいので92%に落とす感じでケイデンスを落としトルクで走る。コーナー二個目を曲がると向かい風。ここの南風は天気予報で予想済みだったのでキタキタって感じで、「天気予報スゲ〜」と思いながら走行。
 そこから登り口に向かうところは南南東の風でこれも予報どおり。向かい&横風区間でフロントホイールにZIPP1080を付けて行ったため結構ハンドルを取られました。この直線で3名パス。

 長い国道を終えた後コーナーを曲がり登りにさしかかり前走者発見で追っかける。フラット区間で脚使っちゃってるので登りではインナーロー使いまくり。貧脚でスイマセン。しかしながら4kmほどある登り区間もケイデンスで持っていきなんとか前走者パス。正直うれしい。今回は後続にパスされず合計4名パスできて、タイムは悪いが内灘よりはましな走りができた。結局25:23秒で33位で終了。

 競技終了後に即行で山を下ってTさん&Yさんの応援へ。
クリックすると元のサイズで表示します
 スタート前にTさんとYさんにコースの感想を話してたら、Yさんの木みたいな色した腕にセミが止まった。彼の腕は木である。9時20分にTさん発射。良いフォームしてますな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてすぐさまYさんも発射。エアロを無視した格好であるが、メチャメチャ速い。

クリックすると元のサイズで表示します
優勝し福井のケーブルテレビに取材を受けるB君。カメラ近すぎやぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
「河津落とし」を決める前の写真ではない。ゴール後マッスルブラザーズは優勝&3位で健闘をたたいあってた。

クリックすると元のサイズで表示します
このキャラだからみんなに好かれるんでしょうね〜。

眠くなってきたのでこの辺で。


・コースの感想
 平地8km、登り4km。登りもさほどきつくなく、コースも安全への配慮がしっかりとしており、様々な選手が楽しめると思います。「こういうコースは苦手」って人はわがままなだけなんじゃないかな?と思いました。今回のコースは長めの平地を取るか、短いがスピードの出る登りを取るかの戦略立ても面白かったです。ロードレースと違い、TTは安全だし完全なる力勝負なので、練習の成果や力量がモロにわかる。自分の弱点を知る上でも良い競技だと思います。
21



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ