2009/9/2

09鈴鹿その2  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 速い人にとっては楽しいチームTT、遅い人にとっては拷問のチ−ムTT。苦しくないと順位が良くないチームTT。ちなみにワタクシには今年も拷問でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 夜はオートキャンプ場でCSCのみんなとBBQ。今年は人数も多く楽しく飲めた。みんな翌日のレースのことはあんまし考えてないとこがユルくてまたイイ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
 30日、今年のエリートでは昨年よりも良い走りが出来た感じ。着る脚は持ち合わせておりませんので昨年よりも積極的に走る用心がけました。なんせ昨年は金魚のフン状態で一度も前に出ませんでしたからオトコとしてダサイ。今回はスタートもうまく出れたのでしばらくは先頭集団の前よりで走行。その後しばらくは中盤で脚を残し6周目のホームストレートで逃げの追走集団の先頭を牽けてちょっと満足(笑)。西ストレート付近まで行って他のライダーと交代。6周目のダンロップの下りで5ステージの集団が通過するとのことで下りでオフィシャルにスローダウンさせられる。どうやらその前のヘアピンあたりから完全に逃げが始まってて追いづらい状況に。ホームストレートに来た付近で皆さんサイクリングになっちゃってました(笑)。7周目は危険回避で流して終了。優勝は大垣レーシングの佐野選手でした。勝利への嗅覚がゴイス〜ですな〜。

 鈴鹿はまた来年も出ようと思います。来年はタイムアタックでもっと速く走りたい。昨年は雨もあり3:24秒、今年は晴れたので3:12秒。12秒の短縮ですが、苦手の下りをなんとかせにゃ絶対に3分切りは無いと痛感した鈴鹿でした。
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ