2008/6/23

内灘サイクルロードレース  レース&イベント

クリックすると元のサイズで表示します
6月22日 内灘サイクルロードレースの個人TT(タイムトライアル)に出場してきました。(画像はロードレース)

 開場へ行く道中の天候はメチャメチャ悪かったのですが、天気はレースが終わるまで曇りで天候的には非常にラッキーでした。今回は人生初トライとなる個人タイムトライアルのみにエントリーしており、ロードレースはエントリーしませんでした。コースは13.3kmの6つの直角コーナーを含むウルトラフラットなコース設定で、クリテリウムが好きな方やスプリンター向きなコースで、脚的に自分には不向きなためロードレースはエントリーしませんでした。

 5:45、到着後バイクをローラー台に準備し受付を済ませてアップ開始。仮設トイレの数が少ないので今回はお腹に「オモリ」を入れたまま出ることにしました。今回はTTってことでエアロヘルメット、ワンピースジャージ、シューズカバーと装備もエロエロエアロ。道路脇が駐車場なので準備をしてるとその横を自転車が駆け抜けていきます。そうこうしてるうちにチームTTが始まりました。皆さんロードバイク+DHバー、TTバイク、ディープリム&ディスクホイール、ワンピースにエアロヘルメットと通常のロードレースと違い機材もオモロイ。おそらくこの地域だけ空気抵抗がきっと少なかったと思います。

 僕はもうヤングじゃないけどカテゴリーは「ヤング」(笑)71名エントリーで64名の出走。個人TTなのでスタート台が設置されてて20秒おきに一人ずつ発射!じゃんじゃんスタートしていって自分の番。スタート台の上で主催の深谷産業の社員1人に「ウエサカさん前輪パンクしてるよ」とスタート5秒前に冗談を言われスタート。
 個人TTは初出場でなんもわからんので、とりあえず一生懸命走る(笑)前走者を目標に走るけど全然ちじまりまへん。それどころか3.6km地点で後ろの人に抜かれてしまいました。「速!」と思いましたけど、自分にはオーバーペースだったのでそのままマイペースで走行。ずっとフラットで橋の前くらいが坂というか丘?でした。前半は向かい風で33〜35km/hしか自分には出せなくて「オレ弱っ」ってマジで凹みました。最後の直角コーナー付近でまた抜かれて更に凹み(笑)ましたが、ようやく追い風になりラスト5kmは一生懸命走行。ラスト5kmはゆるいカーブが一つだけなのでほぼ直線同様なためここまで脚を残すよう走ったのですが、結構脚にきてました(ショボくてスイマセン)追い風なので残る距離は40〜47km/hで終始走行しGOAL。

 結果は46位/64人(AVE37km/h)、OPEN参加の愛三の廣瀬選手は47km/h、ヤング1位はマルコポーロのマーク・バーンズでAVE46km/h。アダルト1位はシルベストの山崎店長、みんな超速かったです。自分の平地の弱さをさらけ出した大会でした。

 個人TTはヒルクライム同様に集団落車が無いので自爆以外は安全に楽しめるところが面白い。スピード感もヒルクライムよりはあるので、スピードを楽しみたい方には是非オススメしたい競技です。ヒルクライムが軽量化なら、タイムトライアルはエアロ化。機材においても楽しめます。

 で、今回は女子個人TT出場のチーム員のYさん4位入賞!
クリックすると元のサイズで表示します
 3人抜いたそうです。次回は表彰台お願いします!

 TT中の画像一枚も無くてすいません。
 おもろかったので来年も出ます。登りがキライな人にオススメ!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ