2006/9/4

上石津逆走ルート  トレイルインプレッション

 今日も過ごしやすい一日でした。開店前に実に2ヶ月ぶりのジョギング再開。リハビリってかんじで軽めに6km。揖斐川マラソンに向けて頑張っちゃいます。

 昨日のウエサカ週末Rideは上石津。いつも走るコースを逆に登ろうっつうことでやっちゃいました。王滝前の練習になるかなと思ったのですが、意外と楽チン?に感じちゃいました。今回はほぼいつものメンバー3名+ビギナーさん1名、僕入れて5名のパック。僕はビギナーさんのホストって感じで伴走しつつのRide。今回のマシンはアンカー(XCS9)。ゆっくり登ったのであまりしんどさは感じませんでした。路面も整備された後だったのでかな〜り整地されてて登りやすかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもの最後に休憩する箇所でのショット。Mさんカメラチェック中。皆王滝前なので装備が王滝仕様になってました。

 登りきってしまったら尾根を快走。逆周りだと景色も変わってキモチイイー。やや暖斜面気味で走るのでぶっ飛ばせます。アウターギアでガンガン走れてしまいます。あっという間にいつも最初に休憩するとこまでいけてしまったのですが、結構オモロかった。最後のDHは富士見Cコース風で超楽しい。おまけに車を停めた場所まではず〜っとオンロ−ドの下りのため超快適でした。走行距離は26kmで正回りより6kmほど短め。

初心者のための店長的評価
登り難度★★★☆☆(約7kmのダートの登り。キャリアのある人は楽に感じます。)
下り難度★★☆☆☆(ダブルトラックメインですのでイージーです。)
面白さ ★★★★☆(ほとんどがダブルトラックで快走できます。景色もgood!)
危険度 ★★★☆☆(崖崩れや崩落の恐れもあるので雨が多い時期はやめた方が良い)

 走行前のクイック(レリーズ)の締め付けは確実にチェックしましょう。鈴鹿ではホイールがずれた方がいたり、先日は前輪はずれて顔面着地で前歯折っちゃった方もいらっしゃいます。毎乗車前に確実に締め付けチェックしましょう!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ