2019/5/6

ロングライドしてきたよ。  サイクリング

 昨日は臨時休業して、お客様とサイクリングをば。4月の宮古島以来、外での乗車ゼロ。結局GWもBBQ&運動会、子守などで全く乗れず。苦々しい思いでしたが、お店休んで楽しんできました〜

 I川さんの「 GWどこか行かないですか〜 」で決まったサイクリング。守山周辺をライドしたかったので、滋賀県のカスタマーのI川さんにコース設定お任せして、ワタシは着いていくだけ(笑)助かりました。

 集合場所 琵琶湖大橋の米プラザ 7:30集合

 +
  
 家から集合場所まで83kmくらい(Googleマップコース設定)
 
 = こりゃイケル!  


 AM5時

 + 

 Ave25km/h自走で集合場所へ向かう。

 = 確実に計算上間に合わない てことは 遅刻決定(笑)


 8号線をひた走る、石で出来たモビルスーツを発見し写真撮りたかったけど遅刻の身なのでそれど頃ではない。野洲あたりで電話し間に合わないことを伝える。脚を残しておかないとサイクリングできなくなるので、遅刻とわかりつつも脚を使わず走る。
 
 「じゃ 信楽駅集合で!」

 I川さんの指示で取り舵イッパイして 信楽駅へ向かう。グッチさんは自走で信楽駅で合流予定だったので、ちょうどよかった。

 久しぶりの知らんとこRIDEはたのすぃ。ルンルンで信楽駅に向かう。  

 そして10時くらいに信楽駅到着。集合場所まで102km。遠かったな。

 途中グッチさんの親族であろう陶器の置物が大量にお出迎え。信楽は陶器が有名だからね。皆さんに「 グッチさんにはいつもお世話になっております 」とご挨拶しながら走りました。

 到着後無事グッチさんと合流。腹減ったので 筍入りの釜飯と缶コーヒー でエネルギー補充。サイクリングはこれからだ。
 一緒に走るメンバーも到着し、付近にいた去勢済みドーベルマンと戯れる。グッチさんにガブッといったら面白かったのだが。優しくハンサムなドーベルマンだった。写真ナシ。

クリックすると元のサイズで表示します
 一番後ろの茶色いのがグッチさんです。ずいぶん日焼けしたな。腹も出てるし(笑)今日は日差しが強い。ワタシはアグレッシブデザインの日焼け止めで美白をキープ。

 そこから2kmでグッチさんとお別れ

 エ〜ッ

 なんでも伊賀に向かうとのこと。別に集合しなくてもよかったんじゃね(笑)
 拙者の先祖の墓は実は伊賀にあるでござるニンニン。44年間毎年伊賀上野に行ってるワタシは伊賀にはあまり興味なし(笑)
 
 サヨナラの後は信楽周辺をライドしましたがメチャ走りやすい。楽しい。車も少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
 コンビニで補給その2 

 今日は久しぶりにPINARELLO DOGMA65.1+BORA ULTRAのバリバリツーリング仕様(笑)で走ったので、下りと平地で脚残せました。TIMEで行きたかったけど、手前に置いてあったのでDOGMAで。やっぱりピナさんはレーシングな乗り味。硬いけど楽しい。新型 DOGMA F12 は住宅ローンが多すぎて買えないw

 「 宇治行きますか? 」

 と時間が早かったこともあり、急遽宇治へ行くことに。折角なんでレッツゴー。帰宅時間なんて臨時休業にしたから気にしないぜ〜。今日はバリバリフリーだ!
 そしてロングライドの必需品?輪行袋を持っていったので、いつでもリタイアしてやるぜ〜っと強気であったことは確かだ。

 宇治に行くまでも楽しい。やばいめっちゃ走りやすいコース取り。I川さん天才や。そしてPINARELLOで来てよかった。アップダウンとコーナーが適度で楽しい。イイ!

クリックすると元のサイズで表示します
 そして宇治に到着!平等院鳳凰堂をこっそり写真に収める。イマシスさんが宇治抹茶スイーツを欲しがるが、I川さんに声が届かずスルーして天丼屋へ(笑)

 天丼で脂質&糖質エネルギーを補給し、じゃ帰りますか。ってことで京都市内&鴨川河川敷でカップル達を横目に見ながら岐路へ。そしてI川さん立ちゴケ。鴨川はバイクで走るもんじゃないな。道細い。 
 
 そして大原から大津へ向かい米プラザでゴール。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 今回のサイクリングルート。I藤さんはビワイチしたことがないと言っていたが、これで琵琶湖の南側は一周周った。ワタシはスタートが違い琵琶湖大橋渡ってないので南湖一周に惜しくも成らず。帰りはイマシス号に乗せていただき家に帰りました。今回のRIDEはひさびさの150km越えの187km。ウエサカ基準では150kmを超えてないとロングライドと言わないようにしている。十二分に満足なサイクリングでした。

 一緒に行ってくれた皆さんありがとうございました!また何処か行きましょう。やっぱり知らんとこ走るのは楽しいね。自転車たのしい。
12



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ