2018/2/11

バイクフィット  バイクフィット

 今日はバイクフィットのご依頼から業務スタート。

 今回は弊店のバイクオーナー様。バイク乗車時に局所的な痛みが出ないようにするのが目的とするフィッティングのご依頼。

before
クリックすると元のサイズで表示します
 脚長差や柔軟性、筋力チェックなどの一通りのアセスメントを行い、ローラーに乗っていただきバイク乗車時のフォームなどをチェック。
 本人が気が付いていないペダリングの左右差を動画で自覚してもらい、簡単に修正のアドバイス。納車時に決めたサドル高でレンジ内だったのですが、柔軟性のチェックで裏付けしなぜこの高さにしているのかも理解してもらいました。
 (弊店のバイク納車ではある程度サドル高は見てお渡ししていますが、細かいサドル高の選定はバイクフィッティングでしか無理です。)裏付け&理詰めです。

 サドル高は変更しませんでしたが、サドルは前乗りしすぎているため20mmセットバック。BIKEFITで設けられた基準値に近づけることが目的。極端な前乗りの私が言うのもなんなのですが(笑)トライアスロンとロードでは乗車姿勢の違いがあるので、ロードの方には推奨しておりません。弊店のバイクフィッティングはあくまでもBIKEFITのルールに基づいてニュートラルにセッティングしております。(トライアスロン系はRETULの理論を採用しております)

 クリート位置は左右ともわずかに変更。スタンスを左右とも2mmほど変更しワッシャーを加工し取り付け。ストロークの変化を確認しながら作業を進めクリートウェッジもプロネーションの強い右側に1枚だけ使用。左はインソールの効果でほぼほぼ真っ直ぐ。
 インソールは以前作成したカスタムバランスを使って頂いており(ありがとうございます。)それだけでも違いを感じていただいていたので、今回のクリート位置の確定でペダリングもよりブラッシュアップすることが出来ました。

 フィッティング前に ハンドルが遠く感じる… とおっしゃってましたが、

after
クリックすると元のサイズで表示します
 サドルセットバック&ステム位置下げ、ステム長変更なしでこんなに余裕感が出せました。上半身の使い方で結構変わります。
 ステムもステムOマチックで長さをいろいろお試しいただきましたが、とりあえずは変更なし。ショルダートゥエルボーアングル、バックアングルも確認しレンジ内に納まっていることを確認していただき、フィッティング終了。今回のフィッティングは4時間半でした。

 長時間同一姿勢は厳しいです。でもある程度持続できるフォームは大事です。きついと楽しいサイクリングも楽しくないですしね。

 Iさんいつもいろいろご依頼頂きありがとうございます。今後もしっかりフォローさせていただきますので、ご質問等お気軽に。バイクフィッティングのご依頼、かさねてありがとうございました。感謝。

 PS: 指摘した例のところは直してくださいねw 
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ