2017/12/30

バイクフィット  バイクフィット

 今年度の締めはバイクフィット&ママチャリのパンク修理。

 今回は来年ロングディスタンストライアスロンに初挑戦する方のトライアスロンフィット。宮古島トライアスロンに出場されるので、ワタシも全力でフィッティングに挑みました。今回のお客様はビジター様。他店購入のバイクでもバイクフィッティングは受け付けております。

 初ロング思い出すな〜。ワタシの初出場は五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。めちゃくちゃきつかったけど完走できたときの感動は一生忘れられない。
 
 「 抽選に当たってしまったけど完走できる自信が無いので、キャンセルしようと思います…。」

 とまさかの弱気発言。ビギナーズラックってあるんですね。私は抽選通るまで6年掛かったのに。


 ロングの完走は フィッティング&戦略 で十分完走できます。トレーニングは当たり前の世界なんでそこは本人次第。

before
クリックすると元のサイズで表示します
 ロードバイクのコンフォート系のバイクなのでハンドル位置は高めで、DHバーはポン付け。トライアスロンは長時間なので、快適を考えるとこのままでも別に良いのですが、柔軟性や筋力量、トレーニング量、エアロ、快適性などを考慮してのポジション出しを行います。

 柔軟性のチェックで乏しいところがあったので、そこは柔軟性をあげてもらうよう回復と稼動域を上げるストレッチを指導。筋力チェックはトライアスリートなのでそんなに悪くない感じでした。
 
 ロードのフィッティングと異なるのはDHポジションということ。ロードバイクなので、ブラケットポジション&DHポジションの両方でチェック。ポジションの違いによるサドル高&位置を理解してもらいました。

 ペダリングチェック中に弱そうな部分を見つけたので、指摘すると「その部分が痛くなるんです!」とズバリ的中。アセスメントでは聞いてなかった部分だったので、依頼者も驚き(笑)。弱点強化のエクササイズを指導。弱い部分を理解して補強していってもらわないと一生同じ。
 
 昨日の方もでしたが、まさかの2日連続ニュートラルフット。羨ましい…。怪我のリスクが少ない。クリートウェッジは必要なし。

クリックすると元のサイズで表示します
 サドル高10mmダウン&5mmセットフロント、ハンドル高35mmダウン。右足のみスタンス変更。アームパッド位置&DHバー間隔&Di2のシフトスイッチをその場で取り付けたのでバーの突き出しも変更。エアロポジション時のブースト的に使える一時的なフォームも指導。バックアングル、エルボ〜ショルダー角もしっかり計測し微調整しながら、楽に速く走れるようにフィッティング完了〜。
 
 宮古島、絶対完走しましょう!!!!!!!!! 現地でもサポートいたします!

 今回はお顔をIRONMANロゴっぽくドットMマークにしてみましたw

 セントレア70.3も頑張ってください。ご依頼まことにありがとうございました。



 今年度最後のフィッティングがトライアスリートで、とっても楽しいお仕事が出来て幸せでした。来年も弊店サブ事業?のバイクフィッティングのご依頼よろしくお願いいたします。
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ