2016/5/3

バイクフィット  バイクフィット

 ゴールデンウィーク真っ只中。29日はほぼ徹夜からの福祉運動会の子供の撮影、30日はバイクフィットのご依頼でトレーニングは2日間お休み。かろうじて懸垂40回しました(笑)

 今回のバイクフィットのご依頼も他店購入のお客様。ポジションにお悩みとのことでご依頼をいただきました。ロングライドでもレースでも基本的なところは同じセオリーなのですが、アセスメントを行いよりベターな方向にもっていきます。

 50代の方ですが、筋力、柔軟性が乏しい部分も見られたので、そこも考慮しフィッティング開始。加齢と共に柔軟性は落ちてきますので、よりよいパフォーマンスを持続、向上しようとするなら柔軟性の維持、改善も考えたほうがいいです。もちろん筋力も。

クリックすると元のサイズで表示します
 Before

 ブラケットを持ち続けることが厳しいポジションということで、久々にステム変更を促すことに。おおよそデフォルトでも身体の使い方で多少長くてもいける場合がありますが、今回は厳しそうなため。肩も張ってますし、腕も伸びてるのでロングライドは厳しいです。どっちかというとクラシカルポジション(バイクフィットではそう呼んでます)

 今回はサドルの高さは変えずに、ステムは変更することを前提でペダリングしてもらいチェック。結果シートは5mmバック、クリート位置も上下は変更無しですがスタンスは左右とも変更。後々わかったのですが、乗車時に左脚には違和感があったとのこと。フィッティング最中にそれが改善してきてたのでよかったです。アンクリングも少々見られたので改善するようにアドバイス&レッスン。FFMDで内反足も左右差があることがわかったのですが、プロネーションは右のほうが大きかったのでクリートウェッジは左右で計3枚使用しました。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 After どっちが楽そうか一目瞭然。バイクライドは楽しくないと(笑)全てのライダーにアグレッシブなフォームが正義ではないですからね。

 ペダリングもまっすぐにストロークできるようになり、確実な違いを実感していただけました。ステムサイジング計測器のサイズOマチックで確認後、ステムは20mm短くしましたが、高さは15mmダウン。リラックスできるポジションに仕上がりました。

 ロングライドが楽しく走れるようになるといいですね。バイクフィッティングのご依頼ありがとうございました!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ