2018/7/19

全日本トライアスロン皆生2018B  トライアスロン

 バイクトランジットエリアに戻るとOさんとバッティング。今年は知らんオッサンとしゃべてなかった(笑)

 〜 ラン 42.195km 〜

 ランの格好に早着替え。今回も日差し対策でお手製の半袖ボレロを纏いました。見た目は完全に長州小力なのですが、熱射病でコロリするのは勘弁なのでカッコ悪いとか言ってられない。
 Oさんが準備を終えて出発後、ワタシも準備を終え出発。トランジットエリアのエイドで早速水をドバッっとかぶりビチョビチョ。気が付いたらバイクグローブはめたままだった。体育館の端っこに置いて帰りに取りに行く作戦。

 このグローブは終了後取りに行くのをあっさり忘れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 緑マークがスタート途中でキレテマス。ガーミン32km(赤マーク地点)で電池切れ。享年44歳。
 右上の半島の先っちょに前日に参拝した美保神社があります。

 2016佐渡のランで普通に走って最初の10kmで潰れたので、今回は慎重に6分半あたりの超ユルユルランで入る。先に出たOさんもパスし、慎重に走り最初のエイドでも水をかぶる。とにかく冷却重視。
 信号ストップで何度かつかまるので、これもいい休憩になりkm7分台くらいになったりするが、脚の温存のため抜かれまくっても気にしない。勝負は後半だ!と思ってユルユルランを継続。
   
クリックすると元のサイズで表示します
 だがしかし、温存して走ってたのだが、15km過ぎたところで

 アカ〜ン

 陸橋というか大きな橋の上りで走れなくなって歩いてしまった。宮古島のランが上手くいってただけに凹みました。ボッキリ心が折れました。折れたついでにオシッコした気がする。

 そこからは抜かれまくりケツまくりで、先ほどまではスイマセンでしたランニング祭り。やべ〜やべ〜と思いながら苦しみのランになってしまい散々でした。

 ハーフの境港の折り返し付近でなんとOさんにパスされる。Oさんが復活してビックリ。初めてランでOさんに抜かれて凹む。
 完全に脚がないおまけに熱すぎで、これは終わったなと思いました。気持ち悪くてジェルも食べられないし、OS1でおなかはたぷんたぷん。吐いたら完全に脱水で終わる状態。

 どこかのエイドで
 「 ジェルいりますか! 」 と言われましたが

 「 ジェルはいら〜ん! 」 と宮川大輔風に言ったらウケタので嬉しかった。

 ケツ周りの筋肉も痛くなってきたので、デカイ氷袋をもらって冷やしながら走る。

 折り返しのエイドで再びOさんをパス。ここのエイドで禁断のコーラ投入。

クリックすると元のサイズで表示します
 コーラは回復も早いけど、身体が疲弊した状態だと内臓への負担が大きいため、吐く可能性が高く、ホントはもっと後で取りたかった。補給食を全く受け付けない状態だったので、ここで手を出してしまいました。

 しかし、今回はこれが功を奏し、意外と走れるようになった。糖質&カフェインさまさまです。スピードは遅いですが、走る気力が出てきてなんとか走れるようになって来ました。自己分析的にはどうやら低血糖状態だったようです。

 32kmでガーミンの電池が切れ、タイムとかは全くわかりませんでしたが、タレタレなんでもうタイムとかどうでもいい。早く終わらせたい…。

 残り3kmくらいの所で、蜘蛛のジャージの人とよくバッティングするので、話しかけたら山口県の人で、偶然にも前日に美保神社に参拝に行ってたことで話が盛り上がった。その方も昨年、皆生に出てたようで、もうすぐ終わりですね〜とか残りわずかのコース状況を語り合いながらランデブー。

 ゴールとなる競技場に入る前に、ワタシは脚がないので、先に行ってくださいとゴールを譲り、その方から遅れること数十秒しワタシもゴール。

 公式記録
 
 5時間37分07秒 401位

 総合 12時間16分08秒 331位/750人完走



 今回は、というか今回もきつかったけど、2016佐渡以来の厳しさでした。昨年の皆生は曇りで幾分涼しかった。灼熱の皆生を味わえて、これがホントの皆生トライアスロンか!と厳しさを思い知らされた大会でした。

 結果的には、昨年よりもランでの遅れが響きタイム、順位共に大幅ダウンで失敗トライアスロンでした。おそらくこれでしばらく皆生トライアスロンにはエントリーしないので、何年後かに再度チャレンジしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回のOさんの根性はすごかった。今回は完全に負けたと思った。さすがに4回も皆生に出てるだけあるわ〜。Oさんお疲れ様でした。ワタシは来年は行きませんよ(笑)

 皆生トライアスロン運営の皆様、伝統の大会に出場させていただきありがとうございました。ボランティア、スタッフの皆様、暑い中のサポートありがとうございました。
 西日本豪雨災害で被災された皆様、このような時期にトライアスロンさせていただき申し訳ないです。
 
 いろいろ含めて、ありがとうございました。出場された選手の皆さんお疲れ様でした。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ