2013/6/30

TT  

TT好きな店にはこんなポスターも届くのだ。
いびがわマラソンが出られない場合はこれに出るかも。
長崎が近いと感じる今日この頃である。



クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/6/29

アルテグラ  

本日の最後のお仕事は

クリックすると元のサイズで表示します
・CERVELO 「 S2 」組み立てました〜。
 今回はSRAM完成車だったのを新型アルテグラ11sに変更しての組みたて。クランクセットの発売がちょっと延びてるのでデフォルトのまんまですが、こちらは入荷次第変更。
 ガラスコートも施してピカピカです。お待たせして申し訳ない。
0

2013/6/29

2013 五島長崎国際トライアスロン バラモンキングB  トライアスロン

 バラモンキングのレポートもこれでオシマイ。

 ようやく最終種目のフルマラソン42.195km。スイム、バイクと終えて、まず思ったのは

 「ここまで来るの長かった〜。」
 
 ランのスタートは福江の街中をまず通って、山沿いのアップダウンのある道を走り6.3kmで折り返しチェックポイントまで戻ってくるコース。
 12.6kmx3周回してからフィニッシュ地点の五島港公園に向かいます。折り返しなので、各選手は周回を重ねるごとにリストバンドをつけて周回チェックを受けます。

 まずは1周目。走り出しは意外といけるンちゃウ!って感じで意外と走れる。ブリックトレーニングのおかげでしょうか。

 しか〜し

 そんなのも最初だけでした。街中を抜けて山沿いのアップダウンコースの部分に差し掛かるとやはりガクッとペースが落ちる。最初のうちは1km6分あたりで走れましたが、徐々に落ちていく。パンチの効いた坂が用意されており脚を使わされる。
 最初の折り返しに着くとちょっとだけホッとしました。

 「あと36km!」

 自分を鼓舞します。走っていても脚が重くストライドが明らかに小さいのを感じます。そして、かなりたくさんの選手に抜かれていきます。年上の方や、明らかにぽっちゃりさんな人にもササッっと抜かれていきます。超へこみます。

 「ダメだ…」

 ついに歩行。10kmも走ってないのに走れない状態になりました。いびがわマラソンでストップして休憩し走れなくなった記憶があるので、とにかく止らずに歩行します。
 登りは歩き、回復が見られたら走りに切り替えます。下りはなるべく走るようにしました。登りはきついですが、下りは緩やかなので意外と走りやすかったです。
 
 そして1周目の周回終了。
 ぶっちゃけ、

 「これ、あと2周もするの…」

 と絶望感がありました。でも

 「あと28kmやん。」

 とポジティブになれる自分もいました。関節まわりは全然大丈夫だし、腰も痛くない。まだまだいける。走る、歩くを繰り返しストップは絶対しないよう心がけました。
 エイドステーションは2kmごとにあるので、とてもありがたかったです。いろんな物をいただきました。水、スポーツドリンク、梅干、ビスケット、バナナ、オレンジ、そしてカンコロモチ。
 五島の名産のカンコロモチは芋からできてるオモクソ炭水化物なので、結構食べました。走るのが遅いため時間がかかるのでお腹も空くんですよ。なので食べ物はとても助かりました。

 雨が降ったり止んだり。沿道の人たちも傘をさして応援してくれてます。
 
 沿道の応援はとてもありがたく勇気をと元気をもらえます。歩く姿をさらしてしまいかっこ悪いですが、走れないから仕方が無い。悔しさはありますがどうしようもない。とても情けなかったです。
 2周目の折り返し地点で暖かいスープがもらえました。このシンプルなスープがものすごくおいしく、五臓六腑に染み渡る〜。でも脚はしんどいまま。

 遂に関節周りの痛みが出てきました。古傷の右の腸腰筋にピリッっと電流のような痛みが出るようになりました。以前この怪我でいびがわマラソンをリタイアしたことがあるので、走りながら神様に祈りました。
 ポケットには虚空蔵さんで買った「健脚お守り」を入れていたので、「どうか走りきらせてください」と何度もお願いしました。
 
 各エイドで患部をエアサロンパスでスプレーして走り続けます。ボロボロになりながら3周目の周回チェックも通過できました。

 「あと16km!」

 あたりは暗くなってきてライトアップも始まります。またあの坂を登ることを考えると恐ろしく感じますが、「これで終われる、完走できる」と時計を見ながら何度も頭の中で計算し、完走はなんとかできそうということを実感できる。

 最後の周回は、沿道の皆さんにお礼を言いながら走りました。ずいぶん長い間全く知らない人を応援してくれてるんですよ。ほんとに感謝です。
 「お疲れさまです!」「ありがとうございました!」「楽しかったよ!」
 なんて言いながら走りました。不思議と声をかけるとパワーが復活する感じ。

 折り返しのエイドではまたスープをいただき、名産のお菓子(名前忘れた)をいただく。

 「それが一番おいしいんだよ」 とエイドのオジサンに言われた。

 これで最後なので、「皆さん応援ありがとうございました」って言って再出発。

 「あと8km」

 長かった。もう短く感じてくる。まわりは真っ暗。走者もまばらになる。雨は降りっぱなし。すれ違う選手も少なくなってる。
 でも、沿道にはまだ応援してくれる方がいる。

 残り6kmからは頑張って走る距離を増やす。

 最後の長い下り坂を降りる時に、歩いてる選手に声を掛けてみた。


 僕 「バラモン何回目ですか?」

 選手 「初めてです。」

 僕 「僕も初めてです。完走できますね!メチャクチャ嬉しいですよね。」

 選手 「嬉しいです!完走できそうですよね!」


 なんて会話してみた。タイムには余裕がある。そしてまた走り出すと、オフィシャルのバンが競技終了の放送をしながら反対車線を通過していった。

 遂に街に戻ってきた。確実に完走できる実感と終わってしまう寂しさで胸がいっぱいになる。きついけど楽しかった。ようやくランナーズハイになってきたかな。

 五島港公園につくと、前日確認したレッドカーペットが目前に迫る。ちっちゃくガッツポーズしながらカーペット上を走りました。
 
 ゴールラインはオモクソガッツポーズして通過しました。達成感は半端ないです。初のロングディスタンスはホントきつかった〜。


 結果は 5時間41分42秒でマラソンは完走。(歩いたので完走って言いにくいですけど)

 トータルタイム 14時間15分13秒 
  
 400位/634名出走(完走542名)

 
 ようやく「トライアスリート」って言ってもいいかな。なんちゃって。
 ロングの魅力は走ってみてわかった気がする。走った人しかわからない魅力。これで選手に聞いた話じゃなく「リアルな魅力」をこれからロングに挑戦する人に伝えることができる。百聞は一見にしかず。リアリティーは自ら実体験してみないわから無い。そういった意味でもほんとに自分にとっては価値のあるトライアスロンでした。

 五島市の皆さん、スタッフの皆さん、とても暖かい大会をありがとうございました。こんなに運営のすばらしい大会だとは思いもしませんでした。一生心に残る大会となりました。ありがとうございました。

 ささ、ウエサカのカスタマーの皆さん、ロング初挑戦したい方、バラモンはきついけどオススメですよ〜。ウエサカが完走したら挑戦しようかな…って言ってた〇〇さん。頑張ってね!

 次は8月の珠洲トライアスロンAタイプに向けて頑張るぞ!トライアスロン最高!
8

2013/6/27

2013 五島長崎国際トライアスロン バラモンキングA  トライアスロン

 バラモンキングのレポートパートA

 ようやく陸に上がってホッとして、楽しみにしていたバイクへ。舌の先が海水でピリピリするのでドリンクで口の中を洗うかのごとく飲む。
 普段バイクのDHバー部分にボトルの中身を入れて走行することが少ないので、1リットルも重くなると舵取りが遅れる感じになる。なるべく早めにフロント部分を軽くするようそちらのボトルを先に減らすよう補給する。中身はOS1とCCDをミックスしたドリンク。

 数キロ走ると目の前に猫が出てきた。
 
 オイオイオイ
 
 と大声で叫ぶと猫が立ち止まってくれた。危うくニャンニャン落車するとこだった。漁港が近いせいか、猫が多い気がする。
  
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 アップダウン、カーブも多いコースでこのあたりのイメージとしては員弁や上石津あたりのコースに近いかな。山あり、海岸ありの島内満喫コースです。

 バイクパ−トは雨が降ったり止んだりでした。暑くないので走るのにはちょうど良い感じでしたが、登りはいいけど下りで冷えるのでだんだん寒く感じるようになる。
 体温の低下でも体力を奪われるので、ハンガーノックにならないよう前半でボンクブレーカー2個を食べて、ショッツやジェルも10km走ると補給するようにする。

 スイムが遅かったので、バイクではだいぶ抜くことができて楽しかったです。U松師匠から「最後のランニングは苦しいから、バイクは楽しんでください」とアドバイスいただいていたので楽しむ感じで走りました。
 
 60kmほど走ったところでオシッコの我慢の限界が来たのでトイレへ駆け込む。タチションはジェントルマンとしてやらない(笑)エイドに仮設トイレがあるのですが、トイレに入ろうとすると、ボランティアスタッフがバイクを持っててくれるサービス付き。
 こういうときに限って

 オシッコがメチャクチャ出る。
 
 長いトイレを出たあとに、ついでにビニール袋をいただきおなかへ入れる。簡易腹巻きの出来上がり。これでおなかの冷え対策は大丈夫になった。
 冷えとドリンクでおなか壊したくないし、郡上雨ライドの経験が役に立ってる。

 再スタートしちょうどマップの左上付近になるとアップダウンがきつくなってくる。コース図でいうと左の大周回を2周するので、1周目はどのくらい登るのか確認のライドとなる。コースはロードとして走るなら変化に富んでいてとても面白い。

 1周目は無難にこなし2周目周回。特に無理もせず走る。2周目はコースもある程度ですが覚えてるので、直線が長いとか、アップダウンがキツイとか登りが長いとかわかるようになってくる。それと同時に、「この周回でもうここは通らないんだなぁ」とちょっと寂しく感じる。
 
 そして2周目でもオシッコがしたくなったので、再び全く同じエイドのトイレに駆け込む。

 またまたオシッコがすんごい出る。もうね、ハルンケアがいりますよ。
 
 再出発の時に観戦してるおじいちゃんが

 おじいちゃん 「来年もまた来いよ〜」

 と声を掛けてくれる。
 
 僕 「は〜い」

 と返事をする。また出たい気はものすごく、ものすご〜くある。現段階では当然未定であります。よく考えよう。

 グングンバイクは進む。オシッコしてリフレッシュした感じ。100kmを越えてくるとバイクの数もだいぶまばらになってくる。トンネルがものすごく多いので、掲載したガーミンのデータ上は走行距離が167kmになってますが、トンネルの総距離が13kmもあったことになる。GPS計測なのでトンネルではサイコンのポーズがかかる。

 で、どこのトンネルか覚えてないけど、前走者を抜こうとしてコース中央付近を行こうとした所、ペースが揃ってしまってなかなか抜けない。
 抜きたいけど、あまり脚は使いたくないので、急加速はしたくない。バイクレースではなくトライアスロンは最後にランが待っているので、疲労の蓄積や無駄脚は確実に最後におつりとして来てしまう。
 かといって、前走者をあまり抜かないとドラフティングルールでペナルティを取られてしまう。100%クリーンなバイクパートを心がける身としてはドラフティングは絶対にしないことを心がけています。
 すると後ろからマーシャルのバイクがチェックにやってくる。3人くらいが前にいるのとトンネルなので非常に抜き辛い状況。ウエサカはやや中央よりに何度も行くもコースが難しい区間で抜き辛い。
 マーシャルのバイクが僕の前に来る。

 「キープレフト!」
 
 って注意された。確かに中央を走ってるのですが、マーシャルが右側にいるので更に抜き辛い状況。前走者のペースも合ってるので、ドラフティングと勘違いされても困る。
 
 ※ドラフティングルール、バイクの後10mと左右1.5mの間隔をとらなければいけない。

 一旦指示に従い左によるけど、アップダウンと道が狭い状況でまだまだ抜き辛い。再び中央によって抜こうとするのを伺っていると後ろからまたマーシャルのバイクが前に来た。

 「キープレフト! 〇×△○×… でペナルティ ホニャホニャ…」

 あまり聞き取れなかったのだが、赤ペン出されて注意された。

 俺っすか?

 バイクマーシャルはうなずく。

 ガ〜ン´Д`

 ペナルティを取られた…。ペナルティ取られると第二トランジットで5分ストップさせられる。そして、2回目の警告で失格となる。
 かなり凹む。ジェントルマンとしてペナルティはマジで凹む。

 状況的にちょっと腹が立ったので、ガッツリ踏んで前走者3人まとめて抜く。いらん脚を使ってペースを乱してしまいました。でも、そこからしばらく一人旅だったので楽しく走行できました。
 
 下りが雨で怖い。カーブにはクッション代わりの畳がところどころに敷かれている。突っ込んで落車している人もいる。自分も気が引き締まる。
 
 2周目も終わりようやくコース東へ向かう。途中メカニックの車がとおりかかって若干おしゃべり。某社の営業さんもメカニックのお手伝いしてたので応援してくれた。

 最後の最後までアップダウンの続くコース。ほんとに島国って大変。でもバイクコース楽しい〜。いよいよ福江に戻ってくると後ちょっとでバイクが終わっちゃう〜と寂しく感じました。もちろん疲労も結構出てます。

 脚攣りは一切無い。しかし結構疲労度はある。ランニングはどうなるんだろう…。

 そして180kmのバイク終了。バイクもキャッチャーのボランティアがいてとてもプロっぽい雰囲気。トランジットエリアに行くと自分のランバッグを渡してくれる。なんというスムーズさ!
 どこでペナルティのストップをさせられるんだろう?と思ってたら、どうやら注意で済んでたようだ。とても助かった。

 テントに入って着替える。今回はバイクウェアからランウェアに早着替え〜と行きたいとこだけど、テントは満室。椅子使って着替えたいけどテント内が狭いし椅子が少ないので、椅子取りゲーム状態。
 椅子をゲットして着替え開始〜。再び

 フルチンですっぽんポン。

 もうね、露出卿です。そんな人意外といっぱいいる(笑)

 ノースリーブのシャツ、CWXタイツ、ランパンに着替える。タオルと代えのラン用ソックスもランバッグに入れておいたので足を拭いて靴下を履きかえ、最後にランシューズを履く。ラン用のガーミンをスイッチオンして最終種目のラン42.195kmへいざ出発〜。

 ここまでで8時間33分(リザルトにて)。制限時間まで残り6時間30分をきってる。果たしてランはどうなるんでしょうか…。

 地獄のフルマラソンのはじまりはじまり〜。

 続きはまた次回。
5

2013/6/27

むくみ  

 トライアスロンが終わって4日経ちました。バイクが水曜日に到着したので、組み上げて拭き掃除。レース中雨が降ってたので洗車になったかな。各部を確認して家の中へ。今回もノントラブルでバイクは終われたので自転車屋のメンツは保った。

 身体の方はダメージは予想外に少なく、今年のトレーニングは間違ってなかったと実感できました。なんせ初のロングディスタンスレースなのでレース後の自分がどうなるか不安でしたが、レース中ほとんど雨だったこともあると思いますが、この点は予想外でした。レース後の疲労度の確認が自分には次に生かすデータ取りになるので、筋肉痛や疲労度は結構出るとうれしいのです。次に出るロングのレースではもっとタイムを縮めたいです。次のロングのレースは決まってませんけどね。 

クリックすると元のサイズで表示します
・RIDLEY 「 FENIX 」 納車しました。今年度の人気車種です。リドレーでは末弟ですが、ホントにプロも使ってる機材なので、幅広い方にご満足いただけるかと。来年はいくらになるんでしょうかね。もうそろそろ14モデルの契約時期なのでビクビクしてます。



 2014 MAVIC ですが、14モデルの「新型」に限りですが、Special Priceをご用意させていただきました。対象は下記のモデルです。

 ROADホイール
 ・CXR60 T
 ・CXR60 C
 ・CCアルチメイト
 ・CC40 T
 ・CC40 C
 ・CC SLS
 
 ※CC=コスミックカーボン ※T=チューブラー ※C=クリンチャー
 数字はリムハイトです。全てのホイールにMAVICタイヤ&チューブが付属します。

 MTBホイール
 ・クロスマックスSLR DISC 650B
 ・クロスロック 26/650B/29
 ・クロスマックスエンデューロ 26/650B
 全てチューブレスです。MAVIC MTBタイヤ&チューブが付属いたします。
 
 詳しくはお問い合わせください。
1

2013/6/26

2013 五島長崎国際トライアスロン バラモンキング @  トライアスロン

 6月24日に長崎県五島市で行われたトライアスロン「バラモンキング」に出場してきました。
 
 人生初となるロングディスタンスのトライアスロン。ロングに出ようと思ったのは昨年のアイアンマンセントレア後。ミドルディスタンスクリアできたし行けるんじゃね?と思ったので、U松師匠にご意見を聞くと「宮古島か長崎がいいよ」と教えてもらったので宮古島にエントリーするも落選。確定後即座に長崎へ軌道修正しバラモンキングにエントリー。そして当選、出場決定となった。

 準備期間は昨年9月から。スイムがとんでもなくドイヒ〜なので、それをカバーするため上半身の筋力アップから始めました。なんやかんや言ってスイムに行ける回数が月で行けて4回くらいなので、技術面では上手くなるわけがない。他の2種目に比べスイムはテクニックの割合が高いのは間違いない。

 レース当日3時半に起床し前日に準備した用品類をチェックし食事へ。今回は民宿「しみず」というところに宿泊したのですが、自分は4人相部屋で10数名宿泊できる施設でした。
 朝食は4時。ご飯お茶碗半分、味噌汁、ししゃも2匹。納豆、目玉焼き、キャベツの千切りなども出されたのですが、レース前なので食べませんでした。ロングディスタンスレースなのでいっぱい食べておきたいところですが、血糖値を安定させるには朝食は軽めな方が良いし、カーボローディングで体重も60kgを越えているのでレース当日の朝食にはさほど食べなくてもガス欠にならない。普段から朝食は小食だし、レース中におもくそ補給するのでこれでも不安なし。

 忘れ物のないよう確認し宿を出る。いよいよレースが始まる。宿泊したのは福江ですが、スタート地点は富江というところでバスで30分近くかかる。主催者が用意したバス乗り場へ向かうと既に長蛇の列。トイレは済ませたのですが、再びもやもやしてたけど会場に着くまで我慢しました。
 予定より若干遅くなりましたが、バスに乗ると隣に見たことある人が座ってる。2年前に総合優勝してる大分県の「かぼす君」だった。まじでビックリした。すげ〜偶然。
 自分がドキドキしながら「かぼすさんですか?」って聞いたらうなずいて握手してくれて「頑張りましょう!」って言ってもらえて嬉しかったです。トライアスロンのロングに出るにあたって彼のブログはずいぶん拝見させてもらったので、「ブログ見てますよ。チャンピオン目指して頑張ってください!」と応援させていただきました。
 
 そしてバスが現地に到着。当たり前だけど潮のにおいがする。ナンバリングを済ませて、
今回の宿で相部屋だった方たちと一緒にスタート前に記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します
 お互いの健闘を祈ってバイクバッグとバイクをを準備しに行く。 

 バイクはほとんど準備が終わってるので、タイヤのエアの補充とドリンクの準備くらい。準備後、スイムコースの確認をしにいく。
クリックすると元のサイズで表示します
 補給食などはバイクにつけずにほとんどバイクジャージに入れてました。順位というより完走する為の快適度を狙って、トライスーツではなくバイクジャージ+パンツに着替える作戦を取りました。
 今回の補給食は、ジェル10本、CCD+OS1(1リットル)、BCAAクエン酸(500cc)、男梅、ジェルブラスト、2RUN、シトリック、カステラ。

クリックすると元のサイズで表示します
スイムスタート付近。

クリックすると元のサイズで表示します
コースロープは張ってある。湾内なので波はほとんどない。
沖に近づくにつれて小波はあるけど、ひわさみたいにうねりは無い。泳ぎやすい環境。

クリックすると元のサイズで表示します
バッグラックには選手がいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します
ここがバイクスタートのゲート。


 6時半にテントで着替えてウェットに袖を通しいよいよ試泳に行く。水温は22度だったかな?普段温水プールに慣れてるので冷たく感じる。
 200mくらい泳いで、陸に上がって水を飲み7時のスタートを待つ。6時50分からスタート地点に並べるけど、フローティングで疲れてしまうので、6時57分まで陸にいました(笑)エリート選手やスイムが得意な選手は最前列に並んでる。


 そして7時にスイム3.8kmスタート。遂に人生初のロングディスタンスレースが始まった。
 コースは1900mx2周。一回陸に上がれるので、スイムの苦手な僕にはありがたい。@〜C番ブイを右手に見ながら泳ぎ戻るタイプのコース設定。
 
 スタートしてしばらくはカオス状態。なるべく自分の泳ぎに徹するようにバトルを避ける。なんせ距離が長いし、リラックスとヘッドアップでのコース確認を心がける。
 とっても楽に泳いでるせいか、全く苦しくなく距離が進む。はっきり言って自分はスイムはクリアさえすればいい程度にしか考えてないので、かなりゆったり泳ぎました。
 
 何事も無く1周目クリア。陸に上がって水を口に含んでうがいし、アクエリアスを飲んで2周目出発。ちなみに今回は3800m泳ぐわけだが、わが生涯で1日でこの距離は

 泳いだこと無い。

 マジです。

 何故って?水泳嫌いだも〜ん。

 3800mと聞くと長く感じるけど、1900mが2回って聞くと楽に感じません?距離的な怖さはありましたけど、1周目がかなり楽だったのですんなり2周目に突入。
 時計は確認しなかったので、1周目がどれくらいで泳いだのかタイム確認すらしてない(笑)
 
 @、A、B、Cと各ブイを通過するたびにもうちょっとで終わると思いながら泳ぐ。半分くらいきたとこで、軽く背泳ぎして肩をほぐし再びクロール。とっても順調で怖さは全く無かったです。まさに海水浴。
 さすがに今回は600人くらい同時スタートなので、まわりにまだ人がいる。きっと僕と同じレベルでスイムが苦手な人たちがいる。

 残り300mくらいのところで右脚に誰かの手が絡んできたので振り払おうとすると、まさかの痙攣。右ふくらはぎが攣ってしまう。こりゃまずいってことで、キックはやめて手だけで泳ぐことに。無駄なことをしてしまいました。
 
 なんとか持ち直し最後まで無事泳ぎきりました。タイム表示を見ると

 1時間44分。だいたい予定通り。我ながら遅いわ〜。


 ゆっくり泳いだので余裕を持ってバッグラックからバッグを取り着替えテントへ。
 テントの中には人がまだまだいる。場所はあるのでウェットを脱いで、袋を開けようとするけど紐を結んでいたのでなかなかあけられない。落ち着いて紐を緩め中身を出す。
 タオルで軽く身体を拭いて、産まれたままの姿になる。簡単に言うと

 フルチンでスッポンポン。

 レーサーパンツ、アンダーシャツ、バイクジャージ、ヘルメット、ソックス、グローブの順で装備しバイクへ向かう。バイクラックのところでシューズを履いていざバイク180kmの旅へ。

 と今日はここまで。次回はバイク編。
8

2013/6/25

水曜日は営業します。  

※業務連絡

25日 火曜日 通常営業
26日 水曜日 通常営業

通常、水曜日は定休日ですが、今週は営業いたします。先週休んだ分働かねば。

ご来店お待ち申し上げます。

iPhoneから送信
0

2013/6/23

ようやく  

皆様のおかげでバラモンキング完走できました!
応援&激励&おめでとうメールいただいた皆さん、返信したいけどこの場で失礼させてください。
ようやく男になれた感じですわ。

とりあえず明日帰ります。

iPhoneから送信
15

2013/6/22

目的地  

明日の目的地であり、今年度の目標地点。制限時間以内に必ずゴールするぞ!



クリックすると元のサイズで表示します
3

2013/6/22

準備完了!  

バイク車検、ヘルメット検査OK。



クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ