2012/4/13

業務連絡  

※業務連絡

 4月15日(日)
 伊吹山ヒルクライムのチームTTに出場するので、14:30より営業いたします。

 ご迷惑おかけいたします。


 本日の体重は量り忘れたので掲載無し。なんもしてないからたぶん軽くなってない。

0

2012/4/13

体重報告Pとフィッティング  バイクフィット

本日の(昨日の)体重

 64.7kg

 帰宅が11時半と遅かったので、晩飯食べた直後に計った為多い。ちなみに晩飯は、すき家の牛丼ライト(一応気にしてみた)+健康セット。牛丼ライトはご飯の代わりに豆腐になってる。健康セットは冷奴と味噌汁。豆腐をそんなに食べる気はなかったのですが、注文後に気が付いた。

 今朝はBIKEFITで施されたNewポジションを試したくて、超久々に三本ローラーに乗りました。一番変わった点としては、気にしていた右ひざの軌道が確実に変わったこと。今まではフレームに当たる時があって、意識的に離すようペダリングしていましたが、施工後は無意識にペダリングしても当たらなくなってました。これはイイ。
 フィッティングに使うツールの一部は、実は以前から所有してまして、自己計測でクリートのカント角は付けてましたが、右クリートに関してのカント角は更に角度を付けて再設定を施されました。クリート位置も前へ、Qファクター(BIKEFITでは、現在はこの用語は使わないんです。)も狭くされました。やはり第三者に見てもらうセッティングと、自分の感覚でのセッティングでは異なる部分があります。クリートポジションは自転車乗車時に唯一固定されているところなので、特に悩むところですからね。

 使用ペダル:TIME iCLIC
 Qファクタ→狭く
 クリート位置→5mm前へ
 カント→右クリートカント:最大。左クリートカント:変更なし。

 骨盤が狭いか、ゆがんでいる為、もう少し狭くしてもいいらしい。なので、BB30のフレームは自分には向いているとのこと。シューズがクランクに当たりすぎてもダメなのでここらへんは限界がある。

 ちなみに僕のフィッティングは3番目だったので、BIKEFITの代表「伏見氏」と先に施された2名のフィッターの卵の方に見てもらう感じでフィッティングしてもらった。前から後ろから横からとクリート位置、サドル位置を確認される。

Before
クリックすると元のサイズで表示します

After
クリックすると元のサイズで表示します

クリート位置の変更と共にフォームも若干変更になりました。
上が施工前。下が施工後。
上半身は変更しなくてもそのままでも良いと言われましたが、快適なポジションを出すとAfterの画像のように、無理のない自然な乗車フォームになります。このあたりは好みだそうです。ポジションの考え方に柔軟なのと、ポジションの「押し付け」のないところもBIKEFITの良いところだと思いました。遠いのが好きなら「じゃ それで」て感じ。ライダーとフィッターとの対話でポジショニングしていきます。

 サドルの高さ→変更なし。
 サドルの後退→10mmバック。
 ステム長100mm→高さ変更なし。90mm(アジャストステムで長さをいろいろ変更して乗車してみました)

 サドルの後退及びクリート位置が変わっているので、サドルの高さ自体は変わってないですが、左右のひざの角度は変わっているのがお分かりでしょうか。正面からの画像は載せてませんが、正面からの膝の軌道に関しては激変しました。

 自分はステム長変更は今のところしないでいこうと思いますが、若干ハンドル位置を上げて、角度も若干つけて乗車しようと思います。近年のプロツアー選手のポジションは半数以上が北米のフィッティングを取り入れてるそうで、かなりラクチンポジションを取らせているのが一般的になってきたようです。今年、クラシック4勝したトム・ボーネンはかなり近いポジションとってますし。考え方を聞くと「なるほど」と思えるところがあります。

 大人の事情でフィッティングの内容はあまり掲載できませんが、実験台2名も本日決まり、ウエサカでも施術できるよう準備を早速始めました。あと2名ほど募りますので、気が向いたらお願いします。実験台の零号機は嫁さんであります。最近ローラーに連日乗ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
 1号生はとあるオッサンにご依頼。そして実験台2号生は新しい武器を引き取りにきたコイツ。武器はFFWD F6R LTDのマットブラック。ステルス感がカッコイイ。これでまた置いて行かれる。いや、親父いじめに合うこと間違いない。伊吹山HCに出る為に買ったわけではないが、HCではこれで僕を牽引してくれるらしい。牽引ワイヤー用意しないとあかんな…。


 伊吹山ヒルクライムに出るライトウェイトチューンとして、クリンチャーに限りますがチューブ交換はオススメなチュ−ンナップです。外周部は軽いにこしたことはないですし。タイヤは予算的にキビシイという方は、是非チューブ換えてみてください。ド定番のマキシスのフライウェイトチューブ在庫してます。53gと超軽いですよ〜。
 あとはチェーン交換。伸びきったチェーンは動力伝達悪いですからコギ重いですし。高い負荷のかかる時間が長いので、極圧対応のチェーンオイルもオススメです。

 最後の悪あがき いかが?(笑)
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ