2011/11/6

トロッフェバラッキ終了  

クリックすると元のサイズで表示します

 今年も懲りずにトロッフェバラッキに出場してきました。今回で3回目の出場です。

 見てのとおり今回の機材は CERVELO P2C。売ったんじゃね〜の?という声が聞こえてましたが、バラして和室に寝かせておいたんです。天気予報が「日曜 雨」というのが変わらなかったので、金曜の深夜11時より復活開始、翌日早朝完成。FELT DAはスリップなどでの落車などでまだ潰したくなかったので、贅沢ですがセカンドTTバイクってことで組み上げました。

 今回はカンパで組み立てました。もともとP2Cは組みなおそうと思ってたので、シマノ鈴鹿でイジリー岡田した新型のバーエンドシフターが使いたかったためカンパをチョイス。9月に初旬に足りないパーツは全て揃えてたのですが、なかなか組み立てる意欲がなかったんですよね。

 P2Cトロッフェバラッキ 仕様
 ・メインコンポ:カンパニョーロ アテナ11s+バーエンドシフター(アルミ)
 (クランクのみ2009レコード+ROTOR Q-RINGS 53-40t 12−25t)
 ・ホイール:プロファイル ALTAIR 80+TUFO Elite Pulse22c
 ・ハンドル:プロファイル PROSVET / DHバー:プロファイルT2+ /LOOKエルゴステム
 ・サドル:ISM Adamo Racing
 ・ペダル:TIME i-clic

 と、カンパ以外はトライアスロンでそこそこ人気のあるアイテムで固めてあります。なので来年トライアスロンでも使うと思います。
 ROTOR Q-RINGSでは今更ながらウエサカでも人気が出てきました。きっと〇植さんの影響でしょう(笑)

 今回の一番のお気に入りはなんと言ってもカンパのバーエンドシフター。Di2でない人は是非選択に加えてほしいです。現状シマノDi2がTTコンポでは最強だと思います。数秒にこだわるならDi2で。
 カンパのバーコン、スゲ〜使いやすい。シマノとスラムと違いタッチが軽い。握りやすい。こりゃマジでオススメです。TT用コンポなんてカンパなら10sならヴェローチェ、11sならアテナで十分だと思います。その分ホイールとタイヤにお金掛けた方がいいし。あとは見栄です(笑)ロードレースと違って変速回数少ないし。

 P2C、土曜日の早朝に完成したので、乗ったのは八島町内のみ試乗程度。マジで本番でぶっつけです。DHバーも久々のシケインタイプなのでちょっと心配でした。これにした理由は外してあったのがあってもったいないから。それだけ。ちなみに義兄も愛車RIDLEY DEANに乗るのがシマノ鈴鹿以来で、練習は通勤時の「前かごつきママチャリ」のみ(笑)

 機材に関してはここまで。

7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ