2011/7/19

第12回 ひわさうみがめトライアスロン バイク&ラン編  トライアスロン

つうわけで続き。

 昨年はスイムから上がった瞬間「ゲロ」ってふらふらになって、トランジットにヨレヨレで向かった。
 公式結果が出たので、見たら37分。昨年は53分だったので大幅にタイムアップ。コースが違うので、昨年と同コースだったらどうなったんだろう。今年のスイムは482位/540人でアップしてました。

クリックすると元のサイズで表示します

 今年は一応走ってトランジットへ向かえた。参道へ向かう途中のアスファルトでウェットを脱ぐ。トランジットエリアでバイクの準備。ヘルメットかぶって、ソックスはいて…、あソックス準備してなかった あわててバッグからソックスを取り出して、砂まみれの足をタオルで拭いてから履く。僕の場合、裸足はデリケートな足してるので水ぶくれになっちゃうので無理。シューズ履いてエリアの出口まで走る。

 バイク出発。3キロくらい平地ですがここは上げずに水とジェルの補給。今回のジェルはメイタン。先日仕入れて在庫が多いから(笑)食べながら南阿波サンラインの登りへ向かう。
 第一展望台までほぼ登りなので、登りの苦手な人がいっぱい抜ける。昨年はバイクラップ終了までで125人抜けたので、今年も数えてみた。
 20kmで折り返しなのですが、今年は折り返しまでで100人突破したので、
 「もしかしたら200いくんじゃね?」
 と思ったので頑張ってみた。見た感じギアが重くて脚が回ってない人が多かったので登りでグングン抜ける。ランでは攻められないので、バイクは頑張る。今年は10分ごとに補給してみた。もって行ったドリンクはCCDと水。
 結局200人突破して230人パス。バイクは1時間24分で昨年より9分短縮。今年度のバイク&ギア選択は良いチョイスが出来てたようだ。登りの練習開始したのは内灘後からなので、もっと登りの強化すればもう少しいけたか?バイクは81位/540人。

 そしてトランジットに戻ってきたところで、シューズを脱ぐの失敗して片脚だけシューズがペダルにくっついたままでした。ラックにバイクをかけランシューズに履き替え出発。この時点でタイムを確認すると2時間ジャストくらいでした。
 腹が痛い
 バイク区間で水分飲みすぎてた。去年も同じことしてた。水分補給はホントに難しい。おまけに脚が重いのでキロ5分オーバーでのランとなり抜かれまくる。
 腹痛いけど、水は飲みたいのでエイドでもらっては飲んで、かぶる。氷袋も握って走る。

 半分まで来てもペースは上げられなかったけど、痛みがなくなってくる。昨年は半分超えたとこでランナーズハイになってスゲ〜気持ちよくなったので、今年もそれを期待。
 そして、残り4kmで出ました。この感覚ってみんなあるのかな?時計を見ると2時間40分。
 「キロ5分でいけばサブスリ−いける!普段のジョグペースで行けば間に合う」
 そう思うとなんか足が軽くなった。淡々と走る。1キロごとの看板でペースが分かる。イケルイケル。絶対いける。ちょこちょこ時計を確認。
 昨年はゴール前ダッシュしたけど、今年はダッシュ無し。直前にランナーが居たけど無理せずゴール。ランは55分で265位/540人

 今年度のひわさは 2時間57分59秒 234位 でフィニッシュ。かろうじてサブスリー。昨年は418位だったので大幅に順位アップ。一番うれしかったのはひわさでサブスリーが達成できたこと。

 また、ひわさうみがめトライアスロン出たいけど、他の大会にも出たいので、来年はひわさに行きません。トライアスロンって出場費意外にも結構お金かかるしね。いっぱい出てる人みたいにリッチじゃないし。
 ここの大会しか出たことないけど、コースのロケーションも最高。雰囲気や、公道を使って走るので沿道の声援もうれしい。最初に選んだ大会としてはホントに出てよかったと思える大会でした。(僕は海ビビってましたけど)リピーターの多い人気の大会って言われる理由も出れば分かりますよ。大垣から360km。ちょっと遠いけどスゲ〜オススメです。

 来年も遠いとこのトライアスロンにチャレンジ予定。出られるかわかんないけどもう決めちゃった。とりあえず次回のトライアスロンはセントレア。早く肩を治さねば。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ