2010/5/2

カーフマン  

 カーフマン(デュアスロン)に出場してきた。

 これで人生2回目の参加であります。エイジクラスにいつか出たいけど練習時間が少なすぎるので、今回もオープンクラスショートに出場。エントリーは激烈に少なく14人。この競技運動会の障害物競走みたいでかなり楽しいのに…。

 6時に起床し食事(ご飯二膳)をすませ、7時に出発。8時前に現地着。

 受け付けもスムーズに済ませて準備開始。折角良いタイムスケジュールで動いていたのに、ゼッケンの取り付けに手間取ってしまいアップの時間が少なくなってしまった。結局ローラーで15分だけアップ。バイクとバイクシューズ、ヘルメットを持って移動。
 9時頃にスタート地点到着。大垣ピストンズのMさんとYさんに軽くご挨拶。Yさんは優勝目指してて、Mさんはエイジクラスに初エントリーのようだ。
 
 「やべ〜、グローブ右手にしかしとらんやん」

 トランジッションエリアで気が付き、ランのアップも兼ねて駐車場へ逆戻り。グローブを着けて再びスタート地点へ。

 「おいおい、スタートは9:30だぜ、気が早いよみんな」
 計測チップ入りのアンクルバンドをもらって余裕こいてたら、

 Mさん「中学生とスタート一緒になったらしいですよ。」 

まず〜〜〜〜い。

 慌ててスタート地点へついた瞬間

 「パンッ」

 やべ〜、アンクルバンド巻いてない。仕方がないので乳首いやさ手首に走りながら巻きつける。

 

 ちなみにビリケツ(笑)

 最後尾やん

 先日も書いたように、ランは「捨てた」ので最後尾を黙々と走る。ダサい。

 オレは自転車屋だ、オレは自転車屋だ。そんなことを思いながら走る。心拍計のスタートボタンも押し忘れたのでラン1周目終了後にポチッとな。
 走ってない割りに走れてきたので、ラン終了手前で前を走るPINARELLO Nさんを抜く。

 ちなみに今回のカーフマンのランは

 「2km先に自転車が置いてあるので、それを取りに行って自転車の個人TT大会に出場。終了後に2km先の家にランで帰る。」

 そんなテーマで走った。出場理由も仮想内灘個人TTのためである。

 トランジッションエリアに入りバイクの準備。おそらくこのクラスの中で最もエアロ野郎な状態でした。内灘の為の練習なので装備もポジションも内灘セッティング。昨年の11月よりもポジションを見直し今大会に挑んだ。

 バイクは5km2LAPのトータル10km。ちなみに内灘は13.3km。トランジションエリアを抜けバイクに跨りスタート。北上するところは追い風もあり36km〜38km/hくらいで巡航。南下するときは向かい風になるので32km〜35km/hで巡航。TTバイクなのに遅くてすいません(笑)なんせ貧脚ですので…。
 今回のプランは前半90〜100rpm、後半は75rpm。いつもより後半のケイデンスを下げトルクで走る走行。走り方はいろいろあると思うけど、これが現段階の自分なりの走り方になっている。カンチェラーラのようにクソ重ギア110rpmあたりのキープはボクがやったら3秒で即死(笑)ちなみにTTの走り方でマイフェイバリットなのはカデル・エバンスとデーヴィッド・ミラー。

 ランで先行のANCHOR Mさん。フルマラソンで最近4時間切り達成のKUOTA S君も吸収。ランでだいぶ離されたRIDLEY Yさんもトランジッションで抜いてバイクは自分なりに走れた。

 終わった。オレのTT練習会。

 

 第二ラン、ヘロヘロ。

 きつすぎて途中で歩いちゃった(笑)。

 バイクで抜いたYさん、Sさんにぶち抜かれる。餅は餅屋、自転車は自転車屋。テキトーに走ってゴ〜〜ル。

 結果総合6位。

 バイクラップは2位がんばったオレ。

 正直バイクラップは1位めざしたので悔しかった。トップに7秒届かなかった。この悔しさを内灘TT練に生かそう。
 ちなみにトップタイムの人は総合優勝してた。ランもバイクも1位。まるで大垣ピストンズのB君みたい。お客さんの間で総合で一番良かったのは3位のピストンズのYさん。カーフマンのこのクラスで勝つにはスピードのあるラン、そこそこのバイクスキル。だと思った。初出場のSさんも5位で今後が楽しみ。

 11月もまた出たい。マジでカーフマン楽しい。エイジクラスは…、僕には厳しすぎる。だって、距離長い。年内で「ウエサカ杯勝手にカーフマンごっこ」をやりたいと思った今日この頃。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 ショートは参加者14人中5人がお客さんでした。キッズにはAさんとこのお子さんが参加。

 クリックすると元のサイズで表示します
 エイジクラスのMさんを応援。みんなはえ〜。

 クリックすると元のサイズで表示します
 写真下手ですいません。

 クリックすると元のサイズで表示します
 Love Machine Version 2010  
 

 やっぱり自転車は外で乗るのが楽しい。 
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ