2008/2/11

RS試乗  試乗

「CERVELO RS」の試乗車を乗られたお客様の一発目の感想

 「軽!」

 これが一番多かったです。


 昨日の午前はMTBに行く予定でしたが起きたら10:30で撃沈。行くって言っておいてスイマセンでした。マジごめんなさい。サムライは近いからサボリがちです。


 今日はCERVELOの試乗のため単独で走りに行く予定でしたがM氏が寂しがったので一緒に行くことにしました(笑)。

 今回は長くなると面倒なのでプチインプレッションにします。主な仕様は以下のとおり。
 フレーム:CERVELO RS サイズ560
 ホイール:EASTON EC90 SLX & PANARACER EXTREME JET
 コンポ :Dura-Ace 53-39 172.5 12-25
 完成車重量:6.4kg 

 なんかの雑誌に載ってたやつと一緒です。田舎の自転車屋さんの貧脚店長のインプレなのでより一般人むけなインプレになるかな?

 上記の仕様なので「当たり前」ですがクソ走ります。今回のマシンは前後で294,000円、重量1170gのホイールの良さが際立ってるので踏み出しはおっかしいぐらい軽いです。これではホイールのインプレになってしまうではないか!つう感じです。
 とは言ったもののもう1年以上SOLOIST CARBON(現在MAVIC R-SYS着用)に乗ってるのでそっちと乗り味を比べてしまうと。

 「別物」

 単純に乗り易い自転車どっち?だとするとRSになると思う。前三角はR3と同じようなスクオーバル型なので非常にしっかりしてます。乗り心地は縦に硬く感じるEASTONホイールもフレームの極細シートステー&他モデルよりも若干長めのチェーンステーのためかマイルドです。荒れたとこ走るとよくわかります。SOLOISTよりも確実にマイルドです。
 中速域でスゲ〜楽しいのでロング向きといわれる理由もわかる気がします。フレームのしなりを感じて走るタイプの方にはかなりオススメできるんじゃないでしょうか。高速域は現在貧脚なのでインプレできません(笑)するだけ可愛そうです。ものごっついハンガー部なのでパワーはちゃーんと受け止めてくれます。
 登りは軽く踏んで走っただけですが、反応が速すぎないのでSOLOISTよりも登り易いです。とにかくフロント周りが軽いので重いバイクから換えた人はメチャメチャヤバイです。ゲキヤバです。ケンドーコバヤシです。
 「ロングライド用は柔らかすぎるからレースじゃダメだよ〜。このウンコ野郎」って思ってる方はそこら辺の先入観がありすぎるので×です。反応が速い自転車を求める方もです。自分が乗った感じではそこまで柔らかくないしアマチュアレースでは文句なく十二分に使えます。プロはパワーが違いすぎるのでプロに聞いてください(投げやり)。逆に遅かったらエンジンのせいでしょう。普通〜にメッチャ走ります。超超超超超軽くしたクロモリバイクって雰囲気なのでそんなの探してる人は良いお供になると思います。「CERVEROがスキッ!」って方は納得行くでしょう。

 今後の予想「2009年 値上がり」CERVELO社の傾向です。

 とまあこんな感じですが、百聞は一見にしかず。乗れるもんは乗っとけって感じです。今週末(17日)まで置いてますので気が向いたら乗りにきてください。なんか書いてたら長くなってもた。

 それと、またあらたな試乗車を来月か再来月?MTB(王滝系)とROAD(レース系)でご用意いたしますのでそちらも是非お試しを。   
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ