2006/3/26

上石津ロングコース  トレイルインプレッション

今日はトライアルごっこのついでに、早朝上石津ロングコースへ練習しに行って来ました。残雪があってその部分は雪上ランニング。木が倒れてたり、崩落場所があったりでトランジッションの練習にもなりました。トライアルの待ち合わせ時間に遅れまいと、必死こいて走ってきましたが遅刻しました。ここは良くいくとこですがインプレッションまだ書いてないので書いときます。

クリックすると元のサイズで表示します
僕のPinky号。そのうちスペックはアップします。

 店長的評価
登り難度★★★☆☆(尾根まで80%舗装です。Dirt含めて8kmくらい。)
下り難度★★☆☆☆(富士見Cくらいの下りでクルージングって感じ。)
面白さ ★★★☆☆(景色いいとこがちらほら。クロカン練習に最適)
危険度 ★★★☆☆(ガレ場あり、崩落箇所あり。鹿、猿います。)

 まるっと1周すると総走行距離32kmのMTBでは結構長めに楽しめるコースです。始めたばっかの人には長く辛く感じるかもしれませんが、ある程度乗ってる人なら一度はいってほしいルート。難しい下りや降車しなければならないような登りはないので、食べ物持ってゆったり、まったりRIDEすれば満喫できます。下りは登った分楽しめる富士見C的な下りなのでグングンスピード出せちゃいます。下りチキン野郎な僕が楽しめるのでビギナーにも楽しめます。またクロスカントリー、マラソンクロスの練習にもうってつけなのでそっち系なライダーにもオススメ。

 ついでなのでまたまたA-CLASSホイール CERVINO-Expertのインプレッションその2。今回はガッツリ走ったので前よりもわかりやすいぐらい回転性能を体感できました。ミブロ1.95のせいもあるかもしれませんが、平地、下りではグングンスピードが乗るのでウヒョ〜イと叫びながら走れちゃいました。やばいですよこの転がりは。横剛性も非力な僕の足では十分なので全く問題ナッシング。スポーク穴の位置が中央ではなくリムサイドよりであるのと、リム自体が太いせいかタイヤサイドで当て込んでも安心してグリップできました。エア保持ですがこちらはMAVICの方に軍配が上がりますね。チューブレスバルブの改良をしてほしいです。ただ、乗車中にエアが抜けきることはないので1レースくらいは全然問題なく使えます。

 今日のRideはダブルヘッダーで疲れましたが、仕事も今日はすんなりかたずいたので定時閉店。あしたも仕事がんばろ〜っと。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ