2013/11/25

リザルト  デュアスロン

 2013カーフマン東海ステージのリザルト

 102位 / 208人出走

 第一ラン 20:28秒 117位
 バイク 54:53秒 92位
 第二ラン 22:09秒 111位

 トータル 1時間37分30秒 102位

 バイクにはT1のタイムが含まれているので、計算するとトランジットは2分24秒

 第一ラン(5km)の自己計測kmLAP
 4:04
 4:15
 4;21
 4:22
 4:50 たしかトランジットに戻ってきてストップしたと思う。

 第二ラン(5km)の自己計測kmLAP
 4:31 節電モード解除に時間がかかりラインを超えてしばらくしてからの計測開始
 4:37
 4;37
 4:45
 4:32 660m

 バイク後にトランジットでシューズを履き替えている時にふくらはぎが攣りました。第二ランの最初の1kmは攣りとの戦いでしたが、走ってると自然と消えました。
 ちなみにこれでも過去最速タイム。自分の中ではメチャクチャ頑張ったのだが、今回はエイジクラスに出場した過去6回中最も多い参加人数で過去の成績と比べてもレベルが高かったです。そしてTTバイクがえらい増えてるので驚きました。

 自転車屋なので、バイク機材の影響はどうかと言いますと

2011年 5月 CERVELO P2+PROFILEDESIGN ALTAIR80  56:18秒 過去のバイク最速タイム
2013年11月 CERVELO P5+MAVIC CXR80 54:53秒 過去6回中最速タイム
2012年11月 FELT DA+ZIPP808 59:32秒 バイク順位 44位/195人 でバイクの過去最高順位

 こんなデータです。 2012年11月はタイムは悪いですが、強風の為荒れたバイクだったので順位が良かったと推測してます。
 今年のバイクは過去最速タイムですが、風が少なかったので皆さん速かったみたい。ただ、今回もドラフティングが横行しており、クソ真面目に真っ向勝負している身としましてはチームTT、ロードレースのようになってしまっている状態だと勝負になりません。ちなみにウエサカの練習時パワーをここんとこ掲載しているので、ご理解してもらえると思いますが30kmのパワーとタイムは今回のレース時とほぼ同等なので、自分がドラフティングに対してクリーンなところは数字で出してます。抜かれた時もおもくそラインずらしましたし。道が狭いから抜けないとか言う人がいるみたいですが、一部そんなとこもありますが、長良川のコースはワンウェイで結構広い方なので出走200人くらいだとバラけてますし全然パスできます。横風が強いほうがドラフティングの効果が薄くなるので、強風&横風はウェルカムであります。

 今回のことで、35km/hでドラフティングするとどれくらいパワーがセーブできるか?これは実際実験してみたくなりました。おそらく20〜30Wattはセーブできると思ってます。
 今度B君かT中君に35km/h巡航してもらって、自分がバックについてドラフティング時の30kmTTパワーデータを計りたいと思います。次回のカーフマンではGOPROをサドル後方につけドライブレコーダーにして、YOUTUBEにアップしようかと。

 第一ラン、第二ラン共に自己ベストが出せてるのでランは確実に伸びたので、9月10月のラントレーニングが上手くいった感じ。結局のところデュアスロン、トライアスロンはランが速くないと確実に順位は悪くなるので、今冬は重点的にラントレします。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ