2012/8/27

機材  

 鈴鹿が終わると夏も終わり〜って感じ。蜂が多くなってくるから怖いな。

 SPEEDPLAY用のクリートカバー「KEEP ON COVERS」再入荷。大人気であります。再入荷まで時間が掛かる時があるので、お探しの方はお早めにゲットしてください。

クリックすると元のサイズで表示します
 先日のシマノ鈴鹿のブース回りでウエサカ的に気になったのはやっぱりこれだ。CERVELO P5の実車は始めて見た。どうせなら完成させとけよ!ッて感じでした。マグラのブレーキは意外とタッチが重かったのでややがっかり。取りまわし的にワイヤーよりは確実にレバーの引きは軽くなると思うのですが予想外。リアブレーキの取付は従来のキャリパーもマグラもどちらも付けられるようになってた。正直P4の専用リアブレーキはメカニック泣かせやったからかな?営業に「これ乗ったら2分は速くなりますよ!」と豪語されたが、おそらく180kmで2分だろう(笑)ちなみに2013価格は未定。


クリックすると元のサイズで表示します
 素直にカッケ〜BHの新型TTバイク。これも実車は初めて見た。これもトレンドを盛り込みまくったマシンでした。リアはマグラもOKだし、新型デュラの二軸式キャリパーもOKらしい。でも386EVOは要らない規格。いいのかも知れないけどね。お値段は32万。フラッグシップモデルにしては安い方だと思います。

 そして画像ナシですが、新型9000系デュラエースも試乗してきました。一番驚いたのはシフトとブレーキタッチの引きの軽さ。シフトは今までのデュラの中でも最も軽いタッチ。79系<78系だったタッチの軽さは、78系<9000系にて新型の勝ち。78はタッチ軽かったので今でも好きです。ちなみに冗談抜きで電動並にイイ!フロントもあえてストローク短めに操作してもちゃんと変速する。さすがにデュラって感じでした。

 展示会シーズン到来で新機材の発表も目白押し。欲しいものばかりの2013年になりそうです。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ