2012/4/6

フィジーク テストサドル  WORKS

クリックすると元のサイズで表示します
 サドルブランドでおそらく国内での使用率は最も高いと思われる人気のフィジーク。同社のテスト用サドルを導入いたしました。

 サドルはペダル、ハンドルと共に長時間乗車中に体と接する部分ですのでなかなか良い品を見つけるのに苦労する部分です。たくさん買うのももったいないですからね。
 そこで、フィジーク社のロード用、MTB用を含めて9種類のサドルをご用意させていただきました。テスト用はイエローの「TEST」ロゴ入り。

 今回は有償の1WEEKレンタルという形を取らせていただきます。

 
 レンタル期間:1週間

 レンタル価格:一種類に付き
 ウエサカバイクオーナー 1,080円(税込)
 ビジター様 2,160円 

 ※レンタル料はかかりますが、TEST後1週間以内に御注文いただいて、販売に至った場合は全額キャッシュバックさせていただきます。


 このような形態で始めさせていただきます。テストサドルは下記のとおり。

 ・アリオネCX kium(イエロー) ROAD
 ・アンタレスkium(イエロー) ROAD
 ・アリアンテガンマkium(イエロー)ROAD
 ・ツンドラ2kium(イエロー) MTB
 ・ゴビXM kium(イエロー) MTB
 ・アリアンテガンマXM(イエロー) MTB
 ・アリオネVS(イエロー) 溝つき ROAD
 ・アンタレスVS(イエロー) 溝つき ROAD
 ・アリアンテVS(イエロー) 溝つき ROAD

 サドルの使用は、体重や乗り方にもよりますが、おおよそ15,000kmを目安にしていただくと良いです。重たい人や軽量なサドルは短命な傾向。中央が凹み すぎ てる人、ベースがしなってポストのヤグラに当たるような方、などは「馴染み」では無く「ヘタリ」になってます。新しいサドルは反りが少ないので、凹みすぎたサドルに慣れてしまうと違和感を覚えることもありますが、適切なサドル高をキープするには、くたびれたサドルは難しいです。
 サドルの高さ1mmにこだわりながら、サドル交換していないなんてホントはおかしな話なんです。以前いらっしゃいましたが、「5年でへたるサドルなんてダメだろ」という方もいらっしゃいましたが、5年って、1年生が5年生になるんだぜ…と説明しときました(笑)


 本日より始めさせていただきますので、ご興味のある方はお問い合わせください。
 
 また各サドルの在庫もございます。決め打ちで買われる方もご来店お待ち申し上げます。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ