2011/10/5

2012 ダイナソア展示会  展示会

奈良で行われたダイナソアの展示会へ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
 いきなしCinelliの新型TTバイク「WYSIWYG」おもくそP3っぽい。フレーム売り262,500円。こりゃ目立ちますぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
 独創的なカラーリングのSTRATO。3Dっぽいペイントですが立体には見えません。トリコロールのホワイトルージュブルーは継続です。先日の横浜国際トライアスロンのエリートでロシア人チームが使ってましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 CARRERA 「ERAKLE TS(フレームセット)」252,000円
 カレラは2011シーズン日本国内市場では活気が戻った感じがします。価格が下がってなんとか手が届くイタリアブランドのバイク。台湾生産の恩恵ですが、海外より安いんですよね。この画像のエラクルTSは左右でカラーが異なるジキルカラー。イタリア人のデザインセンスはホントにイイ。このバイクのカラーリングはあまりにもカッコ良かったので在庫しようと思います。一目ぼれしました。マジでカッコ良すぎですチキショウ。売れ残ってもいい様に自分のサイズで(笑)カレラは入荷までに時間かかるし在庫もほとんどないので是非ご予約を。本気で買いたい人は気長に待ってくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します
 CARRERA 「PHIBRA TWO(フレームセット)」231,000円
 来ました阪神カラー!2012はマットブラックとイエローの車体が目立つ気がする。XSサイズが追加されたので小柄な方でも乗れるようになりました。シートの調整がISPタイプで6mmとシビアなのは変わってないです。ワイヤー&Di2対応フレーム。マットブラックもありますよ。名古屋のマジシャンさん逝っちゃって下さい! 

クリックすると元のサイズで表示します
 人気のVELENOにもALL BLACKが追加。マットブラックはやっぱり戦闘的だ。パーツも全部黒にしたいね。

クリックすると元のサイズで表示します
 続いてオルベア。新型のORCA BRONZEはORCAのサードグレード。GOLD、SILVERとは型と素材が異なるので全く違う乗り味。ちなみに乗ってきましたよ〜。ここで書くと店でのトークが面白くなくなるのでお店でね。アルテグラDi2完成車で378,000円は国内で販売されるカーボンバイクの中では最も安い!105完成車も231,000円と凄まじくバリュー。

クリックすると元のサイズで表示します
 ORCA BRONZEのアンスラサイト。個人的にはこっちのカラーが好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
 ORBEA「ALMA GOLD」 29もありますがあえて26を掲載。アブサロンの強さを支えてるといってもいいんじゃないだろうか。造型が美しいMTB。何気にマイナーチェンジしてました。

 ORCA GOLD&SILVER、AQUA、ORDUはカラーがほぼ変更なし。ORDUはチェンジすると思ったんだけどなぁ。予想外れた。


クリックすると元のサイズで表示します
 TIMEの新型「VRS Fluidity」フレームセット 420,000円
 TIMEのハイエンドの部類のロングライド系モデル。ヘッドチューブが長く楽な姿勢をとれるジオメトリー。唯一バイブレーザーマックスを使ったモデルで振動吸収性を高めてあります。これにも乗ってきましたよ〜。
 自分も乗ってるRXRSは一部カラー変更&追加のみです。今年度ご購入いただいた皆様ご安心ください。 

クリックすると元のサイズで表示します
 NXRインスティンクトもカラー変更のみ。うれしい値下げでホワイトは40万切りました!ちなみに一番軽いのはBLACK LABELバージョンです。RXインスティンクトはなんと30万切りました。294,000円で久々の20万台です!

クリックすると元のサイズで表示します
 キター、RUDYのエアロヘルメット。受注発注のみですぞ。欲しい方は今月いっぱいですがご受注いただけます。21,000円とエアロヘルメットとしては低価格。これナイショで買ったら嫁に怒られるだろうなぁ。


 2012もダイナソアは魅力的な商品がいっぱい。オルベア、タイム、カレラ、チネリ、いずれも納期がかかるので買いたい方は気長に待ちましょう!
(ちなみにウエサカ号の2011 TIME RXRS ULTEAMも約半年待ちましたし)
 エラクルTSほし〜なぁ。毎年ほしー物ありすぎや。

 とりあえず展示会行脚もこれでおしまい。頑張って働こう。
4
タグ: CARRERA ORBEA TIME



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ