2009/8/12

プラクティクム最終日  Berlin

皆既日食と同時に始まったベルリンはシュパンダウ・Zitadelleでのプラクティクムが今日で終わりました。 グラヴーアマイスターのインゲ・ゲルナーさんの下での3週間の工房実習。先生も私も『3週間早かったね!』という感想でした。

以前もどこかで書いたかもしれないけど3年間の職業訓練学校でのAusbildungの間生徒たちは休暇期間を利用して会社や工房での実地実習8週間を消費することがほぼ義務となっています。  2年生になる前にすでに3週間分のプラクティクムを行えたのは本当にラッキー。というのも、クラスメイトの半分は受け入れを断られたりたった1週間のみしか働けなかったりしているから。

2009年が明けてすぐ、ゲルナーさんの工房を初訪問したとき、かつてシュトゥットガルトでステンドグラスを教えてもらったゴメッツ先生の工房を訪ねた日のことを思い出しました。 突然お宅訪問派の私です(笑) そんな突然やってきた日本人がプラクティクムをさせてくれと(もちろん丁寧に言いましたけど)、しかもできれば夏休み中3週間できればいいなぁと。。。 そんなお願いをなんと快く了承してくれた先生。 


ドイツに3つあるガラスの職業訓練学校のうちバイエルンのツヴィーゼルでAusbildungを終えたインゲさんからはラインバッハでは教えてもらえなかった実践的なテクニックからマシンの扱い方、心得などを教えてもらいました。砥石のProfilieren(成形・・・でいいかな?)なんかは学校でもマイスターコースでも教えてもらえないそうだけど、いつか私が一人前にグレーヴィングをするようになったとき非常に大事な技術。詳しく説明してくれながら見せてくれたのはほんとに勉強になりました。

インゲさんの旦那さんで同じくツヴィーゼルでレンズ光学を専攻していたクリストフさんからはサンドブラストや研磨、そしてドイツ語のレッスンをレポートを通してみっちりと・・・(^^;  昨日最後のBerichtチェックが終わったあと心からお疲れ様でした!と言いたくなりました。 というか言った(笑)

実習生の私にたくさん時間を割いてくれて、色々と教えてくださって、飲みにも連れて行ってもらって、本当にお世話になりました。次また会えるときが楽しみです☆



いつも渡っていたこの橋
クリックすると元のサイズで表示します
Zitadelle(シュパンダウのかつての要塞)の入り口
雪で真っ白だったあの1月の日も美しかったけど、緑が生い茂り水面に鳥が集う夏の景色も美しい。
クリックすると元のサイズで表示します



機会があれば是非ゲルナーさん達の工房でガラスの記念品作りやガラス装飾の依頼をしてください ^^
ホームページはコチラ
(現在サイトを新しく改装中ということであまり多く見れませんが)

そしてゲルナーさん達の工房の他にZitadelleには手作り楽器や石鹸、ぬいぐるみ、その他家具職人や鞄職人さんの工房もあります。地下の階にはここの意外な目玉としてコウモリの館?があります。 ほんとにコウモリがいます。。。無数に。
でも、Zitadelle、入場料取る割にはそこまで見るものはないけどね(ぶっちゃけ 笑)

あ、でも工房の客です、と言うと通してくれますよ〜^^
ベルリン・シュパンダウ Zitadelleの情報はコチラ

このブログを応援する??? 人気ブログランキングへ

プラクティクムの後日談また書きます。 今日はこのへんで
2

2009/8/10

ワインボトルの輪切り○○○  Berlin

      MASAMI's ???分クッキング

        ☆今日のメニュー☆
材料:家にある空のワインボトル もしくはビン

1.糸鋸のような機械でボトルをゆっくりゆっくり切ります

2.切断したガラスの断面は目が粗く角も尖ったままで当然危ないので表面を平らに磨き、面取りを行います
(この状態ではガラス表面はまだマットなまま)

3.仕上げにしっかり力をかけてこの表面が綺麗に光を反射するように磨き上げます

イカリングならぬボトルリングの出来上がり♪
クリックすると元のサイズで表示します

<ワインボトルの下部分は今日から我が家のコップです(笑)
デストロイヤーの相方さん、大事に使ってくれ〜
(IKEAのワイングラスをすでに4つ破壊・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
小瓶もサクッっと・・・はいかんけど縦に切ってみました☆

このブログを応援する??? 人気ブログランキングへ
4

2009/8/5

ぷらくてぃくむ  Berlin

プラクティクムも残り1週間となりました。

今週はグレーヴィングよりもサンドブラストばかり。
ショットグラス48個頼まれたけど・・・うぅ



そして毎回のレポート。
未だに苦しんでいて 自信もなくなります。。。

レポートを書き仕上げるために1時間近く工房に残るのはもう当たり前。
そして文法的な間違いを家で彼に見てもらって添削してもらう。 鉛筆で【赤ペン先生】してもらったら、先生に分かってもらえるようにもう一度書き直し。 そして翌日工房で先生からのチェック。 そこで

構成がよくない
必要なことを書かず不必要なことを書いている
何が言いたいかわからない
・・・・

などダメ出しされるのが朝の日課に(苦笑)

いや、笑えないほど一時落ち込みました、こんな私でも(^^;
自分の力不足が露わになって情けなくって・・・

知恵を振り絞って書いた文章を2回も書き直す

それが毎回。 


たとえドイツ人のように書けなくても それでも
外大で専攻してこちらで2年も住んで、学校にだって1年通っているのに、必死でやってまだこれだけしかできない自分に腹が立つし、私は今まで何を勉強してきたんだと思ったらペンを動かしながら泣けてくる。ドイツ語もそうだけど自分の国語力の無さに。 
言葉だけじゃなく工房での作業もうまくできないし。。。 
もちろん実習生が完璧にできるなんてことはないんだろうけど。



クリックすると元のサイズで表示します
最寄り駅のお店でドーナツを買った
実はドイツで初めてかも ドーナツ買ったのは
甘いものでエネルギー補給

このブログを応援する??? 人気ブログランキングへ

どくとるくま様、応援の言葉ありがとうございます☆ 
そうですね、初めてドイツに降り立ったときのことを振り返ればずいぶん歩いてきた気がします。歩くテンポがきっと時に早かったりものすごくゆっくりだったりするだけで、後戻りしているわけではなく進んでいるのですよね。うん、ほんとそうだ。 止まることもあるかもしれないけどこれからもマイペースで進みます^^ 
そして、リンクの件ありがとうございます。私の方にももリンクさせてもらいますね!
4

2009/7/29

ゴーイングマイウェイ♪  Berlin

今日もダメ出しされたけど

簡単な模様なのにまだどれだけやっても納得いく形にできないけど

GO GO 私 徒歩

先生もこの道を通ってきたんだ



こんな天気の良い日に外にいると
コリーヌ・ベイリー・レイの曲が聴きたくなります




このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
1

2009/7/27

レポートマラソン  Berlin

工房には朝の9時から夕方16時までが私の実習時間となっていて、昼には1時間の休憩があるので実質6時間。 時間的にはそんなに大変じゃない。

専攻のGravurグレーヴィング以外にもサンドブラストやガラス等の面取り作業、グラスリッツェン、そして野草のデッサンなど、午前、午後と分けて実に色々な作業をしています。

バイエルン州にある職業訓練学校出身でGravurマイスターであるゲルナーさん
学校が違うから受けてきた授業も違うようで、色々と新しく教えてもらうこと・・・
と言うより、学校でのとは違う新しい角度からの見方を教えてくれて、非常にためになる。

なんでこんな単純なことに気付かなかったんだろう!って!!!
旦那さんのクリストフさんから教えてもらうラインバッハにはない機器の使い方やメリット、ゲゼレのグリーシェさんもサンドブラストのプロだから目から鱗の方法を教えてくれる。

職人として、経営者としての工房での働き方を間近に見れて本当に勉強になる環境です。ラインバッハの学校じゃそれは絶対経験できないもんね。 


そして実習の課題の一部としてレポート提出があります。。。
毎日
15時半からその日にした作業工程の中から自分でテーマを決めて作業報告をするのです。

『今日から毎日レポート書いて出してね』

って言われたときは、正直

『げっ!!!』

でしたよ(苦笑) 【Bericht】って聞いたら自動的にうげぇぇぇぇぇ〜です(^^;
ラインバッハの学校では一週間の作業報告書をだいたい3週間ごとにまとめて提出するんだけど、これがもう毎回大変で・・・ 

だから毎日30分でBericht書き上げるっちゅうのは、もともと家で辞書を引きつつ作文して相方さんに添削してもらって、すーごい時間をかけながらやっと学校の分を提出しているような私にとっては毎日ドイツ語の作文実力テストを受けさせられてるようなもので・・・

だから、私のドイツ語力では30分以内にレポートの課題条件をうまく論理的にまとめて書くっていうのはかーなり厳しい。おまけにスケッチも描かなきゃいけない。。。 全く自分のドイツ語力には呆れます。短時間に書きたいことの構成をまとめる力もまだまだ足りないし。。。

翌日にはね、クリストフさんと一緒に私のレポートを読んで早速フィードバックです。作業内容が合ってるかだけじゃなくて二人で辞書を引きながら私の文章が文法的に正しいかすべてチェックして直してくださるんだから・・・プライベートドイツ語の時間(苦笑) クリストフさん、学校の先生よりもきっちりと添削してくれる。もう間違いだらけの私の文章を読んでもらうだけでなく、より良い表現まで教えてくれて、本当に頭が下がります。。。っていうか申し訳ないっ


だから、少しでもクリストフさんの仕事が減るように私も一生懸命、文法的に合ってるか、分かりづらい書き方をしてないか、考えながらレポートを書きます。 で、当然30分で終わらないわけで・・・ 今日も居残りでした(笑)

先生たちとコーヒー飲んで色々話をしたのでもともと書き始めた時間も遅かったのもあるけど、17時に家に着くよ〜って相方さんには言ってたのに、あれ?17時にやっと工房を出れた・・・みたいな(^^;


彫刻作業をしながらゲルナーさん

『マサミはレポートマラソンランナーしてるみたいね』

って。。。
 

ほんとそう。朝、工房に行くとレポートのフィードバックがぁ〜と思い、午後になれば今日のレポート。。。と考え始め、Zitadelleの門をくぐり出るときにはほんとぐったりしてます。

うんうん、言いながらレポートとスケッチをしている私を見て、ただ今同じく夏休み中の二人の娘さん、レナちゃんが時々エネルギー補給にアイスをくれたりクッキーの差し入れをくれます。

ありがとう君は天使だ天使


そんなこんなで毎日ぐったりですが、ゲルナーさんのところで3週間もプラクティクムをさせてもらえることにはものすごく感謝しています。勉強するほうももちろんエネルギーいるわけだけど、本当は教える当事者はもっと大変なんだから。 実習以外に私はドイツ語まで鍛えてもらって・・・あぁ明日も涙が〜 笑 (←泣きたいのはクリストフさん)

このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
1

2009/7/22

第一印象は如何に・・・  Berlin

皆既日食の日って星的に何か新しい重要な始まりらしい。

なんとそれにぴったりと合わせるかのように・・・

それこそゲルナーさん4月からそう知ってて設定したのか



・・・いやいやきっと偶然なんだろうだけど

今日から3週間の予定で、ベルリン、SpandauシュパンダウにあるGravur工房でのプラクティクム(実地実習)が始まりました。
(やっぱり偶然とはいえなぜか月曜からでなく水曜の今日からってのが気になるぅ)


実習の詳細はまたあとで書くとして。。。


『おつかれさまでーす、じゃぁお先に』

ってなニュアンスで帰りの挨拶を私がしたときに


クリストフさんが一言

『エプロンは脱いでってね』 って・・・


つ、痛恨のミス


笑われた・・・(^^;



天然とか思われた?!

いや、ドイツ人ならそうではなく

(こいつ大丈夫か)

と思ったに違いないっっっ

日本のバイト先でいつも履いていたスリッパを梅田駅までそのまま履いていったこともある私。 前科あり(^^; またやっちまった


最初の印象が大事なのに(涙)

きっと私がいなくなった後奥さんやゲゼレの子らと私の話をしたに違いない。。。



ふぅ、とにかく初日は毎回ぐったり。

でも明日も笑顔で・・・ドンマイ☆

このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ


とりきちさん、応援ありがとうございます☆
いやぁ〜、書いてないけど他にも色々失敗してるんですよ(^^; でもあまり気にしない性質が幸いしてなんとかやってます♪(←少しは凹んだほうがいいんでしょうけど 笑) 
3

2009/7/15

ジェイムス・モリソンがベルリンに?!  Berlin

なんてこった!!!

歯磨きしながらぼーっとベルリンのタウン誌をぱらぱら見ていたら

James Morrisonベルリンにてライブの文字が

マジですかっ?!


そしてよく読んだら 

日にちは7月16日・・・





・・・って明日やんっっっ!!!!!!!(ギャー)



前売りチケットは当然売り切れ・・・

ファンとしたことがーーーっ(←知らなかった時点で失格です)




いやいや、まだAbendkasseで買えるみたいやし

ライブ前日ぎりぎりにこの記事を見つけたってことは・・・

やっぱり行けってことやんね?!


明日はなんとしてでもチケット手に入れるべし!!!



シュトゥットガルトにいた2006年の夏
曲ももちろんだけどこのプロモーションビデオも大好きで何度繰り返し観てたことか・・・ だからこれを聴くとシュトゥットの皆のことや生活を思い出します♪


明日の夜は本当はMuseum-Insel巡りだったけど急遽予定変更!
次はライブレポートお楽しみに♪♪♪
このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ


1

2009/7/14

キネティックアート 〜動く芸術〜  Berlin

今日は彼のお母さんと一緒にGeorg-Kolbe-Museumに行ってきた。

小さなバウハウス様式の建物で、庭には無数の、中には巨大なブロンズ等でできた人間像が立っている。 名前にもあるように、ここはベルリン生まれの彫刻家ゲオルク・コルベのコレクションがあるミュージアム。

しかし今回の私達の目的は現在展示されているキネティックアートを見るため。彼女からこんな展示をやってるよ、と聞いたときにはいまいちイメージできず、からくり人形のようなもの?と考えていたけど、全然違いました(笑)。 むしろアルゴリズム的なもの。 実際に見てこういうことか!と納得。

キネティックアートという言葉自体を私は初めて知った。日本にもこれをやっている人いるんだろうか? かなり前衛的な芸術作品ばかり。現代アートはなかなか理解し辛いイメージが私にはいつもあったけど、この動く芸術は見て楽しめるものだと思う。あっと驚かされるような仕掛けがあっておもしろい。展示数自体は少ないけど30分近くあるフィルム作品も2本あります。

アイデアはいつもどこからやってくるか分からない。

9月6日までこのROMANTISCHE MASCHINEN – KINETISCHE KUNST DER GEGENWARTは展示されているそうです。 Georg-Kolbe-Museumのホームページはコチラ。 キネティックアートを楽しんだ後はミュージアムに隣接しているカフェKで木々を見上げながらコーヒーをどうぞカップ
S75とS9がとまるHeerstraßeから歩いて5分くらいです。ただ、現在ベルリン内のSバーンは常時ダイヤが乱れている状況なので私達はUバーンの確かU2のTh. Heuss platzから歩いて行きました。



ちなみに先週はKurtur Forumの(正確にはKupferstichkabinettの)エミール・ノルデ特別展Emil Nolde. Mensch – Natur – Mythosと同時に展示されていた『100 beste Plakate 08 Deutschland Österreich Schweiz』『Pailletten – Posen - Puderdosen. Modezeichnungen und Objekte der Zwanziger Jahre』を見に行きました。 こちらもとても良かった。こういうデザイン画をGravurできるようになったらいいな、とインスピレーションももらえたし。

エミール・ノルデに関してはまた後日ブログに書きたいと思います。金曜日に今度はノルデのミュージアムに行く約束をしてるので。相方さんがいない間は彼のお母さまとデートです(笑)

一ヶ月定期もついに買ったことだしこれで好きなだけベルリン散策し放題♪
明日はどこに行こうかな^^
 このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
1

2009/7/12

不自由のない生活 in Berlin  Berlin

洗濯機がある

なんて素晴らしい環境なんでしょう!!!

自分でジャブジャブ手洗いせず、自力脱水をする必要もない!

これぞまさに文明機器!!!

キッチンがある。 テレビコンポもある。 
この当たり前が本当に私にとっては贅沢〜♪
湯船だってあるんだから(涙)




ベルリンの素晴らしいところはキューピーのマヨネーズや鰹節など日本のものがたくさん手に入ること。 

私が蕎麦以外にそうめんも買ったと知ったら母親は驚くに違いない(笑)

自分でもそうめんが食べたくなるなんて思いもしなかった。
私にとってはずっとunappetitlichなものだったから (^^; 
でも、大根おろしとめんつゆ(←これも手に入るんだからベルリン万歳!)、ネギ&しょうがで食べるこれがなんて美味しいこと!!!


日本を発つとき友人がプレゼントしてくれた大阪【鶴橋風月】のお好み焼き&焼きそばソース。 これまたなんて美味しい! 私達にとっては大好きで懐かしい黄金ソース☆
これを食べるためならたっかい高い鰹節(約800円!)だってお好み焼き粉と一緒に買っちゃう。っていうかこれはマストです。

そうめん、豚バラの代わりにSpeck、キャベツの代わりにパプリカ(たまたま冷蔵庫に残っていたので)で焼きそばを作っている私。

それはもはや

焼きそばではない!!!パー

とのツッコミが聞こえそうだけど

・・・これがなかなかイケる♪ 
やはり鶴橋風月のおかげかな 黄金ソースさまさまです ^^
ドイツ人、日本人の友人たちにも大好評

余談だけどネギをただ今育てている私。弊害として赤い目をした小さなハエを発生させてしまった。 ラインバッハでもそうだった。なぜ奴らはネギにやたらたかるんだ 忌々しい〜


話を戻して・・・

ベルリン、お寿司だって食べれるしね!!!
もちろん日本のお寿司には敵わないけど それでも^^
 クリックすると元のサイズで表示します
タイ風にアレンジされた寿司ロール 見た目も綺麗☆
一皿目はあまりの嬉しさに先にパクついて写真を撮り忘れました(^^;
ここは彼と友達がお勧めのお店 Kuchi(SバーンSavignyplatz近くのお店に行きましたが他にも店舗があるようです)
いつも予約でいっぱいらしい。確かにテーブルはお客さんで大賑わいだった。
サーモンと鰻が美味しかったなぁ・・・

次は有名な一心に行こうと計画しています。 
海鮮丼〜♪(←既に食べる気満々)


ボンには30分で行けるけど、往復8ユーロがもったいなくて普段はラインバッハ内で引きこもりケチケチ生活の私。 いや〜 ほんとに素晴らしいねぇ(涙)

 このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

どいつりすさま、コメントありがとうございます☆
そうなんですよ、もう嬉しくって涙ものです。期間限定ですけど(^^;
彼が貯めに貯めてった洗濯物の山も喜んで洗いますって感じですよ(笑)
その南米某国では手洗い洗濯まで家政婦さんのお仕事なのですね・・・た、大変だわ。。。 あと、こちらの洗濯機に使うお水ってほんっとにちょびっとだけですね。自動じゃなければもうちょっと蛇口をひねりたい気持ちに毎回なります(苦笑)
1

2009/7/9

お留守番  Berlin

七夕にせっかくこうして書いたのに、早速批判して喧嘩してしまった(^^; (内容は以下のことと全く関係ありません!)  私ってやっぱり厳しすぎ? 自分にとって当たり前のことを人にも求めるのはよくないと分かっているけど・・・ そして、どうやったら毒舌は治るんでしょうか?私は本当のことを言ってるだけなんだけど(苦笑)



今朝7時の便で彼がオーストラリアに旅立っていきました飛行機
4時半起床。 見送り。。。
 
早すぎです

もう一度寝たのは言うまでもない。


もちろんお仕事でオーストラリアに行くわけだけど・・・


私だってコアラや野生のインコ達を見たいぞー!


でもプラクティクムも始まるし、なんたってそんなお金の余裕はない。 留守番中は彼のご両親や友人と会ったり色々一人お出かけする予定。こうなったら私もプラクティクムが始まるまでの休暇を満喫するのみです!
このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
1

2009/4/14

アニー・リーボヴィッツ  Berlin

Annie Leibovitzアニー・リーボヴィッツを知っている人はどのくらいいるんだろう。
確か2年前女流写真家アニー・リーボヴィッツのドキュメンタリー映画をやっていて、梅田のスカイビルに見に行ったっけ。いつか彼女の撮った写真を生で見たいと思っていた私。

その夢が叶った。ラッキーなことに今ちょうど彼女の写真作品展がS-BahnのOranienburgerstrasseの改札口を出てすぐのところにあるC/O Berlinで開催されている。(5月24日まで)


写真なのにドラマみたいだと私は思った。
考えてみると人の顔をこんなにまじまじと見つめることなんて普段の生活ではなかなかないよなぁ。

普通、タイトルに作者の意図は凝縮されてそれが観ている人にとっては解釈の手助けになるけど、アニー・リーボヴィッツの写真作品にはモデルの名前、日付と場所が記入されているだけ。 そうか、モデル本人とこのシチュエーション自体が彼女の作品タイトルなのだとしばらくして気付いた。見ているとこの人はこういう人だ、とかその人にまつわる話が自然と湧いてくる。もちろん私の勝手なイメージ。けど、あながち外れでないような気もする。 外見で人を判断するなと言うけれど、アニー・リーボヴィッツのレンズを通して見るそれはその人の内面を見ているような気分にさせる。


最初作品を見始めたとき、世界的に有名な写真家アニー・リーボヴィッツが撮ったからこの写真は凄い!という思い込みで自分は見ていないだろうかと思った。 

『北海道産の○○』など聞かされるとなんとなく普通のより美味しく感じてしまったり、ピカソが描いたからこれは価値がある絵画なんだ、と自分を納得させているあの感じ。とにかく、意識してないつもりでも人は事前情報に結構コントロールされやすい。私もよくそうなってしまうから。。。 本当にいいものか自分で判断するためには何も知らされてないほうがいい。

人を撮るってとてつもなく難しい仕事のはず。
これは想像だけど、『こうやって私はあなたを撮りたい』という姿勢を彼女はとらないんじゃないかと思う。 いずれにせよ、私は彼女の写真が好きだ。


展示物としての写真数はそれほど多くなかったけど、それでも大きなパネルと本物の現像写真を見ることができて大満足。分厚い85ユーロもする彼女の写真作品集は売り切れで、私も他のお客さんも交代で見本のページをめくっていきました。手に入るならやっぱり欲しいなぁ・・・お金ないけど(泣)

クリックすると元のサイズで表示します
オラニエンブルガ−通りからハッケシャーホーフへ向かう
左にシナゴーグ、右にテレビ塔、そしてよくよく見ると信号が緑のアンペルマン

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ