2010/11/20

トイレ計画の終わり  プロジェクトX

希望を持ってプロジェクトを起ち上げてからもうどれだけ時間が経った?


待って待って待って 失望して あきらめかけて

でもあきらめずにやろうってちょっとずつ進めて やっと完成して・・・

完成したけれど 今度は取り付けの時期を○○の後で、いついつになったら・・・

約束は延びて ずーーーっとずっと待たされていた。

【これまでのこと】
2009年2月
最初の思いつき
プロジェクトの起ち上げ
最初の生徒会議
3月
試作品はできたけど・・・
5月
まだ生徒に期待していたころ
2010年1月
挫折から再始動
休み時間にぼちぼち作業
5月
このあとタイミングが色々合わなくて再びフリーズ




もう我慢の限界と動き出して 

やっと取り付けと思ったその矢先にまさかのストップ


学校の所有者の許可を得ていないとダメだと。

そんなの当前だけど、私は話をしていた先生を通してトップまで話は通じているのだと思っていた。 先生がいいよと、unterstuetzenすると言うから直前でそんな状況になるとは思ってもいなくて・・・


結局私は校長先生と直接話をすることになった。
それがついこないだのこと

許可は幸い下りたけれど 
もしそこでダメと言われていたら私たちどんな気持ちになっただろう!


ドイツ人の生徒たちや先生に私は期待しすぎていた。

言われた言葉を信じて待っていたけど

ここは日本のようにはいかないということ

もっと早く気づくべきだった。



さぁ今度こそ本当に取り付けとなったとき さらなる問題が発生

いつもの3人でチャレンジしたところ壁に穴があけられない
ドリルの使い方に慣れなくて 取り付けるだけの作業に大苦戦

段々暗くなっていく中(トイレの電気がつかないため)見えなくて作業中断となったり
適当なねじが足りないことが分かったり・・・

あと1歩のところでこんなに苦戦するとは思ってもいなかったので
かなり気持ちが沈みました。
やっとこの計画から解放される!って私たち喜んでいたから・・・

頑張ってるのになんで報われないんだろうって
もう言葉にしなくてもそのとき顔に表れてました。




作業時間の制限と助けてくれる先生の都合があるため
時間的にオープンスクールまでには間に合わないだろうと思っていたら

その翌日 
ピットがやって来て 「忘れててごめん」 と
そして「今から取り付ける」と言ったんです。
  
本当は一緒に前日作業する約束をしていたのに来なかった彼 
まさかそんな言葉が出ると思っていなかったので驚きました。


昼休憩は終わって7時間目の作業時間に入っていたけれど
必要な工具とねじをHausmeisterのプリオーさんに貸してもらって 
私たちは1階の女子トイレと2階に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します
約束守ってくれてありがとう!



クリックすると元のサイズで表示します
試作品のモデルはこれだった

クリックすると元のサイズで表示します
ダルガラスと厚みのあるフロートガラスを使い色んなバリエーションを作りました

オープンスクール前々日に取り付けが終わって約1週間


反応はさまざまで 感謝と驚きの言葉以外に

「こんなの作ってもすぐ壊れるから意味ないよ」

と言う子もいる  

あぁ この人は 
壊れやすいから大事に使おうっていう発想にはならないんだなぁって

そういうので心がまたモヤモヤする



でも 確実に学校のトイレ環境はよくなって

クリックすると元のサイズで表示します

もう床にペーパーが散乱したり転がってることはなくなった

クリックすると元のサイズで表示します


生徒の使い方が悪かったというよりも元々あったあのシステムがやっぱり悪かった

一番喜んでくれたのは掃除のおばさんで
彼女から感謝されたから最後までやって良かった
ストレスフルだった作業も報われたなぁ と思える



良い経験になったのかは微妙だけれど勉強にはなりました。

人に何か期待しないこと

当たり前だと思う気持ちを捨てること

押えなければならないポイントや人を見極めること

プレッシャーをかけること

この2年ほどで嫌というほど分かった。



プロジェクト自体は失敗だったけどやれることはやったから
これで満足していいよね?


ガラスと壁の穴あけをしてくれたピット、
接着作業を手伝ってくれたパウリーネとアナに感謝

そして最初から最後まで励まして手伝ってくれたマリアとエルンストに感謝  
二人がいなかったら計画倒れになってそれできっと終わっていたよ
しんどい思いさせてごめんね! 本当にありがとう!!!


【コメントお返事】
M.Oさん コメントありがとうございます☆
長かったですがやっと終止符を打つことができました。 
こちらの学校に通って毎日ドイツ人と接していくうちに私の人との接し方や付き合い方もだいぶ変わりましたね。日本よりいいと思う部分もあるし、それと同じくらい嫌だと思う部分もたくさんある。 ここの考え方に染まってしまえば楽なのかもしれないけど、完全に受け入れる訳にはいかないし・・・ どうしたらうまく人に伝わって作用するのかまだ修行中です〜(^^;   でもとにかくこのプロジェクトが終わって私もほっとしました。


ガラスのトイレットペーパーホルダーができるだけ長く使われますよう願いをこめてクリックお願いします☆
このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
19

2010/5/10

光が見えてきた  プロジェクトX

ぼちぼち理論ブロック中の空き時間を利用して進めてきたこのトイレットペーパーホルダー製作・・・ やっとゴールが見えてきたのかな・・・

クリックすると元のサイズで表示します

1月の再始動からずっと協力してくれているマリアとエルンストは先週からパリの学校研修に参加していてこちらにいません。 私の誕生日を一緒に祝えないからと言ってわざわざ出発前日にプレゼントと手作りのケーキを渡しに来てくれて感激! 2人がいなくて寂しいです。。。でも今きっと私がチェコにいたとき体験したように2人もいろんなものを見て体験して、帰ってきたらたくさんお土産話してくれるのだと思う^^

そしてそのときには・・・

このガラスのホルダーがきっと設置されているよね!


お楽しみに^^

私事の連絡です 
Iへ 誕生日の祝メールありがとう!何度も返事を送ろうとしたんやけどなぜか今エラーで全然送信できないの・・・ なんでかな・・・返事もうちょっと待ってね(^^;


このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
4

2010/1/30

ガラスだるま落とし?  プロジェクトX

ぼちぼち進んでいるトレペホルダー製作

でもやっぱり思っているより時間かかるわ

モデルを作ったセルゲィに今度聞かなくっちゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
淵の面取りがしてある手前のだるま落とし

面取りもまぁ時間がかかるけどこれを磨くの大変やなぁ(^^;

来週から工房実習ブロックに入ります
このブログを応援する?

人気ブログランキングへ

3

2010/1/16

トイレプロジェクト 再始動  プロジェクトX

このタイトルでピンと来た人、このブログのへヴィーリーダーですね^^

何それ?!っていう人やもうだいぶ前のことだから何だったっけ??っていう人はまずこのプロジェクトXカテゴリを一から順に読んでいってください。


今週プロジェクトに参加表明していた子たちと個別で色々話をしたんです。
「まだ覚えてる? やる気ある?」って

すっかり忘れてた という子もいたし
あー あれ・・・ 時間があればね という反応もあったし
今はGlaspreis(次に取り掛かるガラスコンクール参加作品)があるから とか

Ich habe keine mehr Motivation
もうやる気がない


ってはっきりと言う子もいて

もうさすがドイツ人!と思ってしまう

時間が経ちすぎたから・・・

って作業止めてたのはあんたたちでしょうがっ なんて無責任な?!

怒りがないといったらそう、嘘になるけど、でも同時にやっぱりそうなるよねと分かる気持ちもあるし、あの時素早く対応してみんなのモチベーションを上手く保つことができていたら、という自分への後悔と悪かったなという気持ちもある。 

とにかく、正直にそう言ってくれて私はずっとずっとスッキリした。 
うやむやだった気持ちが少し晴れた。 

他の人を動かせる人って本当にすごいと私思う。
自分にはそういう能力ないから。 

プロジェクトを立ち上げたものの実際の作業は全く思うように進まず、言い訳を聞いているだけで月日が経って、そのうち一人悶々とした気持ちで過ごしてストレスを感じている自分がバカらしくなって、それなら私も自分の好きなことだけしてもう知らんわ・・・ って去年の秋ごろ思ってました。


でも、毎回床に転がりまくっているトイレットペーパーを見るのはもっと最悪な気持ちで、やっぱりあきらめたくない気持ちがあることがわかった。 そしてそんなときにちょうどドイツニュースダイジェストの林さんからインタビューの依頼を受け、できあがった紹介記事を見てびっくり。 未完結のプロジェクトのことが書いてある。その応援の気持ちと、良い意味で後に引けないプレッシャーを受けて、やっぱりやらなきゃという決意をしました。

当初の目的からは外れることになるけど、でももういいの。
いつ動くのか、そもそも本当に動いてくれるのか分からないドイツ人生徒が作業するのを期待して待ってストレスを感じているより、信頼できる友達数人と一緒に自分でやっていくほうがよっぽど生産的だって。  

頭の中で構想してからもうすぐで1年になろうとしてます



「もう諦めたと思ってたよ」

先生も忘れかけていたくらいだけど
理論ブロック期間中、金曜1コマ目が空き時間の私とマリア、エルンストは今日から、ガラスを切り削っていく作業を始めました。




ドイツ人がエゴイストに生きるなら私もそうして自分のやりたいようにやるだけ
クリックすると元のサイズで表示します
ハロー?  自己満足でいいからこれを変えたいんだ


できるよって思う人はクリックしてください

このブログを応援する?
人気ブログランキングへ

【コメントお返事】
H.Sutoさん こんばんは^^
やはり気になっていましたか?! 本当にエンジンがかかるのが遅くって、でもやっと少し具体的に動き始めました。どうか見守ってくださいね^^ 
8

2009/5/1

間もなく始動  プロジェクトX

だんだん誰がほんとに参加してくれるのかわかってきた。

夏休みに入る前、つまりこの1学年目が終わる前になんとかしてA棟のトイレ環境を改善したいなぁ。

グループの流れ作業で試作品をもとに量産していく予定。

パネル工・研磨工グループが製図どおりに必要なガラスをカット&面取り
         ↓
加工デザインされるガラスをそれぞれ絵付けグループ、サンドブラストグループにバトンタッチ  各自で作業を進める
         ↓
デザイン付けが終わったら再び研磨工グループにバトンタッチ  最終の組み立て&接着
         ↓
各トイレに設置    



私の中ではやる気になればちゃちゃーっと完了する計画だけど、ドイツ人生徒をmotivierenやる気にさせるのってほんと難しい。

来週の木・金に2日間かけてガラス科1年生の大事な個人プレゼンが行われるのでプロジェクトのグループ作業の始動は再来週から、ということになりました。 さ〜どうなるかな?(^^;
1

2009/3/27

試作品  プロジェクトX

発足から約一ヶ月・・・
第2回生徒会議ではトイレの備品の考案とプレゼンを行いデザインの候補を決めました。 でも、グループでの生産体制に入る前に、選ばれた図案から試作品を作ることをSchleiferei工房のメンバーに依頼。 ほんとに実用的に使えるか、云々チェックしないとね。

そして今週徐々にプロジェクトの試作品が仕上がってきました!
Bクラスのセルゲィが手がけたトイレットペーパーホルダーの試作品
クリックすると元のサイズで表示します
レアとマリアのデザインをもとに寸法は彼が考えてくれました
芯の部分は本来一本の棒ガラスの予定だったけど、現在Schleiferei工房にそれがない・・・ ってことで彼が機転を利かせ、丸くくり貫いて角をとったフロートガラスをUVランプとUV接着剤で重ねて代用☆
ほんの少し波打ったフォルムが綺麗です。
目から鱗! やるや〜ん セルゲィ!!!(^^*

クリックすると元のサイズで表示します
ばっちり機能します!トレペホルダーとして!!!
今学校にあるこの上なく不便なホルダーに比べて抜群に良い(笑)
あ〜 これだけでだいぶカオスが改善されるでしょう(単純に嬉しい)

一方パウリーネ発案・製作のペーパータオル入れも完成したんだけど、これはまだ改善が必要と判断。せっかく作ってくれて悪いんだけどね・・・ でも設置するからには実用的な良い物にしないと。パウリーネ、マセル、セルゲィ、ラーマスホーフェン先生と共に使い勝手の良い作りを考えたいと思います。
マセルが担当している予備トレペを置く台の試作品も来週にはできあがっているはず☆

来週末から2週間のイースター休みです。一旦間は空いてしまうけど休み明けに次の生徒会議をしてそれぞれの備品の装飾模様を決めたいなと私の中では思っています。透明のフロートガラスだけだとちょっと味気ないもん。Gravur工房にあるサンドブラストのデザイン集と絵付け工房の図案からいくつかデザインをピックアップして人気投票でもするかな?
考えていた予定よりははるかに遅い進み具合(ぶっちゃけ)なんだけど、それでも学校のトイレ環境が改善される日は徐々に近づいています♪ 



1

2009/2/11

記念すべき第1回生徒会議  プロジェクトX

予想以上にたくさんの生徒が205の教室に集まってくれて驚くと同時にとても嬉しい!
クリックすると元のサイズで表示します
先週から教室に張っておいたこのリストには誰がこのプロジェクトに参加して何をできるかを書いてくれている。私の発案を聞いて一番最初に名前を書いてくれたのはBクラスのピット。
「デザインから設置までに必要な全ての工程に参加する!」
と名前の横には書いてある。
このプロジェクトにはSchleifereiガラス研磨工の生徒の協力が絶対必要で、それが実習専攻であるピットがそう言ってくれたらものすごく頼もしい。他にも「サンドブラスト」「絵付け」「ガラスカットと接着」など具体的にみんな書いてくれてます。一番下には「Ernst  laecheln!!」とある。エルンストはスマイルをふりまいてくれるらしい(笑) とにかく研磨工以外にも絵付けから、パネルガラス工、ガラス彫刻のすべての全ての工房から生徒が集まりました。素晴らしい!そしてこのリストに名前は書いてなくても教室に集まって話を聞いてくれた子が他にもいて、たぶん20人以上いたんちゃうかな?

今日の会議(というとたいそうな響きだけど・・・)ではまずこれからの計画を話し合った。なにはともあれトイレットペーパーを設置するガラスオブジェクトとその予備を置く台のデザインをまず決めることが先決。デザインが仕上がったらきちんとした設計図を仕上げ(これはパウリーネが担当)、適材適所で各自に仕事を分担し、製作を進める。イースターの休みに入る4月前に作業が終わってくれるのが一応の理想。でもなんせ私自身もみんなも経験したことないことをこれから一緒にやっていくわけだから、これはあくまで理想で期限目標を決めるつもりはない。 
来週また同じ時間に同じ教室で2回目の生徒会議を行います。デザイン案を考えられる子はガラスデザインの授業でやったようなミニプレゼンをし、その中から候補を決定する予定。

こうして書くと順風満帆のようだけど、アニカたちのグループは壁にペイントすることを考えていて(大規模にトイレを改造したいらしい)、トレペ関連の製作には関心がないようだ。最初話を聞いていたけど途中から出て行ってしまった。。。二つの工程を同時進行で進めるつもりのアニカ。だったらなおさら連携をとってほしいのに。ガラスのオブジェクトとどんなんか想像もつかないけどアニカたちが描こうとしているものがお互いに合わなかったり、学校に全く関連するものじゃなかったら・・・ アニカにそのことを話したけどちゃんと理解してくれたかな??? むーーー 波乱の予感。。。

1

2009/2/6

プロジェクトの立ち上げ  プロジェクトX

担任のワーグナー先生の授業前にうちのAクラスで、そしてその後シュトラウスダス先生の授業中お邪魔してBクラスでそれぞれ私の考えているプロジェクト内容を話した。

私がここの学校に来てからずっとなんとかしたいと思っていたこと。
それはずばりトイレ!
私はこの学校に来ることが数年前からの夢だったし、今こうしてその場でガラスのこと全般と新しくGravurという技術を学ぶことができて本当に嬉しいし、学校が大好き・・・ ただしトイレを除いて。。。

一番の要因はここのドイツ人生徒に「次の人のために」という心遣いが欠けていること。自分たちで掃除をしないということも原因。日本だったら高校まではだいたい班ごとに週替わりで自分たちの教室や廊下、トイレなどを掃除するけど、ドイツではどこの学校でも清掃員の人任せで先生の監督のもと生徒が掃除するということがない。(年末に教室の大掃除という名の軽い片付けはあったけど) 
「清掃員の人が掃除するからいいや」「他の人のことは関係ない」という感覚がかなり感じられる。そういう意味で、日本の学校で生徒が自分たちで学校を掃除するというのはほんとに素晴らしいことなんです!これも今の学校での実情を見て改めて感じた日本の良いところ。(まぁ好きで掃除してたわけじゃないけどね)

トイレ自体が機能しないというわけじゃない。問題は・・・

トイレットペーパーを床に置く
もしくは床に落として転がしたまま
それを直すことなく新しいトイレットペーパーが持ち込まれ
全部使い切ることのない半端なトイレットペーパーが床に散乱
ペーパータオルを容器にセットせずに積み上げられたものを使う
→必然的ペーパーなだれ
ペーパータオルがなくなったらトイレットペーパーで手をふく
(ドイツ人は手を拭くためのハンカチを持っていない)


 これらを不快に思っているのは私だけでなくもちろん他にもいるけれど、結局「ここのトイレは最悪!」という文句だけ吐き捨てて状態は何も変わらない。

「トイレを綺麗に使ってください」
先生たちの会議で各クラスに警告するよう決定され、先週クラス委員のデニスから伝えられた連絡事項。ガラス科の全学年はもちろん他の科にも伝えられたけど・・・
はっきり言ってそんなん意味ねぇーーーーー!!! 
そんな口頭の一回きりの注意じゃ残念ながらやっぱり何も変わってないんです。

そもそもなんで生徒はトイレットペーパーを床に置くのか???
それは・・・・・・

信じられないけど、設置してあるローラーの芯が取り外せないから!!!木の芯の両端がねじでとめられて、取り外すためにはドライバーが必要。。。なんでこんなバカな作りにしたのかほんまに意味不明。 そしてトイレによってはこのローラー自体(ペーパーを取り付けられなくても縦に置くことができる貴重な場所!)がない!!!よりによってトイレの絶対数が少ないこの学校のガラス科の生徒が利用する2つのうち一つがそう。取替えが簡単にできない構造で他に置けるような場所がないから床に置く(だいたい転がってるけど・・・)という流れが見えてくる。 

この根本的な設備の問題が生徒の使い方の悪さをさらに助長し、清掃員さんはそれにうんざりしてちゃんと清掃してくれないこともある。そしてさらに環境が悪化。。。
こんな完璧な悪循環ある?! 
さらに驚愕するべき事実は、ローゼンバウム先生とこのことについて話をしてわかったことだけど、1年以上も前からすでに生徒のトイレの使い方が問題として議論されてきたのに生徒が利用するトイレの設備自体の問題を全く知らず、それでもって解決策が見つからないままほったらかしにしていたこと!!! 他の先生たちもこの事実をほとんんど知らないよう。
先生たちは教員用の清潔なトイレを使っていて(トイレの鍵をみんな持っている)、私たち生徒のトイレをめったに使うことがない、というか使いたくないから行かない。だから清掃員からの苦情で会議の項目にあがることはあっても実際の状況を知らない。  
この1週間で両者と話をして次々と明らかになった先生と生徒の認識の違い。お互い結局見たくないものを見ようとしてこなかったんだと思うし、これもそもそもの大きな原因だったんだ。   

ということで前置きが非常に長くなりましたが、私が計画したプロジェクトとはガラス科の1年生でチームを作り、今の状況を少しでも改善できるよう、各トイレにトレペを置く台&機能的なローラー等を製作、設置すること。
ガラス絵付け・パネル工・ガラス研磨・ガラス彫刻の4つの専門分野を歩み始めた生徒がそれぞれの得意分野を生かしてデザインから製作、トイレへの設置まで自分たちの手でやるというのがコンセプト。もちろんガラスを使って。 注意されるだけよりはこっちのほうがモチベーション上がるでしょう? そして自分たちのためのものを自分たちで作ることで、きっとトイレの使い方の意識も変わるかな〜、変わったらいいなぁ〜というのが真の狙い。

これは休み時間や放課後残っての自主的な仕事。残業が大嫌いなドイツ人。
でも心配をよそにみんなからの反応は好意的で、用意した張り紙にはもう何人かが名前を書き込んでくれた。 来週の水曜日の昼休みに205の教室で最初の【生徒会議】が行われます。それまでに協力してくれる生徒はどれくらい現れるんでしょうか?!


オラフ(笑) コメントありがとう。
読んでくれてたん?全然知らんかった! ていうかドイツでもってどういうこと?!私高校でもそんな変な委員やってたん??? 本人全く覚えてないんですけど(汗) めっちゃ気になるわ!今度メールして秘密で教えてね!

シュバルツバルトさん コメントありがとうございます。
おっしゃっる通り、口は達者な人が多いですよねぇ(笑)
でも全員参加ではなくて、有志を募ってチームを作るので、果たして私の話を聞いて実際にどれくらいの子が動いてくれるかは全くわかりません。しかも彼らのことだから話をまとめて全員が納得した中でこれを進められるかも実は大きな不安です・・・ すんなりうまくはまず行かないでしょうね(^^;)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ