2007/1/5

忘年会と新年会と仕事始めと新年会と・・・  イベント

(だいぶ)明けました おめでとうございます
更新全然せんと正月からなにやっとんや?!と少しイライラしていたあなた
色々あったんやってぇ^^; 書きます書きますぅ

2006年12月31日 大晦日
SONYにお勤めの駐在さんファミリーと友達で忘年会。子供も入れて総勢11人。デュッセルドルフからわざわざ送ってもらったという魚をさばきみんなで手巻きずしパーティー。ちなみに私の役割は冷凍甘エビの殻むき。たいち(6歳)、はな(3歳)と3人で早むき大会。前回牛タンパーティーのときと同様刺身の盛り付けも担当。日本のテレビが見れる駐在さん家。録画してくれていた紅白歌合戦を見る。まさかドイツで紅白見れるなんてっ!

食べて飲んでしゃべって食べて飲んでしゃべって… そうこうしているうちにドイツ時間31日23時半。外が騒がしくなってきた。ドイツでは大晦日、新年を迎えた瞬間にロケット花火がいたるところで打ち上げられる。待ちきれないのかフライング花火が次々に夜空へ(普通にそこらじゅうの道端で、家の前でロケット花火 ありえへん) まるで花火大会で打ち上げられるような本格的花火。0時を迎えた瞬間四方八方の家々から、甲子園の風船飛ばしかといわんばかりに花火があがりまくる!これStuttgartじゅうのを集めたら本物の花火大会開催できそう。 そして現地で新年を迎えた瞬間紅白で歌っていたのは五木ひろし(だからなに) 花火大会はその後半時間以上続き1時前にやっと静かに。この日はみんなと話して就寝1日午前7時。初日の出、力尽きて見れず。あともうちょっとやってんけど。

2007年1月1日 元旦
12時起床。おせち料理がこれまたまさかドイツで食べれるなんて… マメに働きエビのように飛躍してよろ昆布っと。 おやつの時間にはUファミリーが持参した恐らくめちゃめちゃ高いであろう茶のみでお茶をきちんと立てて、和菓子とともに抹茶を頂く。あの、日本でもしたことなかったんですけど。 晩ごはんはそば。あれ?順番逆? 気にしない。 本当は帰るはず…が、もう一泊することになったのでこのまま勢いで新年会突入。

クリックすると元のサイズで表示します
子供たちはかるた取り たいちよそ見してますが
ただの正月遊びじゃなくドイツ生活のほうが長い子供たちにとっては日本語のお勉強

1月2日
ドイツはですね、信じられないことに今日2日から仕事始め…うちの工房も例外ではなく。うちの母に言ったら、「さすがドイツならではよね!」って…そんなんいらーん! 日本で21年間お正月を過ごしてきたので三が日は食べて寝るってスタイルが染み付いちゃってるんですけど(泣) がんばって行ってきましたけど。こっちはクリスマスと正月の過ごし方が日本と逆みたい。

1月3日
はいー今日もがんばって出勤。そして夜は別のお家で新年会。ドイツ人とこに嫁いでここでの生活も5年になるみことさんとこへ。友達1人も呼んで行ってみると、モデルハウスか!と思うほどきれいな家で、リビングが家具といい食器といい完全に高級日本料理屋。案内してくれるのは日本で庭造りの勉強をしていた灯篭マニアの旦那クリリン。

クリックすると元のサイズで表示します
見てこれ…
日本食食べてないだろうからってお寿司にちらし寿司に煮物に昆布巻きに茶碗蒸しまですべて手作りで。全部めっちゃおいしい(感涙)!Stuttgartでお店出せますほんまに! 

食事も落ち着き4人で談話しているときにしかし事件が… なーんか気持ち悪いと思ってたらだんだん冷や汗が出てきて目の前が真っ暗になって倒れました、私… 顔が真っ青で藤木君状態だったらしい。ここんとこのどんちゃん騒ぎ&寝不足&仕事で脳貧血を久々に起こしてしまったみたい。ごはんだけ食べに来てそのあと倒れるって超迷惑な来客^^;ドイツ人の旦那さんもそら気ィ使うわ。

1月4日
昨日11時に帰宅してからすぐ就寝。朝起きて、準備はしたけど…「すいません 休みます」と工房に電話を入れ、再びベッドへ。2時にゾフコおばちゃんの作ったスープを食べまた寝て… で、起きて時計見たら7時。(晩ごはんなんか食べよかやめようか そろそろメールも書くか)と思い携帯を見ると5日7時10分。…???19時じゃないの?5日??

爆睡というか昏睡状態で起きたら日付変わってました。なにやってんだ私。2007年始まって早々空白の一日。 自分にショックを覚えつつ今日は工房に行きました。

2007年の抱負
★一日を無駄にしない ドイツにいるのもあとわずか。大学に行けるのもあとわずか。
             だから、だから知らないうちに一日過ぎるとか絶対あかーん!
★やせる       これからやせるんやからっ 帰国までに…
★がっつり勉強&バイト 日本帰ってからね

こんな私ですが本年もどうぞ宜しくお願致します。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ