2010/3/11

吹きガラスの現場を訪ねて  チェコ研修の日々

チェコから帰ってきてからすぐに学校が始まり
なんだか課題と試験がもう目と鼻の先に迫ってるわ 研修のレポートとアンケートはしなあかんわ 調べたいこともあるわ 友達の誕生日プレゼント買わなあかんわ・・・

スーツケースはやっと片付けたんですけどね(←おそっ!)
そんなこんなでチェコの報告が遅れています。。。
ごめんなさい〜(^^;
私の撮った写真が3分の1ほど友人のパソコンの中に入ったままで手元に全部揃っていないのが気に入らないのも進まない理由にあったけど、CD-ROMとして返ってくるまでまだ時間がかかりそうなので予定の順を変更して ぼちぼち紹介しはじめます 
お待たせしました!!! 



パートナー学校での作業以外にチェコにいた3週間中
全部で5つのホットガラスのワークショップを訪れました。  
高級シャンデリアなどを生産している世界的なチェコのガラスブランドPRECIOSAの巨大な工場からアーティストの個人工房まで 実に様々な吹きガラス職人の現場・・・ 間近にその様子を見れたことは本当に貴重な体験になりました。PRECIOSAのホームページはこちら

Nový BorにあるAjetoガラススクールはレストランに隣接しており
ガラス越しにゲストは食事をしながらその作業の様子を見ることができます。
私達は見学以外に吹きガラスを体験させてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
そーっと ゆっくり ゆっくーり
ホットガラスの形状を保つために息を吹き込む最中もパイプを常に回転させないといけません
クリックすると元のサイズで表示します
シャボン玉みたいに綺麗にできたガラス玉
各自記念にもらって帰ってきました♪ 
私のガラス玉はこの記事の一番下に載せてます^^

こちらはLindavaのAjetoガラススタジオ
クリックすると元のサイズで表示します
こんなにかわいい建物の中は

吹きガラス職人たちの熱気に包まれていました!
クリックすると元のサイズで表示します
同時進行でガラスの具合を見つつ 
見事なチームワークで
ガラスのランプや花瓶が次々と作られていきます
クリックすると元のサイズで表示します
ガラスの形を整えているところ

Ajetoグループのホームページはこちら
レストランの写真もあるので是非ご覧になってくださいね☆


こちらは小さな個人工房
クリックすると元のサイズで表示します
ここでも阿吽の呼吸で魔法のようにガラスがその形を変えていきます
クリックすると元のサイズで表示します

*******吹きガラスに使う道具をちょこっと紹介*********

目がくらんでしまうほど明るくて熱い炎のその中に
溶解したガラスがあります 
中空パイプの先にオレンジに輝くそれを取り出して作業開始
クリックすると元のサイズで表示します

木の型枠
クリックすると元のサイズで表示します
ガラスをここに突っ込んでベースとなる形を整えます

色々な形状のハサミ
クリックすると元のサイズで表示します

熱いガラスにプレスして模様をつけるハンコ
クリックすると元のサイズで表示します

ガラスをひねったりする道具
クリックすると元のサイズで表示します
・・・えっと ・・・ あー日本語が出てこない〜(^^; 
なんといったらいいのか名前がわかりません

**********************************



これまたとある工場
クリックすると元のサイズで表示します
吹きガラスの流れ作業の最後はこの人のもとへ

一見ただのおじいちゃん・・・

煙草をふかしながら楽々と作業をこなしているように見えるけれど
簡単そうに見えるものほどその裏には技術習得のためのものすごい努力と経験が隠されているんですよね
クリックすると元のサイズで表示します
自由自在にガラスを操るその姿
目が釘付けになりました◎o◎

ここでも吹きガラスを体験させてもらいました
クリックすると元のサイズで表示します
お間抜けな姿だけど真剣ですっ 笑
昨年秋の旅行でハーメルンを訪れたときに
地元の工房で子供達に混じり(!)初めて吹きガラスを体験した私
今回はだからこれで3回目です

私が吹いたガラス玉
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと歪んでるけどまぁ良し(^^;

チェコの吹きガラスワークショップの様子いかがでしたか?!
面白かった!という人はクリックお願いします♪♪♪

このブログを応援する?

人気ブログランキングへ
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ