2009/12/2

天使の季節  グラビール

工房は工房でも今週からまたModulzeit(専攻以外の3工房で順に実習をする期間 私たち今週は絵付け工房)が始まったことと、実習レポートや工房での試験、あと個人的な用事が色々重なって今テンパってます。 たぶん土曜まで今週大変そう。。。 そんなわけでちょっと更新滞ってたけど今公開しないとどんどん遅くなりそうだから今日アップしちゃいます。  


クリスマス前にGravur工房にまた戻ったときに表面のマットな部分を磨きあげるのでまだ完全に完成ではないけど、立体彫刻自体は終わって表面が濡れているので雰囲気は伝わるはず・・・





クリックすると元のサイズで表示します
青い被せガラスに天使のグレーヴィング
光を通すとその削り取った色ガラス層の深さによって濃淡が

肌の部分もっと滑らかにしないとダメですね
でも、顔や手足もちゃんと分かるから上出来と先生に言われました。
ほっ(^^;


練習した天使(もちろん右!)と比べてみたらどれだけこの本番ガラスの天使が良くなったかわかると思います。アップの写真じゃないけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
光のあたる部分はこんな感じ?と勝手に色ガラスの層を完全に削ってしまった左半身。光を全透過させる部分はほんの少しでもっとグラデーションが必要と知って気をつけた右半身。 おかげでこんな不自然なプロポーションと強すぎる濃淡のコントラストを持った天使第一号が誕生 顔も変・・・(^^;
左に置いてある本番用ガラスにはEisblumierungがしてあります(日本でこういうガラスなんて言うのかな サンドブラストした背景部分に膠を塗り、ガラス表面のテクスチャーを氷の結晶のように変化させています)  不細工な天使を見てこの子はそうはさせまいと決心したときの写真


それではまた!
このブログを応援する??? 人気ブログランキングへ
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ