2009/7/19

Gluecksvase  サンドブラスト

大学でドイツ語を教えていただいたドイツ人の先生から昨日メールが届きました。

先生が今夏から新しい職場に異動されるため、大学の友人が先生のために送別会を開くという連絡が入ったのが6月中頃のこと。 1年間だけしか先生の授業は取っていなかったけど、とても丁寧に授業をしてくださった先生のことがすぐ思い出されました。

先生の授業単位をもうちょっと取っておけばよかったなぁ(そしたらもっと正確なドイツ語能力がついてたかも・・・)とか、もっとあの時発表したら、話をすれば良かった、と後悔も少しあります。今なら先生ときっとたくさんお話できるのに・・・

7月に予定されていた送別会。卒業生と現役の総勢40名以上集まるそうで、私も参加したかったなぁ。。。もちろん帰国予定はなかったので会には残念ながら参加できません。


だから代わりと言っちゃなんだけど、日本で暮らしている先生に、ドイツに住んでいる私からメッセージカード以外に何か贈り物をしよう!と思ったのです。何か喜んでくれるものを・・・  試験にプチ遠足に引越し、と色々と立て込んでいたんだけど、やはり何か自分で作れるものを贈ろうとその時決めました。

そしてそして・・・引越し当日に完成させて、学校が終わったら自分の部屋の最終大掃除をする前に梱包して郵送しましたよ(^^; ほんとギリギリ(毎回そう 苦笑) 速達航空便で無事に間に合って届いてくれるかほんとにどきどきでした。 


先生が新天地でますます活躍されるように
買ってきたブルーの花瓶にドイツの幸運のシンボル
【テントウムシ・四葉のクローバー・蹄鉄・ブタ】、そしてアンペルマンを主にサンドブラストで彫りこんでみました。
クリックすると元のサイズで表示します

即効梱包して郵便局に持って行く予定だったため、チャチャっと撮影したのであまりいい具合に写真に撮れていません・・・ピントぼけぼけです・・・う〜でも仕方ないね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
散りばめた小さなクローバーと蹄鉄の丸い釘部分はグレーヴィング
「Viel Glueck und Erfolg」の文字はグラスリッツェンで彫りこみました。


このサプライズは成功したようで、先生からのお礼のメールによると、現在お家の窓台に置いてありとても気に入っているとのこと^^

『Gluecksvaseを見るたびにあなたのことを思っていますよ』

と書いてあって、照れます(笑)
私としては満足いかない仕上がりで申し訳ないなぁと思っていただけに、こんなに喜んでもらえてとても嬉しい。やっぱり作って良かった(でもちゃんと試作するべきだったよ〜) 


この花瓶が本当に幸運をもたらしてくれるといいなぁ☆
このブログを応援する???
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
 

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ