2009/5/26

パテ詰め地獄  学校

今日はGlasereiステンドパネル工房で実習。
私たちGravurメンバーのメイン課題は前回のような複雑な形を型紙通り(各型×5)ガラスカットすることと、小さな窓枠に綺麗な円カットを施したフロートガラスをしっかりとパテ詰めして仕上げること。
クリックすると元のサイズで表示します
粘土のようなパテを様々なへらを使ってならし、ガラス部分を固定する
これは一辺だけへらでならし始めたとこ。
昨日も一日中パテをこねこね、指で詰めてはへらでならし、完成したらそれをはがしてまた練習の繰り返し・・・ このパテ、なんとも形容し難い臭いをはなっている。いくら石鹸で手を洗っても昨日からずっとこのパテ臭がぷぅ〜ん(−−; 服からも、そして腕時計からも臭いがする!パネル工を専攻している生徒たちによると2日間この臭いはとれないそう・・・

円カットの様子も写真に撮りたかったけれど昨日そこまで余裕がなく断念(パテでオイリーになった手でカメラを持つ気もなかったし・・・) 丸くガラスを切り抜く方法のおもしろさ以外に、保護メガネと保護手袋をした両手に金槌・・・と、なかなかすごい格好での作業でした。 今日はこの課題の仕上げと、ヴィクターが途中放棄したフュージング課題を絵付け工房の先生から頼まれて休み時間も作業。疲れた(^^;

完成(被写体として魅力的じゃないけど・・・)
クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ