2011/5/5

折鶴募金にご協力いただきありがとうございます!  折鶴募金

【追記*ビデオ動画を追加しました】

まだイースターの休暇が始まる前のこと

地元ラインバッハのお店などに募金活動に協力していただけないか聞いて回り
了承を得たところでは募金箱と折鶴を置かせてもらいました。

ここは街で一番大きな本屋さんKayserのレジ
クリックすると元のサイズで表示します
募金活動について店長さんが快く了承してくださいました。
小さな折鶴をカゴの中に入れています。

フライヤーとポスターは学校のメディアデザイン科の先生が作ってくださいました。
真ん中に見える白い球体は生徒が昔作った折鶴のボールなんですって!

時間的にもうちょっと余裕があれば
文字の配置や大きさを変えてほしいなぁーと思いましたが
何せ休暇直前に完成しただけでも有難かったです(^^;


写真はありませんが
ラインバッハの生徒がよく利用する文房具屋さんEnglerも同じように折鶴募金を応援してくださっています。


ここは学校でのメッセ開催時から地元での募金活動にご協力いただいている
ライファイゼン銀行ラインバッハ支店の中です
クリックすると元のサイズで表示します
4月前半に何度か支店長さんと話をして
1階の一画にこうしてスペースを設けていただきました。
ブタの募金箱も健在です!^^

私が銀行に行くと必ず挨拶をしてくれる女性銀行員の方がいるんですが
彼女をはじめ他の窓口に立っている方たちもお客様との話の最後に
折鶴募金活動のことを紹介してくださっているんだそうです。

2週間ベルリンにいた間は友人マリアに折鶴を託し、
各店から私に連絡があると彼女に補充しに行ってもらえるようにお願いをしていました。

イースター休暇でベルリンに行く前に用意していた折鶴
クリックすると元のサイズで表示します
今日銀行でカゴを見たところ、この時の分はほとんどなくなっていたみたいです^^



そしてこれもベルリンに出発する前日のこと

ライファイゼン銀行が600€寄付をしてくださる事は3月から分かっていたのですが
色々な審査を経て4月15日に正式に寄付金をいただきました。

この新聞記事はラインバッハに戻って来た一昨日に
お隣さんがわざわざ切り抜きにして持って来てくださいました↓

クリックすると元のサイズで表示します
生まれて初めてこんなものを持ちましたよ(笑)

会場で銀行の方がなんか大きなもの持ってるなぁと思っていたけれど
まさかパフォーマンス用に小切手を用意していたとは・・・(^^;

今も部屋に置いてありますが邪魔スペースがちょっと狭いんでどうしましょう。。。   いえ、でも本当にライファイゼン銀行の皆さんには感謝しています! うちの学校が利用しているのが違う銀行なのが申し訳ないですけれど(−−; 



おかげさまで、これまでの折鶴募金活動でラインバッハでは約2700€が集まりました。 私が卒業する前にここでで集まった募金は東北の学校に義援金として贈ることができるようにします。

そして、ボンの折鶴募金グループの口座はこれまでの街頭・チャリティーイベント募金活動と個人からの寄付を含めて5500€を突破しました。 当初、ドイツ赤十字で独自に開設した口座は1ヶ月ぐらいのスパンで更新ということにしていたのですが、フライヤーやホームページにリンク情報を載せていることと、目標設定金額を越えると期限が来る前に口座が閉じてしまう・・・ということが分かり、ボンのメンバーとの話し合いの結果

目標金額を最大の10.000,00 €に引き上げ

3月18日からスタートしてちょうど3ヶ月の節目となる6月18日を現在の口座の最終利用期限と設定しました。

こちらでの報告が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

ボンの街頭での募金活動はそれを目どに終了すると思いますが
折鶴募金活動自体が終了してしまうわけではありませんので!
(私はそう願っています!!!)


ちなみに 
つい先日行われたボンのチャリティーコンサートでは3220€集まったそうです! 
素晴らしい〜〜〜 
もちろんコンサート自体も大成功だったと
当日、募金活動の手伝いに行ったメンバーから聞いています♪^^

【5月1日にボン大学で行われたチャリティーコンサートの様子】

途中から見られるのはアーヘンの大聖堂の写真です



これだけたくさんの募金がボンと小さなラインバッハの街で集まったのは
折鶴や折紙を届けてくださった日本人の皆様の協力なしには有り得ませんでした。

まだ終わりではないですが
これまでたくさんのご支援をありがとうございました☆
本当に本当に感謝しております!!!

今後の活動予定を考慮しながら
また折鶴が必要になる場合はこちらやメールでお知らせしますので
その時はご協力どうぞよろしくお願いいたします^^



【コメントお返事】

ボンの一市民様へ
イベントに足を運んでいただき、また折鶴募金にご協力いただきありがとうございます!
これまでに折鶴を送ってくださった在独日本人の方からも同じようなことを何度か言われました。この活動を通して日本の被災地の方だけでなく、ドイツで悲しい思いをしていた方の気持ちも少し明るく楽になったのならばとても嬉しいことです。 迫りくる卒業試験のため今は勉強に専念しないといけないですが、これからも被災地支援活動を続けていくつもりです^^ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ