2011/3/30

読んでください  分類なし

被災地に医療チームとして赴き活動をされた方の記録です

読んでください 
http://blog.goo.ne.jp/flower-wing


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
4

2011/3/30

また涙が・・・  折鶴募金

更新がちょっと止まっていました。

心配をかけてごめんなさい。 



私は大丈夫です・・・・

と言いたいところだけど

各県庁の刻々と変化する被害状況リストを見ていてまた涙が止まらなくなりました。

表にされた数に愕然として

それ以外の空欄を埋める『調査中』の文字の多さに心震える。


そして後ろで流れていた原発のことしかもう伝えないラジオを消す。


辛すぎる現実。


クリックすると元のサイズで表示します
みなさん折鶴をありがとう
折鶴ってこんなに美しいものなんですね・・・
もう15人以上の人からたくさんの折鶴を箱や封筒で送っていただいて、
そして手紙やメールで色々な言葉をかけていただいて励みになっています

大丈夫か?と電話をかけてくれる人
私の代わりに買い物に行ってくれる人
気分転換に聴いてよ、とCDを貸してくれる人
リラックスして、とハーブティーの差し入れをくれる人・・・

ほんとに有難い 思ってくれている人の優しさが

もう泣きたくないのに涙腺がゆるむ

でも嬉し涙です。






週末にBeuelで行われた募金活動はドイツ人と日本人でペアになり行いました。
(基本的に日独の組み合わせで街頭活動することにしています)

日本人が想像するような募金活動ではなく
積極的に人に話しかけて花祭り開催地を回ったそうです。
すべての人が良い反応をしてくれたわけじゃないけれど
ほとんどの人が私たち折鶴募金グループの話に耳を傾けてくれて
すでにオンラインで募金をしてくれていたのにまた募金をしてくださった方もいたのだとか 


以前も少し書きましたが

私たちはただ募金を呼びかけて折鶴を渡して終わりじゃなくて

面と向かってありがとうと差し出せる折鶴が

ほんの少しでもたくさんのことを伝えられるきっかけになって

受け取った人にとってドイツの報道よりも心に残るものであってほしい



東北各県庁の被害状況報告を見て今、なおさらそう思います。




明日ボンのグループの子らがラジオインタビューの取材を受けることになりました。
私は試験と提出物に追われてボンに行ける状況じゃないんですが
ちゃんと日独のコンビが代表で出てくれるので安心しています^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
5

2011/3/26

ボンのみんな  折鶴募金

ボン大学日本学科で2度目のミーティング
クリックすると元のサイズで表示します
日本人留学生やボン在住の日本人の方が増えてさらにパワーアップ

街頭での募金活動以外にしなければならないこと
フライヤーやウェブサイトの制作、折鶴や集めた募金の管理、
ボン大学でのチャリティーイベントに向けての実行案など・・・

ドイツ人と日本人でチーム分けをして各リーダーを決め
組織として形になってきたと思います。



ボンのグループもいよいよ明日から本格始動!



ボンにあるideeという雑貨屋さんの協力で日の丸紙袋をラウラが用意してくれていました^^
クリックすると元のサイズで表示します
折鶴もスタンバイOK!!!
私もドイツ各地のみなさんから届けていただいた折鶴を持って行きましたよ☆


試験と迫りくる原案提出締切のためあまりボンに行けない私だけれど
ここの皆の協力でたくさんのことが実現できそう!
クリックすると元のサイズで表示します
ありがとう! そして 頑張ろう!^^

明日明後日にボンのBeuelで開催される花祭りで折鶴募金活動をします!
いい天気になりますように・・・

私は卒業制作原案作りに取りかかるのでお手伝いにいけないのですが
ボンのみんながいるから心強い^^

頼んだよ〜〜〜



こちらは日の丸紙袋を協賛してくれたお店ideeの方
クリックすると元のサイズで表示します
お店では折鶴を1€でお客さんに買ってもらうというスタイルですが
売上の全額を折鶴募金に寄付をしてくださいます!!!
協力してもらえるという話を聞き、お礼をして折鶴を託してきました。
フライヤーもでき次第置かせてもらう予定です。




ちょっと頭痛がするので今日はもう寝ます
メールの返事、少しお待ちください
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
13

2011/3/25

新聞に紹介されました  折鶴募金

先週末、学校のメッセ会場で行った募金活動が地域新聞に紹介されました

クリックすると元のサイズで表示します
たくさんの満足顔(めっちゃ直訳です)

クリックすると元のサイズで表示します
地元ラインバッハと ボンの学生たちを中心に
折鶴募金を展開していくことが紹介されています。



Raiffeisenbankの方と来週半ばにもう一度話し合いをしてきます。
土曜日の時点では250€と聞いていたのですが
600€も寄付していただけることになりました!







職人試験まであとひと月ちょっと

募金活動に奔走する毎日ですが

試験勉強や作品制作の予行練習などぼちぼち進めています。

心配をしてくださっている方へ

返事ができていなくてごめんなさい。

でも、ちゃんと卒業しますよ!!!

そのためにここに来たから・・・


7月までこれから駆け抜けていきます^^

クリックすると元のサイズで表示します
使う道具を確認



明日ボンで2回目の話し合いをしてきます^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
10

2011/3/23

ベルリンから届いた日の丸エコバッグ  折鶴募金

ドイツ各地から送られてくる折鶴に混じり

ベルリンから届いた日の丸エコバッグ

クリックすると元のサイズで表示します
うちに届いた折鶴とともに

週末、ベルリンでも大々的に募金活動が行われたらしく
おにぎりとこの日の丸エコバッグの販売は大成功を収めたそうです^^

このエコバッグ、街頭での折鶴募金に使わせてもらいますね!!!




今日は学校での折鶴募金活動を知らせるべく校内放送をしましたよ


中学生だったころ放送委員をしてたことがあったけど
ドイツの学校でも放送をすることになるとは思いませんでした(^^;


事務員さんから『大きな声でやり直し!』とダメ出しされ
2回もアナウンスすることになったけど・・・

あとで友達に
「なんで2回したん?ちゃんと最初の放送聞こえてたのに 笑」
とやたら言われました。

やっぱりね・・・ 
全校生徒がそう思っていたに違いない(−−;

まぁ 繰り返し言って損はないでしょ
 



綺麗でカラフルな折鶴はドイツ人生徒や先生から大好評ですよ^^


街でお願いをしているお店への募金箱が用意でき次第
みなさんから届けてもらった折鶴をさらに羽ばたかせられるようにします!





放課後、買い物をしていたとき男の子に声をかけられました。

「今日メンザで募金活動してたよね?」 と

そうだよ と答えると

彼はおもむろに財布を取り出して 2€硬貨をくれました。

募金箱ないから明日学校で・・・と言った私に

「明日は仕事に行くから受け取って(彼は理論を学校で、実習を会社で行うBlockschüler
のようでした)」

と言い、去って行きました。


もらった2€硬貨にはドイツのAdler鷲
(写真では分からないと思いますが・・・)
クリックすると元のサイズで表示します
ありがとう とメッセージつきの折鶴と並べました

ほんとありがとうね!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
9

2011/3/21

学校のメッセで募金活動  折鶴募金

土・日に行われた学校が会場のメッセにて最初の折鶴募金を行いました。


土曜日
 
開始の11時前から助っ人に来てもらった4人とテーブルなどをセッティング

前日にドタバタで急きょ決まったこの募金活動

許可を下してくれたRaiffeisenbank Rheinbach支店の開催責任者の方が私の元にやってきて

「12時から開催セレモニーがあるから君の募金活動のことを紹介する」

と言ってくれたんです。



そして12時・・・


どういう紹介のされ方をするんだろうと観客側に立っていたら

司会の方に

「はい、じゃあこちらに来て」

と呼ばれて・・・



クリックすると元のサイズで表示します
向かって私の左側がラインバッハ市長です


司会者の方がずっと説明をしているので

あー この人が全部言ってくれるんだ

と思っていたら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ななな なんと

マイクを渡され・・・


クリックすると元のサイズで表示します

スーツ姿のみなさんに注目され緊張しましたが

言いたいことは言えたと思います(^^;



新聞記者の方が来ていたので集合写真

↓これは友人に撮ってもらったものですけど

クリックすると元のサイズで表示します

よりによって真ん中ーーーー

なんなのこの残念すぎる姿

場違いにもほどがある。。。 

持っていた折鶴を女の子に渡し
一応学校の生徒だから
シャンパンは遠慮してオレンジジュースを右手に
そして募金箱をジョッキのように左手に

はにかみながら

心の中で

折鶴募金に協力してくれたみなさん

なんだか ごめんなさいーーー 

と叫んでました(^^;

ほんとすいません。。。




折鶴募金活動ですが、よいスタートを切れたと思います。


校長先生との話し合いで
ラインバッハの学校はボンのOrigami-Spendeグループとは独立した形で募金活動を行い、具体的に被災地の学校のために義援金を送ることになりました。 

どの地域のどの学校に義援金を送るのか

それはまだこれから校長先生や私以外に他の方々との話し合いの上で決めなければなりません。
しかし、学校校舎の再建や両親を亡くした子供たちのためなど、とにかく何かしら支援ができるのであれば・・・   具体的に決まり次第また報告させてもらいますね!
  

たくさんの人から本当にたくさんの寄付をしていただきました。

市から貸してもらった募金箱は私たちが開けられないようになっているので

まだ合計金額はわからないけれでも、それでも期待は大です^^


メッセ主催者のRaiffeisenbankラインバッハ支店からは

なんと250€の義援金をいただけることになりました!

しかも、この折鶴募金に全面協力すると!!!

まだ具体的にどういうバックアップをしてもらえるのかは上層部の方々の話し合いで決まると思うのですが、それでも・・・  近々ラインバッハ支店のマネージャーの方と話をしてきます。



メッセ会場である体育館の前、メンザが私たちの活動場所でした
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり子供たちに折紙は大人気^^


日曜日の助っ人!
クリックすると元のサイズで表示します
日の丸! ナイスアイデアです^^


折り紙教室本当にできるかもしれない
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




みなさんから届けていただいた折鶴
クリックすると元のサイズで表示します


ただ、お礼に渡すだけじゃなく
 
立ち止まってくれたみなさんに

なぜ折鶴を渡しているのか

ドイツ各地の日本人がどんな思いをこめて折ってくれた折鶴なのか


そして

今被災地で人々がどんな暮らしをし、支え合っているのか

復興までにどんなものが必要になり、これから何年もかかるだろうこと


今回の大震災と比較すれば小さいということになるけれども

私自身が阪神・淡路大震災を経験し覚えていることも話しました。


ときには 原発についての議論に発展することも・・・




私自身、今猛烈に忙しくって
協力していただいている皆さんに
お礼の返事などが行き届いていないことが多々あると思います。
ごめんなさい。

でも、折鶴を通して

ありがとうの気持ちの他にもたくさんの思いをのせて

いただいた折鶴を渡しています^^


*折鶴募金を地元で始められた方々へ
折鶴作り協力の声が私のもとにたくさん届けられているので、もし地元での活動に折鶴が必要!という方は私に連絡をください。 そちらに折鶴を届けてもらえるようアレンジします



【コメントお返事】
あやへ 
あはは ギャップが素敵やろ?!(笑)  
うん、でも心配してくれてありがとうね。 学校のこともやらなあかんから大変は大変やけど、私がやれることはやろうと思ってる^^  支えてくれる人がたくさんいるのがほんと有難いよ。
ほんで、折り紙日本から送る? いらんいらん (のりツッコみさすが 笑)
そっちは関西から日本を元気に立ち直らせて! 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
19

2011/3/20

【重要】ドイツ赤十字にて折鶴募金の送金窓口ができました!  折鶴募金

ボン大学日本学科全面協力のもと

折鶴募金の義援金受付窓口をドイツ赤十字にて開設しました

タイトルは
Origami-Spende - Tausend Kraniche für Japan

私が以前紹介したこの折鶴の写真が目印です
クリックすると元のサイズで表示します

地元で折鶴募金をされた方にとって
共通の目的と活動コンセプトをもった赤十字の募金受付口として
ご利用いただけたら と思います!

目標金額は大きく!

Aktionszeitraumとして目下のところ4月3日までとなっていますが
集まった金額がいったん清算された後
同じSpendeaktivitätを継続更新していき
被災地にできるだけ早く定期的に義援金が届くようにします。

ドイツ赤十字折鶴募金受付こちら

日本からの要請がない限りドイツ赤十字の人間が被災地入りすることはないが(21日の現時点)
集められた義援金がドイツ赤十字を通し日本赤十字に渡されることは確認済みです!!!



私たちはFacebook上でもOrigami Spende, Tausende Kraniche für Japanという名のもとグループ活動をしています!


【コメントお返事】
matsukoさん、初めまして 
交流のあったドイツの学校から気遣いのメールがあったこと、そして被災地のためのチャリティ活動を考えていること、本当に嬉しい限りですね。  その学校のことで少し伺いたいことがあるのでよろしければ左側にあるメールフォームから連絡を頂けますでしょうか?(コメントで記入していただいたメールアドレスがうまく見れず・・・すみません) どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
3

2011/3/20

ダルムシュタットで折鶴募金バザー  折鶴募金

折鶴募金が各地で広がっています!

ダルムシュタットより

娘さんの通う幼稚園主催のバザーにて
クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ人ママさんが日の丸クッキーを用意してくださったそうです!
用意した折鶴とクッキーはほとんどなくなり大成功だったとのこと^^

まるこんぶさんのブログはこちら



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
1

2011/3/19

折鶴募金について話し合い  折鶴募金

学校が終わった後リンデン先生の車に乗せてもらってボンに向かいました。

初めての顔合わせ
先週末から呼びかけて被災地支援活動に賛同し
集まってくれたボン大学のドイツ人と日本人、そして先生

私だけ大学と全く関係ない部外者だったけどそんなことはどうでもいい


これから本格的に募金活動をするにあたり考えなくてはならないことを話し合いました。
お金を集めるのですから慎重に、そして責任を持って対応しなければなりません。

ドイツ語と日本語を交えて3時間に渡る話し合い


今日のメンバーと会い

日本のために何かしたい!
そして
ドイツのマスメディアを鵜呑みにしている人々に
私たちから何か発信しなくては!!!


その気持ちを誰もが持っているとわかりました。


組織として活動するために各自の役割を決め
赤十字やボンの市役所にも今後の活動のための確認を取りました。
お願いをして会合の途中からはボン大学の先生にも加わってもらい話をしました。

強力な後ろ盾と
優秀で誠意を持った学生たちが集まっている

募金活動の他にフライヤーの準備、ゆくゆくはメディアを使っての宣伝も・・・

一人では無理だけどこの人たちのネットワークを駆使すれば

もっと大きな活動にできる

大丈夫 大丈夫 きっとできる!!! 

私はいつも根拠のない自信がありますが
今はちゃんとそう確信できるパワーを感じます^^



ボン大学日本学科の協力のもと
ドイツ赤十字を利用し【折鶴募金】を本格的に始めます。


募金の10%はVerwaltungskosten管理費としてドイツ赤十字の母体を支えるために引かれますが
残りのお金は義援金として日本赤十字を通して被災地に届けられます。

団体の管理・維持費としてどの機関でも10%ひかれること
義援金が必要な場所にちゃんと届けられること
そして、ドイツの街頭で活動するにあたり
認知度と信用の高さを考えると
やはりドイツ赤十字という結論に至りました。


これから各地域で折鶴募金をしてくださる方にとっても
共通の送金窓口となるように・・・

受付窓口が開設され次第こちらで公表します。
お待ちください!



これまで折鶴協力の連絡を頂いた方の中で
ケルン、ダルムシュタット、そしてスイスイタリア語圏でも折鶴募金が始まると聞きました。
ベルリンでも折鶴募金をするようです。
たとえ職場や幼稚園、身近なサークルの中でも
少しずつ広がっているのは嬉しい^^




さて、日曜日のラインバッハでの街頭募金活動ですが

なんと・・・

日曜のショッピングデーは友達の勘違いで4月だった!!!
ということが今日になって判明・・・
日曜のことですでに協力をお願いしている人がいたので一瞬真っ青になりました。

確認を自分でしなかった私が悪いのですが
買い物にも行けないくらい忙しくて
張り紙などを見ることができず・・・(−−;


しかーし ですね

明日、明後日にうちの学校の体育館で開催される住宅メッセにて
募金活動を急きょすることになりました。


衝撃の事実を知ったあと
事務員さんやハウスマイスターと連絡を取り
校長先生以外にもメッセ開催者の許可が必要と分かって右往左往 (^^;

でも、二人の開催責任者の方と電話がつながり
募金活動の許可が下りたんです!

はー 良かった〜 (^^;

明日は市長も来るそうなので

アピールします!



Aさん、Uさん、折鶴と折紙を早速届けてくださってありがとうございました!!! 


【コメントお返事】
くろろさん、折鶴募金協力と情報をありがとうございます。(返事@)
私はテレビを持っていないのでこのインタビューを先ほど初めて見ました。 
日本赤十字からはまだ正式な要請がないということですが、日本国だけで対応できるような被害状況ではなく、復興までに莫大な資金が必要になるのは明らかで、いずれ体制が整い次第正式な発表があるものと考えています。 今はまだ国内の義援金対応に追われている状況なのでしょう。
順々に海外からの義援金が被災地のために使われるように願っています。

くろろさん、どくとるくまさんへ 
まず、返事が遅くなり本当に申し訳ありません。
他にも気になっていらっしゃる方がいると思います。

ドイツ赤十字ボン支部に友人が電話で確認したところ
日本の今回の被災地救援のために集められたお金は日本赤十字にちゃんと届くが
日本赤十字からの要請がない限りドイツ赤十字の人間が現地に出向くことはない
という回答をもらったそうです。
ですからOrigami-Spendeに集まった義援金は日本赤十字に届けられるものとして考えてもらっていいのですが、一応念のため明日、月曜日に彼女にボンの支部を訪れてもらいもう一度事実確認をします。 【←確認しました!義援金はドイツ赤十字から日本赤十字に届けられます!】日本赤十字に渡ったお金は被災した自治体の義援金分配委員会に送付され、現地でさらに必要な物資や資金として分配されます。 多額に集まった義援金の分配については気になりますが、刻々と変化する状況に合わせて正しい使われ方をしていただけるように、これはもう赤十字社を信用するしかないと思います。    
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
8

2011/3/17

みんな本当にありがとう!  折鶴募金

折って
クリックすると元のサイズで表示します

折って
クリックすると元のサイズで表示します

折って
クリックすると元のサイズで表示します

5・6時間目の授業を今日はお願いして特別に折り紙教室にさせてもらいました。

折り方を覚えた友達は【先生】としてまだ知らない子たちに教えてくれていました!

クラスメイトも先生もみんな・・・ 感激です!!!


そして

今週の日曜日にラインバッハの街で募金活動をすることが決定しました!

募金箱を市役所からもらえそうだということが今日わかったので
メンザでの折り紙募金も箱の到着を今は待ち
この日曜日にできるだけたくさんの折鶴【第一陣】をはばたかせられるようにします^^

今日のみんなの協力で250羽以上にはなっているかと・・・

みんなの力はすごい!

そしてネットの力も本当にすごい!

昨日呼びかけてから
すでにたくさんの人から折鶴募金協力のメッセージが届いていて
本当に 本当に嬉しいです!!!

挨拶に行けなくて申し訳ありませんが
ブログやFacebookに折鶴募金に賛同し紹介をしてくださった皆様
ありがとうございます!


皆様の愛情のこもった折鶴がこちらの人に届けられる日が来るのを今から楽しみにしています^^


折鶴募金で集まった義援金をどこの機関に送るかなど
金曜日には決定できるはずなのでお待ちください。

それでは!



がんばれ日本! はばたけ折鶴!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
9

2011/3/16

ドイツ在住の皆様にお願い!折鶴を届けてください!  折鶴募金

【*追記しました】


昨日学校が終わった後
友人たちに折り紙を使ってツルの折り方を教えました。


日本のシンボルとして

募金をしてくださる方に【ありがとう】の気持ちを伝えるため

そして被災地の方々に少しでも早く元の生活に戻ってもらえるように

ただ募金を呼びかけるだけでなく、折鶴をドイツの人々に届けたい・・・


そんな思いつきから始めた折り紙教室

『ドイツ人のソーセージみたいな指では無理 笑』

とか

『えっ これ白鳥じゃなかったん???』

なんて勘違いも・・・

「Kranichツルやってば!!!(^^;」

と私がツッコむと

『あー そうなの?  で・・・ ツルって何?』
・・・(^▽^; ドイツで見ないもんね。。。


とにかく みんな四苦八苦しながらも初めての折り紙を体験しました。


今日の休み時間にもテーブルで折り折りしていたら
『何作ってるの?』と友達

私のアイデアを話すと
『私も!僕も!』
と、 再び折り紙教室開催(笑)


でも、おかげでこんなにたくさん! 

クリックすると元のサイズで表示します
100羽近くできました!!!
最初は難しくても一度コツを覚えるとみんなどんどん折ってくれましたよ^^
私が持っていた折り紙や和紙は全部なくなってしまったので
手元にある紙を正方形に切って折り紙用に使っています。


校長先生にもこのことを話して
明日からオフィシャルに折鶴募金を食堂で始めるつもりです!



今日は1月に退官されたグラビール工房のシュバルツ先生が学校にいらっしゃって、カリグラフィーの授業中だった私のところまでわざわざ来てくださいました。 

たくさんの人から声をかけてもらい、心配してもらえて、私も今毎日人の優しさに触れています。

シュバルツ先生は私の考えに賛同して『日本の復興のために』と早速募金をしてくださいました!!! もちろん折鶴をお礼に渡しました^^ 

『素晴らしいアイデア』とたくさんの人に言ってもらえたので
折鶴できっと募金活動の知名度もあげられると思っています。   




日本の人にもここのみんなの思いが届きますか?
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと不細工だけどドイツ人が気持ちを込めて作った折鶴です^^




今週の日曜日は数か月に1度ある日曜日にお店が営業している日
(ドイツは基本的に日曜はお店が休み) 
 
市役所からの許しが出れば
この日曜日、間違いなく大勢の人々で賑わうラインバッハの街に繰り出し
被災者のための『折鶴募金』を始めます。 
友達もどんどんアイデアを出してくれて
子供たちのために折り紙教室を行い、それで寄付金を集めよう!
という計画も出ています。
きっと地域新聞も記事を書くために来るはずだから、このチャンス逃したくない!



えーと 

そんなわけで思っているよりもダイナミックに今活動が進んでいるんですが

私も学校の友達にも用意できる折鶴や折り紙の数に限界があります。


授業があり、課題があり、試験があり、卒業制作原案も取り組まなければならない。

今日、明日、明後日の3連続で試験、私は金曜にまた発表があります。

学業をまずこなさないといけないため

折鶴作りに充てられる時間は本当に本当に限られているのが現状。

私も隙間を縫って人と連絡を頻繁にとらなければならず忙しいです。







だから・・・


個人の募金以外にも何か日本のためにできることがあれば

と考えていらっしゃるドイツ在住の日本人の皆様


どうか少しでもいいので折鶴を届けてくださいませんか?
日本の折り紙でなくてかまいません。

新聞紙でもカラフルな包装紙でも、正方形に切った紙で鶴を折ってくださいませんか???

折鶴以外のモチーフでも構いません。
(できるだけ数を集めたいので複雑なものを作る必要はありません!)


何か折ることが時間的に厳しくても

もしお家に折り紙折り紙に使えそうな紙(正方形で用意してくださると助かりますが、こちらでカットすることも可能)が余っていたら私のところまで届けてほしいです。



折鶴、あるいは紙を提供してくださる方、左下のメールフォームにご連絡ください。
(*郵送費は申し訳ありませんがご負担願います)


私の企画に賛同してくださる方、ブログなどお持ちでしたらで宣伝してください。

ドイツだけでなく海外各地で同じような支援活動を始めてもらえるきっかけにもなれば、と思っています!

【*追記】
すでに何人もの方から連絡を頂いています
ありがとうございます!

協力をしてくださる方へ または協力を考えておられる方へ
折鶴募金はまだ始まったばかりです。
長期的な支援活動と考えていますから郵送の期限などは今のところ決めていません。
焦らず少しずつ折っていただいて まとめて送れる量になった時に郵送してください。

*送料を抑えるために できるだけかさばらないよう箱や大きなクッション付きの封筒などに詰めてください  日本人はドイツ人と比べて格段に器用だと思いますから、可能であれば小さな折鶴も大歓迎です!



でも

もし身近に協力できる人たちのネットワークや募金活動をできる場所があるのならば
ドイツ各地域でこの折鶴募金を展開するのがいいと思います。
郵送料だってもったいないですものね。

一極集中するよりも もっと大きな活動として認知してもらえるほうが
ドイツ全体で日本への救援活動の関心を高めることになるし
遠い遠い日本にも私たちの気持ちが形になってちゃんと届くはずです
(募金先としてドイツ赤十字を使ったグループ義援金の利用を視野に入れています)

ドイツだけでなく海外から日本を元気にしましょう!!!






msさん、コメントをありがとうございます!
募金活動は2011年3月の津波震災直後からラインバッハとボン市内の街頭、大学などで当時在独していた日本人の方々と共に約1年行っていました。ボンで集まった募金はドイツ赤十字に、そしてラインバッハで集まった募金は福島の子供たちが沖縄で自然学習体験をする奉仕慈善活動のために贈られました。

津波大震災から2年経った今も私はドイツに住んでいますが、募金活動をする場所や機会がないこと、また当時一緒に活動を行った日本人ドイツ人メンバーがそれぞれ帰国、卒業などの理由で折鶴募金活動を続けることは難しくなりました。ラインバッハの義援金贈り先が決定した今年の1月までまだ色々とあったのですが、すっかり疲れ果ててしまって私一人では今のところ何もできません。

そんなわけで現在折鶴は受け付けていないのですが、それでもmsさんの折り鶴協力の申し出有り難く思います。
何より、ブログ更新が完全にストップしてしまっていた中、コメントを頂き、久々覗いた自分のブログに色んな驚きや考えさせられることがありました。ありがとうございます。
2013年9月3日 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
19

2011/3/15

まずは学校から始めよう  学校

今日、友達や担任の先生そして校長先生に学校で何か日本の被災者のために活動できないか話をしました。

ドイツから物資を送るのは困難なので私たちからは寄付金と日本に向けてメッセージを贈るなどを計画しています。

すごく驚いたことは、私が休み時間にやってくる前に校長先生とFOS科の先生が
日本に向けての救済活動を学校でできないか既に話し合っていたこと。

募金活動を許してもらえるか聞くつもりだったのに
先生たちはすでにもっと先のことを考えてくれていて
思わず嬉し涙が出ました。



まずは学校から始めて


市役所にも連絡を取り

ラインバッハの街全体でも募金活動ができないか計画しています。

スーパーなどのお店にも募金箱を設置してもらえないか

考えられることやできることはすべてやるつもり



そして

Facebookにはボンを拠点とした支援活動に参加表明してくれた人たちのためのグループを作りました。

ボンのような大きな都市でどうやって具体的に活動するのか・・・

何をどうやって? そしてどこに寄付する???

今はネットを通じて意見交換をしたりまだまだ人を集めている段階です。
今週末学校が終わったらボンに向かい話し合うことにしています。
(あー私もボンが徒歩圏内ならよかったのに・・・)

ボンでの支援活動協力者引き続き募集!
他都市に住んでいる人でも
ボンにお友達や知り合いがいらっしゃる方は
一度声をかけてくださると助かります!
連絡は左下のメールフォームまでお願いします^^
クリックすると元のサイズで表示します
上を向いて♪


負けるな日本!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
5

2011/3/13

日本を支援します   分類なし

Facebookのアカウントを作りました。

日本の友人と連絡を取るため

そしてドイツ、ボン近郊に住む日本人やボン大学の学生と何か一緒にできないかと思って

クリックすると元のサイズで表示します



まだ今は知り合いを通じて数人に声をかけているだけで
コミュニティさえちゃんとできていない状態ですが

ボンを拠点にした東日本大震災の被災地への支援活動をする際に協力をしてくださる方

もしこのブログの読者の中にいらっしゃいましたら私に連絡をください!
左のメールフォームか
Facebookでアカウントをお持ちの方は
Masami Hirohataで検索し、連絡をください。



いつか必ず形にして日本に支援が届くようにします!

日本のみんな頑張って!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
3

2011/3/13

災害時にペットの一時預かりを協力している団体  分類なし

地震、津波、火災に続き今度は原発事故・・・

被災地の拡大が続いています。

遠く離れたドイツから少しでも何か役に立つことができないか手探り中です。




避難所や動物の種類によってはペット同伴が認められていないことがあり
現在も愛するペットを家に置いてこざるをえなかった被災者が多くいるそうです。

家族同様のパートナーを連れていけない・・・なんて悲しいことでしょう。
このような緊急事態では仕方がないことかもしれませんが
ペットを残してきた被災者の方々にとっては心配でたまらないはずで胸が痛みます。


災害時にペットの一時預かりをしてくれる団体があるのを知ったので紹介しておきます

動物愛護団体
(諸事情により団体名は伏せさせていただきます)


こちらは個人で小鳥保護の活動をされている方です
災害時小鳥サポート

動物を保護する数に限界があるので
被災地のペットを搬送してくださるボランティアの方や一時預かりに協力してくださる方、及び救援物資の援助をお願いされています。


日本でこれらの活動に協力できる方はいらっしゃいませんか?

他力本願なのは分かっています。

でも、人と動物の命がたくさん救われるよう 
今はこのスペースで情報を発信することがせめて私ができることだと思っています



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
1

2011/3/12

Google災害用掲示板とドイツ赤十字のリンク集  分類なし

Googleのこちらから被災地の状況や避難所、鉄道運行状況、安否確認のための伝言サービス各種が紹介されています。


日本の友達からも少しずつ連絡が入ってきてひとまず安心しています。



こんな状況で日本の人が私のブログを読んでいるとは思えませんが

震源地から離れていても、いつ起こるかわからない新たな地震・余震に備えて

非常食と水の確保、そして家の中の家具の配置を確認してください
揺れで倒れてくるようなものには突っ張りなどが必要です。

そして手元に必ず懐中電灯を用意してください!

阪神淡路大震災で夜が明けるまで、日が昇るまで暗闇がどれだけ怖かったことか・・・


【追記:黒い森の白いくまさんのどくとるくまさんの記事から転載】
・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。
 
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。

以上、一人でも多くの方が、コピーペーストで広めてくれることを願っています。

* * * * * * * * * * * *

・X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!

・携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!

・ヒール履いてる人は折る!

・食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。

・トイレは基本ないからビニール袋を。

・火事などの二次災害に注意!

・パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

・ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。(↓くま注1)

・あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。(↓くま注2)

* * * * * * * * * * * *
(↑阪神淡路大震災の経験者の言葉。双方共に、一番元の出典は既に不明です。
読みやすくするために、改行や太字などを編集しました。・・・くま記)

くま注1:ストッキングだけでなく、フリースなど化繊のものは一瞬にして火だるまになる事があるので、要注意。

くま注2:ナプキンはかなり大量に血を吸うので、止血というよりも「傷口を清潔なクッションで覆う」という感じになります。あればハンカチなど清潔な布で覆って止血した方がいいでしょう。長時間きつく縛り過ぎないように!





ドイツ赤十字は今回の東北地方太平洋沖地震のための義援金(日本赤十字に送金されます)を早速募っています
ドイツ在住で今回のの災害募金に協力したい方は
こちらのサイトからオンラインでの寄付ができるようになっています

ドイツの銀行口座からの振込先は以下の通り
Spendenkonto: 41 41 41
Bank für Sozialwirtschaft
BLZ: 370 205 00
Stichwort: Tsunami
 




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ