2009/4/20

写真で振り返るStuttgart  分類なし

2週間のイースター休暇中の私の足跡 
シュトゥットガルト編

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタは素晴らしいホスト
シュトゥットガルトのVHS市民大学でイタリア料理の講師をしていたくらい料理上手な彼女。そしててきぱきしていて歳を感じさせないくらい活発でお洒落。 気づいたらいつも深夜1時前、とお喋りがつきない。 私もこんな風に素敵に歳とっていきたいなぁ・・・Stuttgartにいたときも今も同じ気持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタの創作フレッシュチーズ その名も『バジリコ爆弾』
名前は強烈だけど絶品! 私もぜひマスターしたい一品

このグラスを見るとシュトゥットガルトに帰って来たなぁ〜って^^
クリックすると元のサイズで表示します
この時期はちょうどワイン開きで街中ではシュトゥットガルト恒例のワイン村が開催されていた。夜は雰囲気が良いWeinstubeワイン酒場に連れて行ってもらい、家でもご主人含めて毎晩ワインで晩酌・・・夢のようなワイン三昧の日々(笑) それにしても二人は本当によく飲む。。。 病院の錠剤を白ワインで飲むご主人・・・いつもそうらしい(^^;)

マルクトハレで買い物
クリックすると元のサイズで表示します
青果店にて
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは日本とはだいぶ違うドイツのお肉屋さん

クリックすると元のサイズで表示します
クリスタのご主人が所属している男性コーラス隊のコンサート
聴衆は美味しい料理を楽しみながらのコンサートということでコーラス隊は揃いのエプロン♪

クリックすると元のサイズで表示します
今回シュトゥットガルトに行った目的はクリスタを中心とした工房仲間の作品展を見るため。私とクリスタはガラスモザイク仲間でもある。小さな画廊の一部を借りた展示。場所にもう少しゆとりがあったらとも思ったけど、クリスタの新しい作品を見てまた良い刺激を受けた。

3日半という短い滞在。けれども工房をサプライズで訪れ、ユリアやマーラーさん、ゴメッツ先生と私の通っている学校のことを話したり、みんなの製作中のステンドグラスを見たり・・・先生はでも私にあまり驚かず、また来たんか、という感じでした(笑)
こちらで知り合った日本人の皆との再会、そこで新しい出会いもありました☆
かつて毎日のように乗っていたS-Bahnと地下鉄を乗り継いで、ほんの3時間だけだったけど当時の大家のゾフコさんと、ちょうど故郷のクロアチアからこちらに来ていた息子のズラトコさんとも再会できました。ゾフコおばちゃん、ひざが少し悪くなったみたいだけど、それでもZovko節は相変わらず健在で元気元気☆ 私が遊びに来たことを本当に喜んでくれて嬉しかった。そして、ラインバッハから持ってきた作品やグラスそれぞれを気に入ってくれた人にプレゼントして、これもとても喜ばれました^^ こうして目の前で喜んでくれると頑張ってもっといいもの作ろう!という気になるもの。

短かったけどたくさんの人と再会できて、やっぱり行ってよかった。
でも今回会えなかった人たちもまだまだいるのです。。。
次はいつ会えるんかな〜 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ