2008/9/30

Stuttgart訪問  イベント

26日の午後、授業が終わってからスーツケースに荷物を詰めて駅に向かう。
目的地は私のドイツでの故郷、Stuttgart。ここ2週間ビザの件でこの出発直前まで信じられないごたごたがあったけど、もう自分でできることは全部したから知らーーーーん! とにかく嫌なことは忘れて逃避行 なんせ2週間の秋休みなんやから♪
クリックすると元のサイズで表示します
ジュエリーショップの装飾にプレッツェルが使われているのがStuttgartらしい(笑)

夕方中央駅に到着したらすぐにObertuerkheimのTiffany Glas−centerへ直行。DBのいつもの遅延のおかげで30分の遅刻。 でもゴメッツ先生夫妻が笑顔で迎えてくれた。 私がここに来たのは単に遊びに来たわけではなくて27,28日に開催されるゲストを招いてのオープン工房でお手伝いをするため。3日間はゴメッツ先生の自宅でお世話になって、月曜日はStuttgartに住んでいたころの大家さん、ゾフコおばちゃんの所に泊めてもらう。

オープン工房は1年に1度の大イベント。昔からのお客さんや新しいお客さん、たくさんの人を招いて今ここで何をしているかを見てもらい、そして何よりも作ったものを売る大チャンスなのだ。メッセで手伝いをした時のように私はモザイクガラスの担当。ゴメッツ夫妻は販売と全般、トーマス&ミヒャエルは注文を受けた分のガラス切りと運搬、ユングさんとザイレさん、シュルツさんは流れ作業で花のモチーフ作り、ゴメッツ家の長女イサベルはとんぼ玉作り。とみんなそれぞれ大忙し。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は作業中のユングさんと水曜日メンバーの方々

懐かしい人たちにたくさん再会できた。工房の先生や同僚をはじめ、Stuttgartを帰国する直前挨拶できないまま別れてしまったマルタ&ルイ夫妻や、曜日ごとに変わる仲間(みんなシュヴェービッシュの方言が素敵なおじいちゃんおばあちゃん達)、そして2年前のメッセで言葉を交わした人が私の事を覚えていて声をかけてくれたのも嬉かった。

ここで知り合った日本人の友達とも短い時間だったけど会えたし、ゾフコおばちゃんもいろんな意味で相変わらず元気そう。 2年という年月が過ぎてもみんなにこうして迎えてもらうと、ここに住んでいたのがつい最近までのような気になってしまう。Stuttgartはやっぱり私の第2の故郷やなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴメッツ先生からお礼にと、なんとモザイク作りに使えるZagZagと学校のよりはるかに上等なガラス切りをプレゼントに頂く やったーーー! ほんまにほんまに嬉しい(涙)

クリックすると元のサイズで表示します
この地方の名物料理Rostbraten mit Zwiebeln und Spaetzle 要はステーキとシュヴァーベン風パスタ  量が多いので最後は飽きるけどやっぱりドイツ料理にしてはここの地方のは全部おいしい。ちなみに奥に写ってるのは奥さんのほうのゴメッツさんが注文したカツレツ+ポテト。。。胃が重くなるということ、こちらの人にはあまりないらしい
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ