2007/3/9

金曜のみんな  工房(Stuttgart)

工房に行くとシュミットさんから「ハンカチちゃんと用意しといたわよ」って。
ショルツ氏さてはみんなに言いふらしたなー
クリックすると元のサイズで表示します
シュミットさんの「アディー(ばいばい)」がめちゃ好きやった
私が作ったセラミックのモザイク作品を今度作るって☆ 嬉しいなぁ

クリックすると元のサイズで表示します
ずっと好きでした… 私の中で密かにアイドルだったエルケ
独り言が多いんだけどそれもかわいいからいいねん。 エルケ、好きだぁー!

クリックすると元のサイズで表示します
セニョリータ☆ 陽気でいつも鼻歌歌ってるスペイン人ユリア
こないだファッシングに一緒に行ってからすごく仲良くなったのに…

クリックすると元のサイズで表示します
物知り博士 ホレンダー教授
博学なだけじゃなくウィットのある返しでいつもみんなを楽しませてた。作業中のエプロン姿が愛らしい(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
アシスタントのザイレさん 21歳の息子がいるとは思えない

クリックすると元のサイズで表示します
ホレンダー教授と私とショルツ氏
ざんねーん ぶれちゃってるよ けど金曜の男性陣と良い記念になった

月曜から金曜まで行って工房のおじいちゃんおばあちゃん達と別れを告げた。
「また会えるでしょ? 待ってるからね!」
「幸運と成功を祈ってる!」「あなたならできるわよ!」
みんなからそれぞれのメッセージ
そして先週別れを告げたツヴァイクレさんから思いがけず私宛てに手紙が届いた。
文末はこう。
【Liebe Masami, nie den Kopf haengen lassen,sondern immer Kopf hoch!】
愛するマサミへ うつむかないでいつも頭を上げて前へ進むのよ!

(私なりの解釈意訳)

工房のみんなに会えてよかった。ほんとに。 明日は荷物を取りに行って、いよいよゴメッツ先生夫妻とスタッフのみんなとお別れです…。 間違いなく泣きます。
1

2007/3/8

木曜のみんな  工房(Stuttgart)

工房に行くとみんなが「待ってたわよー」って。私が来るまで休憩もコーヒーも待っていてくれたらしい。そしてインドからドイツに嫁いだ肝っ玉母さんマーラーさんが私のためにチーズケーキを!感激!!! めちゃくちゃおいしかった。マーラーさんにはなぜかよく恋愛指導されたなぁ。でも彼女の話してることの8割は息子さんと夫の自慢なんやけど(笑)でも全然嫌みじゃない。家族を誇りに思えるって素晴らしいことやと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
木曜のメンバー
上左からヤクビクさん、クリスタ、バウムガートさん、カリン、インゲ
手前2人がブルーニ(左)とマーラーさん(右)
マーラーさんが今朝焼いてくれたレモンチーズケーキをみんなで食べてるところ。

クリックすると元のサイズで表示します
Tiffanyコースを最近始めたばかりで知り合って間もないペトラ
けどお互いなぜか親近感がわいて私から勝手にdutzen(「君」で呼び合うこと) そして「これあげる」って手作りのネックレス・ピアス・ブレスレットを別れの際にくれた!ただただびっくり。もうすごい嬉しい…

ブルーニからはアロマ緑茶をもらった。すごくいい香りがする。

一緒によくBesenwirtschaftワイン居酒屋に行ったり、家に遊びに行ったりして一番の仲良しだったクリスタ。 イタリア語教師の彼女に連れられ夜は市立図書館で行われたドイツ語イタリア語の朗読会に。初めてきちんとイタリア語を聞く。全っ然わからへん、おかしいほど。ま、ドイツ語聞いてても眠くなるんやけど(^^; 朗読のあとの食事が最高。イタリア人がイタリア食材で作るイタリア料理。しかもバイキング(ワインも) 生きててよかった。日本ではきっと味わえないものばかり。(食べるのに夢中で料理の写真撮るん忘れてた…)

ミモザの花ももらい、今日は本当にプレゼントいっぱい。クリスタと別れるとき泣きそうになったけど我慢した。「会えてよかった」私も本当にそう思う。
1

2007/3/7

水曜のみんな  工房(Stuttgart)

外人局に午前中行ったあと正午過ぎ工房に行くと…作業場に誰もいない? ゴメッツ先生に聞いたら私が一番乗りだと。みんな来てると思ったのになぁ。先生に聞いたら、キスラーさんとツェラさんがインフルエンザのために来れなくなったらしい。 やっぱり前からみんなの写真撮っておけばよかった。こんなことならせめて先週電車見送ってでも工房に残って話しておけばよかったよ。やっぱり別れってこういうもんなん?ナストロイさんもシュヴァーブさんもシュミットさんも今日は来れない。ゴットシャルクさんは胃の手術のために3週間前から入院中。また次会えるって思うからダメなんよね。今目の前にいる人たちとの時間を大切にしないとダメだよなぁって…痛感。会えなくなってからそれに気付くんよね。あぁーほんとにめっちゃ後悔。

しばらくして先生が電話を持ってきた。子機を差し出して、私に? 出てみたらなんとキスラーさん!今日直接会いたかったけどできなくてごめんねって。マサミの幸運と成功を祈ってる、また水曜日に遊びに来てねって。 わざわざ電話をかけてきてくれたなんて… そんなに私のこと思ってくれてるのがすごく嬉しかった。私の向かいでいつもニコニコ笑ってたキスラーさん。ほんといつも楽しそうな人。 

水曜メンバーのみんなとのお昼ご飯、おしゃべり。2ヶ月ちょっとの短い期間だったけどみんなと過ごせてとても楽しかった。料理もたくさんごちろうになった。それぞれの誕生日を祝って、先月にはシュミットさんの3人目のお孫さんが産まれてまたお祝い。懐かしい。
「Stuttgartに来るときは絶対水曜日にしなさいよ いつでも歓迎だからね!」
もちろん絶対来るからねー!

クリックすると元のサイズで表示します
お花をくれたヴェーバーさん(左)とばりばりシュヴェービッシュを話すファリオン氏(右) 仲良しなのでよく夜ご飯を持参して一緒に食べてる。ワインやシャンパンを毎回持参してるのがさすが(笑) ヴェーバーさんはユーモアたっぷりなおばちゃんで、よく笑わせてくれた。ファリオンさんは今日ついに1年かけて直径30cmのランプを完成させて、とっても嬉しそうだった。

クリックすると元のサイズで表示します
声がとてもかわいいバウアーさん
それでシュヴェービッシュを独特のリズムで話すから聞いてたらなんか癒される

クリックすると元のサイズで表示します
エルケのちょうど娘さんとお孫さんらが遊びに来てたので家族写真☆
ときどきこうやってお孫さんたちを連れてみんな工房にやってくる 

クリックすると元のサイズで表示します
ゾフコおばちゃんと同じザグレブ出身のクロアチア人 ボスマーさん
ゾフコおばちゃんを驚かせるためにクロアチア語の文をいくつか教えてもらった。ボスマーさんも4月に故郷に帰るらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
ヴェーバーさんからもらったお花ラテン語でKalanchoeカラニヒョエという名前らしい。
花には詳しくないけどこれってたぶん日本にはないよね? けどめちゃ残念。植物って国外持ち出し禁止だから日本に持って帰れないの。「えっ?本当に?!」って彼女も残念がってたけど「でもまだ5日あるでしょ!」って(笑) せやね。だから今机の上に飾ってる。そしてゾフコおばちゃんにあげよう。  
左手前のイースターのウサギのプレゼントは今日工房に来てくれたU家の暴れん坊たいち君から。私のこと忘れんといてやーって言ったら「絶対忘れない!」(5歳児の決意)やって^^ ママによるとたいちは私のことが好きらしい。そっかー。よかったこれで私もお嫁さんになれそうやわ(だいぶ姉さん女房やけど 笑) U夫妻は結婚10周年記念にうちの工房のランプをお買い上げになりました。日本円で約12万円のTiffanyランプを。先生がちょっと値引きしてくれた。 Uさん(先生も値引きしてくれて)ありがとうございます。一生の宝物にしてくださいね。
1

2007/3/6

涙がとまらない  工房(Stuttgart)

思い出たくさんありすぎて書けない。
いつも私の左に座ってるライシュさんが別れのあいさつを言いに来たときに私に涙を見せないようにしてたから、その瞬間(ほんとにお別れなんだなぁ)と思って自分も涙があふれてきた。だってまさか工房のみんなが泣くとは思ってなかったから… それからずっと作らないといけない作品に向かっても、はんだ付けしようとしても、もうずっと涙が止まらなくて手もふるえて作業ができなかった。誤算やわ。これでもっと仕事が進まなくなるよ… 
去年の4月から工房に通い始めて一番付き合いの長い火曜日のみんな。 一人ひとりとの思い出が甦ってきてもう…なんやろう…うまく言えない。最初は慣れなかった毎回の握手とハグ、今はこういう挨拶ってすごくいいと思う。みんなの手の柔らかさとか、温もりとか、抱きしめ方の強さとかすごく伝わってくるから。それぞれにたくさんお礼の言葉言いたかったのに、しゃべろうとしても嗚咽しかでなくて何も言えなくてすごく後悔してる。すごく感謝してるのに。もう好きでたまらないのに。


クリックすると元のサイズで表示します
笑顔でいつも優しいアリス
工房から駅までよく一緒に歩いて帰った。冷静で落ち着いていて思いやりもあって、こんなおばあちゃんになれたらいいなぁって思う。作品ができあがるといつも見せにきてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
今は彼のちょっとした皮肉にも慣れた これから懐かしくなるんかな ショルツ氏
ほんとはでも良い人って分かってるねん。私が落ち込んでいたとき励ましてくれた。なかなか褒めてくれない人だから、彼にいつか認められたいって思ったから頑張った。今思うとそういう存在って私には絶対必要やねんな。

クリックすると元のサイズで表示します
最初はちょっと恐いと思ってたけどほんとによくお世話になったソルヴァイクさん
「またマサミは細々したもん作って」と言いつつ色々教えてくれて私のこと助けてくれた。そして私が無理しすぎないようにいつも気遣ってくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
ほんと素敵な名前やんね Vogelsangフォーゲルザングさん
「歌う鳥」という意味。マイペースな性格で、いつも赤い服を着てた。
お孫さんへの誕生日プレゼントとして作ったペンギンとともに

クリックすると元のサイズで表示します
まだ最近知り合ったばかりのクーン氏
めちゃくちゃひょうきんな人で、もっと早く知り合いたかったな。そしたらもっと色々楽しい話できたのに。これからランプを作り始めるって。私が次ドイツに来るのが先か、それともランプが先に完成するか… そんな話をして再会を約束した。

クリックすると元のサイズで表示します
ライシュさんの話し方が好き 
私によく「どの色が合う?」とか「これでいいかしら?」って聞いてきて、ちょっとだけど助けになったかな?そうだといいけど。お昼にいつもコーヒーを作ってくれた。ライシュさんのコーヒーまたいつか飲みたい。

本当は火曜はマルタとバッハマイヤーさんもいる。ブログにも何度か書いたマルタ。手編みの靴下のプレゼントをもらった以来、体調が悪くて工房に来てない。バッハマイヤーさんは私の右に座っている小さなおばあちゃんで、いつも大きな息子さんが迎えに来てた。実は2月頭に彼女の旦那さんが亡くなった。長年連れ添った人が亡くなったときの辛さはどれほどのものだろう。私もみんなもすごくショックで手紙と花を送ったけど…それからずっと来てない。帰国する前にもう1度2人と会いたかったけど叶わなかった。「また来週ね!」と言っていたあの姿が最後になったなんて… 別れってそういうもんなんかな… マルタが早く元気になってルイと共にまた火曜日に来れますように。バッハマイヤーさんの悲しみが少しずつ癒えますように。そしてみんながどうか健康で元気でいてくれますように… 私が次ドイツに来たときに全員と再会できますように… そう願わずにはいられない。 みんな大好きありがとう
1

2007/3/5

帰国まで1週間  分類なし

帰国まであと7日
マーラーさんが撮ってくれた工房月曜メンバーのみんなとの写真、ぶれちゃってるけどいいの。数えるほどしか月曜は来れなかったけど、一緒に作業して話ができて嬉しかった。
今日は泣かなかったけど明日は大丈夫かな… 

夜は独日協会の集まり。ここのみんなとも今日でお別れ。
クリックすると元のサイズで表示します
Stuttgartと村上春樹の本“Naokos Laecheln Nur eine Liebesgeschichte”(邦題:ノルウェイの森 ←タイトル全然違うね)・みんなからメッセージ入りポストカード“Viel Glueck!”・バラ(持って帰れるよう造花の てか持って帰るん大変や笑)
私がドイツ語で『海辺のカフカ』を読んでいると知り、Ottmarがお薦めする同じく村上春樹の作品をプレゼントしてくれた。がんばって読むね。
クリックすると元のサイズで表示します
彼がそのOttmarオットマー 私は彼の愛人(自称)
ハンブルクのフィッシュマルクト・ワイン村・クリスマスマーケット 他にもよくごはんに連れて行ってもらった。色々教えてくれるしとにかく楽しい思い出がいっぱい。 いつもおごってくれてプレゼントもめちゃくちゃたくさんもらったのに、お返しが全然できなかった。ステンドグラス何か作りたかったんやけど…手紙しか渡せなくてほんとに、本当にごめんね。そしてありがとう!奥さんといつまでも仲良く元気でね!

クリックすると元のサイズで表示します
この地方名物のシュペッツェレを注文
ここレストランKettererの従業員とも顔見知りになり時々話すようになった。そして来週帰るということを聞いたのか、なんとみんなが日本語で「サヨナラ」って言いに来てくれた。「うちのシュペッツェレとビールが恋しくなったらいつでもおいで」って。 ほんとStuttgartが恋しくなるよ。 

オットマーを始め独日協会のドイツ人のみんな、最初はおじいちゃんばっかりでびっくりしたけど毎回話ができてとても楽しかった。モーザーさん、会社オリジナルのボールペンくれてありがとう。シュミットさん、アイスとコーヒーおごってくれてありがとう。どうかみんなお元気で。またドイツに来たときには参加するね。 
1

2007/3/3

友達からのプレゼント  なんてことない毎日

Ottmarと日本料理を食べに行ったり、Mさんの紹介でモザイクアーティストのプロデュースするカフェに行き、そのドレッドヘアーでかっこいい彼女と直接話ができたり、偶然友達と街で会ったり、家でも作業をしたり… 帰国までの毎日がとても忙しい。 今日は工房の仕事が終わったあと街で買い物。土曜の午後しか時間がないんよね。日本のみんなにおみやげ買わないと。 ひなまつりの夜は私のお別れ会があった。
クリックすると元のサイズで表示します
こっちで仲良くなった日本人、ドイツ人の友達から色紙とエスプレッソマシーン&専用カップをプレゼントされる。 私はコーヒー(ブラック)好き。もちろんエスプレッソも大好き☆これで一人前のエスプレッソができるんだって。日本でも優雅なひと時が過ごせるわ〜♪ とっても嬉しい 色紙もまさかもらえるなんて思ってなかった。大切なおみやげがいっぱい増えてくる。 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ