2007/2/7

好きやねん プレッツェル  なんてことない毎日

こないだちょっと書いたけど、ドイツにしかない、そしてパン屋の看板としてかならず目印となっているBrezelプレッツェル。

もしパン世界選手権があったら間違いなくドイツ代表はプレッツェル。
もしドイツの小学校で給食があったら出てくるのはプレッツェル。

クリックすると元のサイズで表示します
上の8の字型をしているのがプレッツェル
工房水曜メンバーのシュミットさんがおやつとして持ってきてくれた。

外側は堅いけど中はやわらか
8の字になっている細い部分はカリカリしていて太い部分とまた違った食感
塩を溶かした液(?)を焼きあがったあとにかけるので色が濃くて少しつやのある茶色
塩粒がさらにかけられる

初めて食べたのは確か3年前か旅行で来た時にノイシュバンシュタイン城の売店で。
そのときは塩辛いしぱさぱさしていて飽きてくるし、印象は最悪。
そのためこっちに来てからもずーっと敬遠してたんだけど… 
気付いてしまった本当のおいしさに!!! 1月のいつだったか、工房仲間のドイツ人が「おいしい」とお墨付きのプレッツェルを食べてから…はまってしまった(笑)

私がプレッツェルの正しい食べ方を知らなかったからやね。それは…
1.水平に切ってバターを塗って食べるべし!
2.塩粒は自分で取り除いて塩加減を調整すべし!

そして何よりも大事なことは
プレッツェルのおいしいパン屋を見つけるべし!!!

ドイツ人同僚からそのことを聞いて以来パン屋を巡り歩いたことこの上なし。
食べ比べてわかったけど本当にシンプルなパンなのに奥が深い。
パン屋によって形も堅さもしっとり感も塩の量も少しずつ違う。
十プレッツェル十食(かなり無理がありますが…)

そしてついにたどり着いた答え。
それはいつも買い物に行くスーパーREWEに入っているパン屋TREIBERのが1番おいしい!
ドイツのおいしいフレッシュバターも重要。
大阪(てか日本で)プレッツェル売ってるパン屋あるんかなぁ?
おいしいわ〜 プレッツェル☆
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ