2007/2/5

あの頃  思い出

今朝半年以上ぶりに台湾人のHsueanから電話がかかってきたことと、独日協会のStammtischで10ヶ月ぶりにひろこ先生と偶然再会したこと。 右も左もわからずStuttgartに期待と不安いっぱいで降り立った去年の3月が思い出された。

Hsueanはその当時、Stuttgartで私の唯一の知り合い(知り合いの知り合いの…)で、住宅事情と物件探しのアドバイスをして助けてくれた。ひろこ先生はドイツ人の旦那さんとここで暮らして30年、駐在の奥さんたちにドイツ語を教えている人。3月末に1度会っただけだけど、体調が悪くなったときや困ったとき、救急先として病院や薬を色々電話で教えてもらった。

お世話になった2人と出会ってからもうすぐ1年が経とうとしている。
「ドイツ語上手になったわね!」
と2人から言われて嬉しかった。 最初がひどすぎたんです(笑)
とにかく懐かしくなって、手帳を開いて振り返る。
たくさん撮った写真も見る。 
そしたら、あの時はこんなことやあんなことがあったってありありと思い出せて。
このブログは10月から始めたけど、その前に撮った写真を帰国までに載せようと思う。
(8月の旅行記も現在進行で)
W杯のときの写真めっちゃ撮ったしね。


クリックすると元のサイズで表示します
Stuttgartのメインストリートにいつもいる人 この人はピンク
他にも金色の太陽みたいな人、シルバーの人、木に変装した人いろいろ
初めて見たとき相当凝視してしまった。向こうも相当見つめ返してきた。

クリックすると元のサイズで表示します
最寄り駅Marienplatzマリエン広場の前 
開けていて、放射線状に街が広がっている感じ。天気の良い日は最高に気持ちが良い。
今はゾフコおばちゃんの家からここまで普通に歩く通い道。
だけど最初はなんて素敵な場所なんだろう!って、それが日常になるまで思ってた。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ