2006/12/7

不便すぎる立地  分類なし

その後… 本当に何かあってからではご先祖様に申し訳なさ過ぎるので、深夜2時半にタクシーを呼んで、中央駅まで結局送ってもらった。いくら冒険家の私でも、まだ常識がちゃんとあったわ(笑)  

深夜3時台に唯一走ってるのがフランクフルト行きのICE。当然時間が時間なだけに中央駅のホームはしーん…人もごくわずか。ところでこんな時間でも列車10分遅れで到着。やっぱりDB遅れるやん。Aを選択してて正解やったわ。 5時間かけ、フランクフルトから2回乗り換えてたどり着いた今日の目的地Hadamar。 コブレンツとリンブルクの間に位置するヘッセン州の街。街じゃなくて正しくは“ど”がつく田舎だった。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりにも何もなさすぎて… 野鳥観察&写真におさめる

2校目となる職業訓練学校の見学。ゴメッツ先生からは有名で大きいって聞いてるけど…
クリックすると元のサイズで表示します
初めて本物の轍を確認(笑) もしやあれ? 向こうに見えるのが学校ですか?

電話予約を取って今日見学に集まったのは父兄も合わせてたった7人。隔週木曜ごとに学校説明会を開いているらしいけど前回のボンの近くの学校とは大違い。学校の規模も半分くらいやぞ。ゴメッツ先生から聞いてるのと違うなぁ。学校の先生や事務の人が親切でアットホームな雰囲気なのはここのいいとこ。でも設備や生徒の作品は…うーん。 生徒一人当たりが生産する質・量ともに劣っていると感じた、残念ながら。
2年後ここに私いるやろうか? できれば前見学に行ったほうの学校に行きたいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ただしGlasapparaturに関する技術は素晴らしいの一言。
誰もが昔使ったあの理科の実験器具たち。
フラスコはもちろん管が複雑につながった器具、あれを手作りしてるんです!
目の前で見てほんとに目が点(゜д゜)!! どれも最初は直径2pのガラス管なのに、それを絶妙なガラスの溶解度と箇所を見極めてねじり、少しずつ息を吐いてふくらませていく。自分の感覚だけを頼って製図どおりの実験ガラス器具を作ってんだから! 先週私もちょうどGlasperlen作りをしたからわかる。正確に熱いガラスを形作る難しさって言ったら… もうこれは神業にしか見えなかった。 学校の先生曰く、これを正確にきっちり仕事できる人はめーちゃーくーちゃ稼げるんだと。そうやろうねぇ… 神ワザやもん。

帰り、もうひとつ驚いたことがあった。9時〜14時間は電車が2時間に1本しかない!
ありえへん。なんで1時間半も待たなあかんねん。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ