2009/2/20

ブラッド・ピットの映画・・・  映画

  「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

TVの予告篇などで、どういう映画だろう??と、とても興味がありました!
長女が先に観てて、珍しく感想がはっきりとしないというか・・・
いつもは、はっきりと自分なりの批評をするのですが・・・
余計にどんな映画なのか観てみたくて・・・

昨日、観てきました・・・

観た感想は、娘の態度の意味が分かります・・・

この物語は、小説の映画化だそうですが、長い撮影期間をかけて撮られたそうです・・

主人公は、「ブラッド・ピット」が演じています。
80歳で生まれて来て、年を取るほどに若返っていき、赤ちゃんになって死んでいきます・・・
約3時間の上映でしたが、見入ってしまって、長く感じませんでした・・・

この主人公「ベンジャミン」の人生を淡々と日記を通して、見せてくれます。

本当に淡々とストレートに彼の生涯を見るのですが・・・
後半辺りからは、サリィは涙が止まらなくなってしまいました・・・

決して、彼に感動した!とか、尊敬する!とかそういうのではないのです・・・
彼なりにその時その時を、普通に生きていただけなのですが・・・

観た感想をうまく言葉に表す事が出来ないのです・・・

夜に娘と二人で、この映画の感想を話しあった時も、涙がでてしまって・・・

二人で、「適切な当てはまる言葉が無いねぇ・・・」と、共感!
強いて言えば、何か言葉で表すならば・・・サリィは「切ない」かなぁ・・・??

でも、とても心に残る映画の一つになりそうです・・・
世の中には、想像できない・予想できない事が多々あります・・・

実際にも数奇な人生を歩んでいる方もいらっしゃいます・・・

「人生」を改めて考えさせられた映画かもしれません・・・

相手役の「ケイト・ブランシェット」もとても素敵でした・・・

80年間を通してるので、それぞれの方々の年齢表現も素晴らしく、全く抵抗なく見れました・・・
ブラピの若い時期は、めっちゃハンサムでした〜〜

本当に久しぶりにいい映画でした!
深みのある映画のように思います・・・

映画の最初から最後までとてもまとまっていて、細かな所まで素晴らしかったと思います・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ