2008/11/27

紅葉4000本の香嵐渓  バスツアー

  「香嵐渓の散策」・・・愛知県豊田市足助町

小原の四季桜を見てからバスに乗り込むと、雨が降ってきたのです・・
バスで今日の昼食を・・・
今回は、お弁当が付いていました。が、お腹が空き過ぎてて、すっかり写真を忘れていました・・・

お腹もいっぱいになり、香嵐渓に到着するまで、ウトウトと・・・

バスの中の歓声で目が覚めると・・・香嵐渓の紅葉がチラッと見えているようで・・・
気が付くと、日が差していました〜〜
眠ってる間に、お天気もよくなってました〜〜

今回は、3時間の散策時間があり、とてもゆっくりとできそうです・・・
では、参りましょう・・・

早速、目に飛び込んで来たのは、真赤に紅葉してるモミジです・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの道のりには、「もみじまつり」中なので、出店が並んでて、とても賑わっています。
あっ、見えてきました!!
「待月橋」です。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、見頃とあって人出は多いです・・・

待月橋から左側を見てみますと・・・
クリックすると元のサイズで表示します

右側を見てみますと・・・
クリックすると元のサイズで表示します

もみじのトンネルが近づいてきます・・・
クリックすると元のサイズで表示します

真っ赤のトンネルを通って行きます・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと振り返ってみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
待月橋の赤がアクセントになってます・・・

お猿の演芸が・・・ちょっと覗いていきましょう
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します本当は男の子ですが、女の子を演じてる・・・
って、女形?
役者やねぇ〜〜〜
目の前に籠?おひねりをちょこっと入れときました〜〜(本当は硬貨で・・・)


奥に進むと「三州足助屋敷」がありました。入ってみます。(お1人¥500)
ここは、明治時代の豪農邸宅をモデルに新築されたそうで、当時のせいかつを再現しています。
    <母屋>
クリックすると元のサイズで表示します
中には・・・
クリックすると元のサイズで表示します
暖かい「囲炉裏」があり、ちょっと当たらせていただきました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

実際には、使った事も無いけど、「かい巻き布団」?でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

「機織り」がありました。
実際にここで、実演されてて、この時は糸をよっているところでした・・・

クリックすると元のサイズで表示します
庭には、「かえでちゃん」という牛さんがいました!




クリックすると元のサイズで表示します
土蔵・水車小屋・桶屋・鍛冶屋・紙すき・炭焼き・籠屋・紺屋・木地屋・・・いろいろな作業を実際に見えてもられるのです。
見た事も無いけど、なぜか懐かしい気持ちになるのです・・・

せっかく来たので、「香積寺」にも行ってみる事に・・・
またまた、ここは長い階段であります・・・
クリックすると元のサイズで表示します
やっとみえてきました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

上からの紅葉は、またまたきれいです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
「待月橋」もいい感じに見えてます〜!!

時間はたっぷりあるので、ここらで休憩に・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここは「栗の木茶屋」という趣のあるお店です・・・
紅葉を見ながら、パパは一杯!
クリックすると元のサイズで表示します
「柚子味噌田楽」をいただきます。
サリィは「みたらし団子」も・・
クリックすると元のサイズで表示します

気になる「もみじ饅頭の天ぷら」も買ってもらって・・・
なかなか美味しかったです

ゆっくりともみじのトンネルを楽しみながら帰って行きましょう・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここにはもう来る事はないかもしれないので、この景色は目に焼き付けておきたい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
最後にもう一度振り返ると・・・
これから「ライトアップ」が始まる時間なんだぁ・・・
残念ですが、集合時間なので・・・

3時間は、ゆっくりと散策できました。
長い長い散策にお付き合いありがとうございました!
ライトアップも見たかったのですが、これがバスツアーの辛いところ・・・
雨にも合わずにすみました・・・
またまた、バスに乗り込むと雨が降ってきたのです・・・
走ってる間に、雨は上がりましたが、今回も晴れ女は発揮できたようでした!



0
タグ:  グルメ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ