2007/11/25

談山神社の紅葉  お出かけ

     「談山(たんざん)神社の紅葉」・・・奈良県

クリックすると元のサイズで表示します

ここ談山神社は、紅葉が奇麗で有名だそうで、昨日はお天気も良くドライブがてら行ってみる事に・・・・

ここまで行くのに、なんと・・・
山のふもとから渋滞が始まります・・・
クリックすると元のサイズで表示します道が狭いのもあるのか、途中で何度も上り、下りの車は、入れ替え制で動かしていたようです。
とにかく、止まっては、少し進み・・・の繰り返しでした・・・

5〜10分掛からない所を、1時間以上掛ったと思います・・・

でも、きれいな所をネットなどで見ていたので、ワクワク気分で頑張りました〜

ここ「談山神社」は、簡単にいうと、中大兄皇子中臣鎌足が藤の花の咲くころに、この裏山で極秘会談をしたそうです。
その会談こそが「大化の改新」へとつながっていったそうです。
「大化の改新談合の地」の伝承から「談山神社」の由来があるそうです。

ここには、重要文化財の「十三重塔」があります。
今年の秋に、落慶されました。
数年かけて、葺き替えをされたそうです。
先日、新聞にも載っていました!

クリックすると元のサイズで表示します

これは、鎌足公のご長男が、鎌足公の遺骨の一部をこの多武峰山頂に改装し、十三重塔と、講堂を建立して、妙楽寺と称し、さらに神殿を建てて、鎌足公の御神像を安置して、談山神社が始まったそうです。
真新しい十三重塔は、本当に奇麗でした!!





「御本堂」の方へ行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

中に入れるので、いろいろと拝見してまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
中から外を見てみると、なんて美しい景色が・・・
中の展示物は難しそうなので・・・

クリックすると元のサイズで表示します
またまた、違う方は、ちょっと紅葉はいまいちですが・・・
皆さんお座りになって外をご覧になっていました・・・

クリックすると元のサイズで表示します
廊下に出て、外の景色を、紅葉を楽しみました。
近づくと、あまりきれいに紅葉していないのがよく分かります・・・

クリックすると元のサイズで表示します
あえて、逆光に挑戦です!!
この辺りが一番赤く色づいていたようです・・・

今年の紅葉はあまりきれいでは無かったようです・・・
暑さが厳しかったせいか、葉が焼けてしまって、茶色になってしまっていました・・・

もしもよかったらsatopさんのHPでとても奇麗に見られますので、行ってみてはいかがでしょうか??
私は、ここを見せてもらって行ってみたくなりました・・・

帰る頃にはすっかり日も暮れてしまいました・・・
クリックすると元のサイズで表示します日が沈むと同時くらいに、東の空には、まん丸お月さまが・・・
写真にはウサギは写っていませんが、大きなお月様でしっかりウサギも見えました!


大阪に向かって帰る高速からは、ちょうど昼から夜に変わる空の色の移り変わりの美しい事・・・
「秋は夕暮れ・・・」なんて、本当にその通りでした!
クリックすると元のサイズで表示します
5時半くらいの空ですが、もう真っ暗な空と思っていると、山の辺りはまだ、ぼんやりと夕焼けが残っているのです・・・


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/11/26  23:33

 

談山神社(たんざんじんじゃ)は今、紅葉真っ盛りです! 私は、2年前の11月末に 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ