2009/1/31

007「慰めの報酬」を観て・・・  映画

今年初めての映画は 007「慰めの報酬」 になった。

「007シリーズ」は、ほとんど観てると思います・・・
ショーン・コネリーのボンドから・・・

今回のボンドは、ダニエル・クレイグ前作からの2作目です。

前作は、衝撃的なボンドでした。
これまでのジェームス・ボンドとは、全く違ったキャラクターになっていたからです。
カッコイイのには、変わりないのですが、ムードが違って・・・

映画も今回で22作目だそうですが、回を重ねる事に、アクションがハードになって行くし、話の内容も濃くなるというか、複雑になるというか・・・

年を取って来ると、より単純化してくれるのを、ちょっと希望しちゃいます!

前作もしっかり観たのですが、「凄かった!」の記憶しか無く・・・

今回の作品は、前回のすぐ後から物語が始まるのですが・・・
悲しい事に、昼過ぎの上映を観たので、始まる辺りからウトウトと・・・

今回は、メッチャメチャのアクションシーン満載で・・・
ボンドガールは、オルガ・キュリレンコ(ウクライナ)という方で、めっちゃ美人でカッコ良くて〜〜
エキゾチックな雰囲気があって、魅力たっぷりでしたねぇ・・・

「カッコ良くて、凄かった映画でした!」
今回の率直な感想でした!

次回は、ちょっと昔に帰って、レトロでもいいから粋なボンドに会いたいなぁ・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ