2008/4/29

映画観賞・・・2本分  映画

    「紀元前1万年」

先日26日に封切りになり、その日に観てきました!
マンモスが出てくる予告編を観た時から、楽しみにしていました!
ワクワクしながら映画に臨みました・・・

紀元前1万年の世界を舞台に、連れ去られた愛する女性を取り戻すため旅を続ける若者の姿を描く壮大なアドベンチャー巨編でした!
『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が、マンモスが地上を闊歩(かっぽ)していた時代を映像化して下さった作品でした。
これが、本当にリアルな感じで、観た事はないけれど、きっとマンモスはこんな風だったんだろう!!と、感動しました!

主人公の勇気ある若者デレーは、観てるうちにどんどん強くたくましくなっていくのです・・・めちゃめちゃカッコイイのです・・・

ピラミッドを作ってるシーンやマンモスの大群のシーンなど本当にすごくて、よかったです!!CGとは分かっていても、本当にこんな世界だったろうと思ってしまいます。

古代ロマンスのお好きな方には、お勧めですよ!

    「魔法にかけられて」

こちらは、3月14日(ホワイトディ)に観て来たものですが・・・
アニメーションの世界に暮らすプリンセスが、魔法で現代のニューヨークに追放されてしまうディズニー・ファンタジーの映画でした。
『ターザン』『102』のケヴィン・リマが監督を務め、ディズニーの“お約束”が通じない実写の世界で右往左往するお姫様の冒険を、夢いっぱいに描き出しています。
洋服をカーテンで作ってしまったり、お掃除はニューヨークのネズミやゴキブリまでがやってしまったり・・・。
たくさん、笑えるシーンもありましたよ!

主演は、33歳で“ディズニー・プリンセス”役を射止めたエイミー・アダムスが演じています。とにかくかわいくて、本当にアニメのお姫様そのものでした!
おとぎの国のシーンはアニメニューヨークでのシーンは実写で描くというユニークな設定で、大人も十分楽しめました!
サリィもちょっと胸キュンしちゃいました!

この映画は、公開も残り少ないとは思いますが、ご覧になってみては・・・??


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ