2007/11/3

「正倉院展」・・・奈良国立博物館  お出かけ

    「正倉院展」・・・奈良国立博物館

平日で空いているだろう・・・
なんて甘い考えで、車で出かけました・・・
途中は、渋滞にはまり・・・
やっと到着したのに、駐車場がなかなか空いて無くて・・・
ちょっと離れた所にやっと置いて・・・

でも、とりあえずはお腹も空いたので、昼食に・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと控え目に、豪華なセットはやめました!
二人とも、ちょっとカロリーは考える事態ですので・・・

あっという間に、二人とも完食いたしました!!

さて、やっと正倉院展に向かったのですが・・・
人が並んでいる・・・一列・・二列・・・  

クリックすると元のサイズで表示します

入場制限されていたようです。
中に入っても、人が多くて、ゆっくりとは見れない状態でした・・・
でも、今日もしっかりと「音声ガイダンス」を借りて、勉強していないサリィには、結構助けになってくれます。
なにも無しで、見るというのは、「猫に小判」「豚に真珠」??
音声ガイダンスを聞くと、少しは分かり易いのです!

もちろん中の様子は、撮影禁止なので・・・

画像はありません・・・

少し、思い出して下さいませ〜〜

「正倉院」とは・・??
奈良時代に、国、郡、大寺院などには、「正倉」と呼ばれる倉庫が建てられ、穀物やそれぞれの財物、道具類が納められました。この「正倉」がいくつも集まった場所が「正倉院」だそうです。
「正倉院」と呼んでいる校倉の建物は、東大寺の正倉院に建てられたいくつかの正倉の一つが残ったものだそうです。
宝庫は、奈良時代中期に建立されたことが明らかになっているそうです。
おそらく聖武天皇が亡くなられた天平勝宝8歳(756)には、完成していたらしいです。


「正倉院の宝物」とは・・・??
宝庫には、約9000件の宝物が伝わっているそうです。
宝物の成立は、聖武天皇が亡くなられて四十九日にあたる天平勝宝8歳6月21日に光明皇后が天皇の遺愛品を東大寺大仏に献納したことに始まるそうです。

いろいろな物が展示されていました!
サイの角で、作られた杯や、小刀など・・・
どうやってやって来たのか・・・???

染織品なども興味深く見入ってしまいました!
鮮やかに柄が残っていて・・・驚きました!

文房具なども面白いのがありました!!
今なら、「グットデザイン賞」もあるかも・・??

では、この続きはまた後日に綴ります・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ