2014/8/31

まーくん・偉いね  ジュンス

ARChバナー

あんなさんの更新されたブログ、まーくんの様子にドキドキしてしまいました。

小梅さん、連日の寄り添い、看病お疲れさまです。
無理を承知で夕方遅く、まーくんが病院から帰った頃にお邪魔して会わせて
頂きました。
  
何日も何日も食べられず、下血で眠れずに苦しんでいたそうです。
写真で見せてもらった下血の量の多さ。。。何処からの出血か不明です。

病院での治療が効いたのか、帰宅したまーくんは静かに眠っていました。
このまま落ち着いた夜が過ごせますように。
  クリックすると元のサイズで表示します
       辛いだろうに顔を上げてくれました。
      「抱いてあげて」
       数秒だけど抱かせて下さいました。
でも体温の高さマラセチア独特の匂い(臭いではない)が無くなってた・・・ 
代謝が悪くなってるのかしら。   
  クリックすると元のサイズで表示します

   16〜17歳?なのに、この強い生命力は何なんだろう。
   何度も何度も危機を乗り越えてきました。
   どんな辛くてもトイレへ行こうとするそうですから。 
  クリックすると元のサイズで表示します
カレンちゃんは一緒のベットに入りたくてワンワンしてました。
今はちょっと無理だから我慢して下さいね。
そんな訳でサークルの中ですごしていました。
カレンちゃんもフィラリアと闘い中。とっても元気なんですけどね。

      まーくん早く良くなってね
  クリックすると元のサイズで表示します

私と時々里親会に足を運んでくれた友達のMさん。
あんなさんのブログを読んで気にかけ心配してくれています。

直接の応援は出来なくても、まーくんには心を寄せてくれる方々がたくさんいて
祈っていますよ。
そんな思いが通じるといいですね。
19

2014/8/29

まさおくん。頑張って  ジュンス

あんなさんのブログにまさおくんの状態が。。。
キツく辛い今を闘っています。
「頑張れ」と外野から言うのは身勝手なのかなとも思いますが。
でも。やはり。少しでも元気なまーくんでいて欲しい。
クリックすると元のサイズで表示します
23

2014/8/16

ジジ・トリミング  ジジ

今回は1ヶ月でトリミング。
いつもはもう少し間隔を開けるのに、カレンダーに書いてた日付が間違ってた
ようで
まあ猛暑続きなのでさっぱりして良かったです〜

14日は下田町(千葉市)のお祭りと花火大会が毎年行われます。
子供たちは父親と共に実家へ、仕事だった娘が帰宅してから行ってみました。
我が家から2キロくらいかな?
小さなお寺の境内で盆踊りがあり、ちびっこたちの花火もやってました。

田圃のあぜ道に場所を確保して打ち上げを待ったのですが・・・
敷物が多く敷かれ飲んだり食べたりしてる人も多かったです
心配された雨もOK

30分ほど田舎ののんびりした花火を間近で見物。
去年は江戸川の花火を見たので比べ物にはならないけど、ほんわかしてました。  
  クリックすると元のサイズで表示します

ジジ
   左目の白濁がとっても目立つようになりました。
   外へ出るとドライアイなので目をしょぼしょぼさせます。
   もうすぐ我が家に来て丸3年、足早に年老いて行くのをみると辛くなる時も。
   穏やかで心優しいジジなんですよ〜 
   
  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
13

2014/8/15

終戦の日  その他

8/15が太平洋戦争終戦の日はもとより8/6 8/9すら忘れている
若い世代(一部でしょう?)が多くなっているとか。

私は終戦間近の1943年産まれなので戦争の記憶は当然ながらありません。
茨城県に疎開しており、父が東京で働いてたものの東京へ引っ越す事が出来た
のは1950年だったか・・・かなり復興してましたがまだ占領下でした。

父は北海道出身、母は早くに父母を亡くしてたので貧しい一家は親戚頼りだった
ように覚えています。
母の叔母に都心へ連れて行ってもらった事、デパートの食堂で食べた焼きりんごの
味、多くの米兵が闊歩してた事、マーガリンを塗り砂糖をかけた食パンの珍しさ。

平和条約が締結され占領下で無くなった東京の変化には大きいものがありました。
しかし小学校の給食は一品のおかず、コッペパン、不味い脱脂粉乳。
希望者には肝油が配られたし、若い工員さんには結核患者が多く東芝には専門病院も
ありました。
街中には犬が涎を垂らして歩いてたような記憶も・・・?

後の安保闘争(学生運動)の変遷、オリンピックへ向けての東京大開発。
色々な変化を肌身で感じてきた世代(ギリギリかな)

何か日本中の向かう方向が一つだったかも知れない時代でした。
良かったか悪かったか、焦り過ぎたのか私には分かりません。
東京だけですが歴史の一端は経験し、見て来たとは思っています。

だけど当時が懐かしいなんて思いは全く無いですね。
やはり貧しさが根底にあったし、占領下では近所のお姉さんが被害にあったらしい
なんて何となく聞こえてきましたから。
ジープに轢かれたらお終いだよとは聞かされてました。

あの戦争でどれだけ若い命が無駄に奪われたか、国民が意味もなく焼夷弾を浴びて
殺されたか。
戦うだけの経済力のない日本を誰が間違った方向へ進ませた?声を上げられなかった
国民の未熟さ?戦時中は監視社会でしたから、始まったら止める力は働きません。

自分自身への自戒も含めて歴史を学ぶ大切さをこの時期になるとつらつら思って
しまいます。
平和ではあるけど、どこかで履き違えると危うい感じもしてしまうんです。。。


8

2014/8/9

くーくん・さっぱりしました  ジュンス

くーくん里親のO様から写真と近況が届きました

あまりに暑そうだったのでぎりぎりまで毛を刈ってもらいましたところ、やんちゃ
坊主っぽく(?)なりました。
そしてるると双子みたいに・・・!
先日、お盆に先駆け一緒に帰省したのですが、行く先々で「姉弟ですか?」と
聞かれました。


相変わらずるるお姉さんと運動会をしているそうで体重が3キロを切ったとのこと。
我が家で少し太らせてしまい申し訳なかったので・・・
  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
2人は前から赤い糸で繋がってたとしか思えないほど仲良しさんです。
O様のお家で可愛がられて幸せを掴んだくーくん。
水頭症が暴れ出しませんようにと心から祈っています。
ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

そんな幸せの陰で悪性リンパ腫で闘病を続けてきた潤さんが亡くなりました。
もう頑張らなくていいんだなと思うと切なくなります。
     6/15の里親会。じっと見上げたり
  クリックすると元のサイズで表示します
      お膝の上で爆睡したり可愛かった潤さんです
  クリックすると元のサイズで表示します
17



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ