2011/5/30

ジジその後  

約1ヶ月ぶりかな?ジジを病院へ連れて行きました。
ここ1月ほど食欲が増し(但し朝はほとんと食べない)発作を起こす事は
あっても見た目には元気なんです。
200gの体重増ですが体がパンとして張りが出てきました。
血圧も前回と変わりなく内臓の浮腫もなく、全身で心臓を動かすことにも体
が慣れて来てるようだと言われました。
ただ口腔内の色が悪く血液検査をしましたが数値は許容範囲。

「歩かせないで下さいね」「はい」と答えつつ
カートに乗せての公園行きはジジの唯一の楽しみなんで続けています。
医者の立場からは当然の指示ですが、そのために寿命が縮まったとしても
足腰の丈夫なジジを家に閉じ込めておくのは・・・
これから何年も生き延びる事はまず無理だと思いますから。
朝起きたらササミなどのおやつと共に薬を食べさせ、玄関先でトイレを済ま
せるのが日常です(薬は朝夕4錠づつ)
後は場所を変えつつ寝て過ごし3時近くなると元気もりもり?
夕方の薬の後、小粒のカリカリフードや療養食、牛肉の缶詰などなど。
人間よりかなり贅沢です。。。そのうえ薬代も高価です(^^;;

症状の変化が激しい時は精神的にも参ってましたが、つきあい方にも次第に
慣れ今は介護犬相手も少しは楽しめる日々になりました。
但し問題は夏の暑さ、老犬には厳しく命取りにもなりかねない。
私は何とか工夫して節電を心がけられますが、ジジのための冷房は欠かせな
いし困ったものです。

初夏が来てにゃんこたち、チャベ19歳、ナナ10歳となりました。

      (畑の近くを流れる水路脇に黄しょうぶが咲きました)    
    クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ