2011/1/21

薬の副作用かな  

昨日よりも今日、一日づつ元気になり療養食の缶詰(156g)を2回に分け
て食べてくれました。て言うか、フードに関してはこれしか食べない。
この缶詰はヒルズの特別療養食で犬猫用、病院では一缶390円ですから高い。
楽天でジジのためにいつも購入してるショップだと少し安いんですが送料を入れ
ると病院とそんなに変わりません。でも高いとか言ってられない。
昨夜注文したところ本日発送とのこと。明日には届くかな?
買い置いたレトルトなどを口にしてくれれば有難いけど、取り敢えずヒルズの
缶詰を食べてくれてほっとしています。
薬の副作用による食欲不振の可能性が大かも、あらかじめ言ってくれたらとは
思いますが個体差ってこともあるだろうし。
ただ食欲が戻り次第、心拍数を下げる薬を量を減らしてあげなければダメで、
頃合いが難しそうです。

普段はジジの餌に関心を示さない猫が臭いにつられて様子を伺いにきます。
残した餌にラップをして出掛け戻ったら、ラップをきれいに剥がし舐めとられて
いました。もちろん猫の仕業。
その逆でジジが猫のドライフードには食欲がわくのか食べちゃいました。
以前なら猫の餌は食べさせませんが今回は少しならいいかなと・・・
2種類のドライのうち麻布大獣医学部と共同開発といううたい文句のついた老齢
猫用のサクサク小粒のメディファスというもの。
同じような犬用のドライフードがあればいいんですが・・・探してみよう。

大好きなクリスマスローズに赤い蕾が覗き始めました。
こんなに寒くても開花準備をし始めた花って凄いものですね。
頼んでいた2株が今日届き少し大きめの鉢に植え替えました。
もう少し育ってから地植えにするつもりです。

      (花開くのは来月?去年のクリスマスローズ)    
    クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/19

ジジ・食欲なくて・・・  

昨日は午前中に介護食缶詰(ペースト)を1/3ほど食べたものの、夕方に食
べたおやつを全て吐いてしまい、その後は水もほとんど飲まない。
今日は寝てるばかりで午後になっても全く食べず、丸一日食べてない事になり
いささか心配になりました。
3時過ぎにタクシーで病院へ、もう少し軽ければバスで行けるのに7キロの犬を
ケースに入れて運ぶのは無理です。
血液検査、エコー、脱水症状が出てるので輸液などなど、薬が飲めず血圧が上昇
してましたが腎臓なども検査の範囲ではOK。
増やした薬による食欲不振かも知れないのでその薬は数日中止。
それでも食欲が出ない時は?更に詳しい画像診断が必要になるようで・・・
心臓の薬は飲ませないと更に血圧の上昇に繋がりそうで・・・困ったものです。
病院で臭いの強いペースト状の缶詰を食べさせたところ少しですが食べましたが。

正直なところこの数日で疲れてしまって、可哀そうなのはジジなんですが私もス
トレスが溜まってきそうです。
「最後まできちんと面倒をみる」当然の事だけど大変さも痛感する日々です。
不整脈で倒れた時の対処には慣れたのですが食べないのには参ります。
原因がはっきりしないし。。。

年末から周りで2頭のワンちゃんが亡くなりました。
京都へ紅葉を見に行った友達のワンちゃん(14歳の秋田犬)が亡くなりました。
大型犬の14歳ですから大往生と言えなくもありません。
介護の日々が長くても、犬生を全うしたと言っても失う淋しさに思い巡らせると
辛いだろうなと思います。冥福を祈るしかありません。
ジジで大変なんて言ってたらバチが当たりそうです。

犬を飼ってない人から見たら馬鹿げてると思うかも知れない・・・でも家族の一員
になってしまうんですよね。
だから感情が入り込んでしまう部分があってね。。。

    
0

2011/1/13

血液検査  

12月にする血液検査予定がノロウィルスで年明けになりました。
前日で薬が切れ初日の4日に通院したら待合室はガラガラ。でもしっかり朝食を
食べてしまったので・・・聞いてみたら大丈夫との事で血液検査。

風邪で咳が酷くなり昨日掛かりつけの医院へ、検査結果表も聞いてきました。
数値だけでヤキモキする事もないんでしょうが、今回初めてクレアチニンの数値
が基準範囲を超えてました。今までも範囲内ギリギリだったんですが。
尿素窒素はOKでした。
腎機能低下なのかどうか?様子をみてまた検査したらどうかと言われました。
中性脂肪が高めなのにお正月で色々食べたり飲んだり、しかも食後の検査なので
かなりオーバー。。。善玉、悪玉ともコレステロール値はクリアでした。
食事に気をつけないといけませんね。

ジジの診察を受けたところ左心房は更に肥大して血圧も高くなってる。
上がってる心拍数を抑える薬が増えたりで私より多くの薬が処方されています。
心臓の状態を見ながら薬を増やしたり減らしたり。
「今の心臓でどの程度まで持つのでしょうか?」はっきりと答えられる質問では
ないんですが・・・ジジのような年齢と心臓で何年も過ごした犬もいたようで。
肺水腫さえ起こさなければ・これが前提でしょう。
ある程度のリスクが伴ってもいいので公園には連れて行ってます。
医者サイドからすれば「安静」なんでしょうが、嬉々として公園で歩く姿を見る
と天秤の掛け違いであってもいいなと考えています。
   
    クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ